英最高峰ブリット・アワード2012、アデルが最優秀アルバム賞含む最多2冠


150 150 VOICE Editor

ブリット・アワード2012英公式サイト

英国時間2月21日、ロンドンのO2アリーナ(The O2 Arena)で開催されたイギリス最高峰の音楽祭「ブリット・アワード2012」(The BRIT Awards 2012)で、先日「第54回グラミー賞授賞式」主要3部門独占・最多6冠を達成したばかりの英国歌姫アデル(Adele)が、最高栄誉にあたる「年間最優秀アルバム賞」(『21』)を受賞した他、「最優秀女性ソロアーティスト賞」を受賞し、「最優秀男性ソロアーティスト賞」と「ブレイクスルー・アクト賞」を受賞したエド・シーラン(Ed Sheeran)と並び最多2冠を達成、グラミー賞に続いて、ブリット賞でも最も輝くアーティストとなりました。

写真

(記事)”Brits double winner Adele makes a very rude gesture after show host James Corden interrupts her final winner’s speech” on DailyMail.co.uk

しかし英国最高峰の授賞式で輝いたのは、どうやら受賞や左手薬指にはめられた大きな指輪だけではなかったようです。

(記事)”‘I’m flying the British flag for all of you’: Adele and Ed Sheeran dominate at the BRITs as female and male artists of the year” on DailyMail.co.uk

アメリカ、そしてイギリス最高峰の音楽祭最高栄誉賞ダブル受賞した23歳の歌姫は、その最高栄誉賞の受賞スピーチで「本当に、本当に、みんなありがとう。6つのグラミー賞を頂いて故郷に戻り、そしてこのような最優秀アルバム賞を頂けたことは、この上ない喜びです。」「みんなのために英国の国旗を掲げることができて本当に本当に光栄だわ」とその喜びと興奮、感動を言葉に、そしてその深い感謝の気持ちを会場にあふれる観客とイギリス中の人々におくります。

Thank you so much, thank you, thank you very, very much.
Nothing beats coming home with six Grammys and then coming to the Brits and winning album of the year.
I’m so proud to be flying the British flag for all of you.

と、突然、スピーチを遮るように司会の英俳優ジェームズ・コーデン(James Corden)がステージに現れ、「本当に本当にごめんよ、信じられないことだけど、でももう次に移らないといけないだ」と時間がおしていることを告げ、英ロックバンドブラー(Blur)の次のパフォーマンスに移ろうとすると、アデルは「え、(スピーチを)カットするつもりなの?それじゃあまたね、くらいも言わせてもらえないの!?」と驚きをあらわに。

そして620万人ものイギリス中の人々が生中継のテレビでその授賞式を見守る中、イギリス最高峰の音楽祭で最高栄誉の受賞スピーチで、まさかの中指がシャキーン。(あろうことか)スポットライトに照らされ輝く中指がイギリス全土で放送される事態に。

DailyMail.co.uk

今月スーパーボウル2012のハーフタイムショーでみせたハイジ号泣レベルのM.I.A.の中指シャキーンが蘇る中、すぐに映像は切り替えられたものの、その後各メディアで熱く報道され、人々の記憶に残るブリット・アワード2012のハイライトに中指シャキーンが加わってしまう結果に。

(記事)『スーパーボウル2012ハーフタイムショー、マドンナが豪華絢爛なショーで全米を魅了(動画)

しかしM.I.A.の場合とは異なり、これはやむを得ない「シャキーン」感もなくもないようです。

昨年11月に度重なる声帯の出血により手術を受けたアデル、あの頃のように歌えなくなるかもしれない不安の中、それでも応援し続けてきてくれたファンに伝えたかった感謝の気持ち、それは番組の進行上の都合で強制的に遮られることに。

ブリット・アワードサイドは声明で「私たちはこの出来事に後悔しており、アデルに大変深くお詫び申し上げます。ライブ放送で予定の時間より大幅に押しており、彼女の非常に貴重な瞬間がカットされましたこと、深くお詫び申し上げます。」との謝罪のコメントを発表。

また同授賞式を放送した英ITV局も、「ブリット・アワードは生放送番組です。残念ながら時間が押しており、次に進まざるを得ませんでした。受賞スピーチが中断されましたこと、アデルに深くお詫び申し上げます」と(逆に)ロンドン生まれの歌姫へ謝罪のコメントを表明。

アデルのスピーチを遮らざるを得なかった司会のジェームズ・コーデンは「私は人生で最もその夜を楽しんでおりましたが、彼女のスピーチをカットするよう指示を受けました」「彼女は世界で最も活躍するスターで彼女のことを心から愛しています。何が起こっているか私にはわからず、大変動揺致しました」とITV2チャンネルのインタビューで当時の状況を説明。

(記事)”Adele Gives Finger, Receives Apology at BRIT Awards” on Billbaord

今回の事件について、アデルは「私は中指を立ててしまいましたが、それはブリット・アワードの進行に携わる人に向けられたもので、ファンへ宛てたものでは決してないわ。もし気分を害されてしまったらごめんなさい。私は支えてくださったイギリスのみんなに感謝の気持ちを伝えたかったの。私を支えてくださった皆さん、本当に本当に心から感謝しています。本当にどうもありがとう」と述べ、ステージで伝えたかったファンらへの感謝の言葉を授賞式の後リポーターを通して伝えました。

I flung the middle finger. That was for the suits at the Brit Awards, not my fans. I’m sorry if I offended anyone but the suits offended me. I was about to thank the British public for all their support but they cut me off. So thank you very much for all your support. It’s amazing, so thank you very much.

(記事)”When Adele Flips The Bird, People Apologize to Her” on PopDust

その他の注目の主な受賞結果
BRIT Awards 2012

この日授賞式では、アデルと共に英国の新鋭エド・シーラン(Ed Sheeran)が「最優秀男性ソロアーティスト賞」「ブレイクスルー・アクト賞」の受賞を果たし、2冠を達成。

One Direction英公式サイト

注目の「最優秀楽曲賞」は、昨年9月にイギリスでデビューした『The X Factor』のシーズン7(2010年)ファイナリス(第3位)の英5人組のボーイズ・バンド、ワン・ディレクション(One Direction)のデビュー・シングル曲「What Makes You Beautiful」に。

イギリス及びヨーロッパ各国、オーストラリア、ニュージーランドで絶大な人気を集めるワン・ディレクションは今月全米で「What Makes You Beautiful」をリリースし、リリース第一週で怒涛の132,000配信数を記録し、米ビルボード・デジタル・ソングチャートで第12位を記録、イギリスのアーティストとしては、1998年以来、およそ14年ぶりの大記録を達成し、ジェット気流に乗って全米でもヨーロッパ旋風が吹き荒れているようです。

(関連記事)『ヨーロッパで大旋風英ボーイズ・バンドOne Direction、3月に全米デビューアルバムをリリース

イギリス国外のアーティストも対象となる「最優秀インターナショナル男性ソロアーティスト賞」では、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)が、「最優秀インターナショナル女性ソロアーティスト賞」ではリアーナ(Rihanna)が受賞。

ラナ・デル・レイ(Lana Del Rey)英公式サイト

そして今年最も世界で注目を浴びているイギリスの新星歌姫ラナ・デル・レイ(Lana Del Rey)がニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、フォスター・ザ・ピープル(Foster The People)、そして今年グラミー賞最優秀新人賞を受賞したボン・イヴェール(Bon Iver)ら強豪を抑えて、「インターナショナル・ブレイクスルー・アクト賞」を受賞しました。

(記事)”BRIT Awards 2012: Adele, Ed Sheeran, Coldplay Win Big” on Billboard

注目のパフォーマンス
BRIT Awards 2012 Performances

またブリット・アワードでは、アデルがグラミー賞に続いて本国イギリスでは術後初めてとなるライブ・パフォーマンスを披露、メガヒット・シグネチャー・ソング「Rolling in the Deep」で声帯の手術を感じさせない見事な力強い歌声で観客を沸かせました。

その他、「最優秀グループ賞」を獲得したコールドプレイ (Coldplay)が「Charlie Brown」、フローレンス・アンド・ザ・マシーン(Florence + The Machine )が「No Light, No Light」、オリー・マース(Olly Murs) ft.リズル・キックス(Rizzle Kicks)が「Heart Skips a Beat」、エド・シーランが「Lego House」、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ(Noel Gallagher’s High Flying Birds)とクリス・マーティン(Chris Martin)が「Aka… What a Life!」を、ブルーノ・マーズが「Just the Way You Are」、リアーナが「We Found Love」を、そしてブラー が「Girls & Boys」「Song 2」「Parklife」「Tender」「This Is a Low」メロデーで会場を盛り上げました。

以下、それらのパフォーマンス動画及び受賞フルリストになります。

コールドプレイ「Charlie Brown」
Coldplay “Charlie Brown”
フローレンス・アンド・ザ・マシーン「No Light, No Light」
Florence + The Machine “No Light, No Light”
オリー・マース ft.リズル・キックス「Heart Skips a Beat」
Olly Murs and Rizzle Kicks “Heart Skips a Beat”
エド・シーラン「Lego House」
Ed Sheeran “Lego House”
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、クリス・マーティン「Aka… What a Life!」
Noel Gallagher’s High Flying Birds and Chris Martin “Aka… What a Life!”
アデル「Rolling In the Deep」
Adele “Rolling In the Deep”
ブルーノ・マーズ「Just the Way You Are」
Bruno Mars “Just the Way You Are”
リアーナ「We Found Love」
Rihanna “We Found Love”
ブラー 「Girls & Boys」「Song 2」「Parklife」「Tender」「This Is a Low」
Blur “Girls & Boys” / “Song 2” / “Parklife” / “Tender” / “This Is a Low”
ブリット・アワード2012・フル受賞者リスト
Complete list of 2012 BRIT Awards Winners:
British Male Solo Artist

Ed Sheeran — WINNER
James Blake
James Morrison
Noel Gallagher’s High Flying Birds
Professor Green

British Female Solo Artist

Adele — WINNER
Florence + the Machine
Jessie J
Kate Bush
Laura Marling

British Breakthrough Act

Anna Calvi
Ed Sheeran — WINNER
Emeli Sandé
Jessie J
The Vaccines

British Group

Arctic Monkeys
Chase & Status
Coldplay — WINNER
Elbow
Kasabian

British Single

Adele – ‘Someone Like You’
Ed Sheeran – ‘The A Team’
Example – ‘Changed The Way You Kissed Me’
Jessie J feat. B.o.B – ‘Price Tag’
JLS feat. Dev – ‘She Makes Me Wanna’
Military Wives & Gareth Malone – ‘Wherever You Are’
Olly Murs feat. Rizzle Kicks – ‘Heart Skips A Beat’
One Direction – ‘What Makes You Beautiful’ — WINNER
Pixie Lott – ‘All About Tonight’
The Wanted – ‘Glad You Came’

Mastercard British Album of the Year

Adele – ’21′ — WINNER
Coldplay – ‘Mylo Xyloto’
Ed Sheeran – ‘+’
Florence & The Machine – ‘Ceremonials’
PJ Harvey – ‘Let England Shake’

International Male Solo Artist

Aloe Blacc
Bon Iver
Bruno Mars — WINNER
David Guetta
Ryan Adams

International Female Solo Artist

Beyoncé
Bjork
Feist
Lady Gaga
Rihanna — WINNER

International Group

Fleet Foxes
Foo Fighters — WINNER
Jay-Z & Kanye West
Lady Antebellum
Maroon 5

International Breakthrough Act

Aloe Blacc
Bon Iver
Foster The People
Lana Del Rey — WINNER
Nicki Minaj

British Producer

Paul Epworth
Flood
Ethan Johns — WINNER

Critics’ Choice

1st: Emeli Sande — WINNER
2nd: Maverick Sabre
3rd: Michael Kiwanuka

Outstanding Contribution to Music Award

Winner: Blur

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー