ルーク・コムズ『What You See Is What You Get』全米ビルボード首位 カントリー史上最多週間ストリーミング


2400 1369 VOICE Editor

降れば土砂降り、グラミー賞2019で「最優秀新人賞」にノミネート、先週13日開催の第53回CMAアワードでは最多タイ2冠を果たし”Beautiful Crazy”な快進撃を続けるカントリー・スター29歳、ルーク・コムズ(Luke Combs)。そのセカンド・アルバム『What You See Is What You Get』が今日発表の全米ビルボード総合アルバムチャート「Billboard 200」で初登場第1位を記録、自身初の「Billboard 200」首位に輝いた(Billboard、※2019年11月23日付)。

カントリー・アルバムが「Billboard 200」首位を獲得するのは、トーマス・レット(Thomas Rhett)の『Center Point Road』(※2019年6月15日付)に続いて今年2枚目。今月8日にリリースされた『What You See Is What You Get』は、ニールセン・ミュージックによると集計締め切り11月14日まで172,000アルバム・ユニットを記録。Billboardによると、カントリー・アルバムの週間記録としては、266,000ユニットで全米初登場首位となったキャリー・アンダーウッド(Carrie Underwood)の『Cry Pretty』(記事、※2018年9月29日付)以来、およそ1年ぶりの最高記録となった。

『What You See Is What You Get』172,000ユニットの内訳では、アルバム・セールスが109,000枚、トラック換算(TEA)は6,000。またそのオーディオ・ストリーミングは、米国内週間7400万回を記録しストリーミング換算(SEA)は58,000となり、カントリー・アルバムの週間ストリーミング記録としては、史上最多記録となった。

全17曲収録となっている『What You See Is What You Get』のリード・シングル「Beer Never Broke My Heart」は「Hot 100」最高第21位、セカンド・シングル「Even Though I’m Leaving」は今週「Hot 100」第11位へ急上昇。家族、信仰、ストーリーテリングといったカントリーの真髄を凝縮、父と子の関係を描くバラード「Even Though I’m Leaving」は、ベッド下のモンスターを怖がる幼少期から大人になり別れの最期まで、同じコーラスの歌詞で綴り、全米に感動を呼んでいる。

(コーラス)「私が去るからといって/お前のそばにいないわけじゃない/私を必要な時/そして真夜中に会えない時は/目を閉じて祈るだけでいい/大丈夫、一人で怖いのはわかってる/でも私がいつもそばにいる/私が去っても、どこかに行ってしまうわけじゃない」

第53回CMAアワード(53rd Annual Country Music Association Awards)でコムズは「Beautiful Crazy」で「年間ソング賞」を受賞し、ブレイク・シェルトン(Blake Shelton)の「God’s Country」、ケイシー・マスグレイヴス(Kacey Musgraves)の「Rainbow」など全米ヒット曲を抑えた。「Beautiful Crazy」は「Billboard 200」最高第4位の前作『This One’s for You』に収録。また同アワードでコムズはクリス・ステープルトン(Chris Stapleton)、キース・アーバン(Keith Urban)を抑えて、「年間最優秀男性ヴォーカリスト賞」を受賞。勢いを加速させ、グラミー賞2020ノミネーションにも注目が集まる。なお今週の「Billboard 200」トップ10は以下の通り。通算5週の全米首位となっていたポスト・マローン(Post Malone)の『Hollywood’s Bleeding』が第2位となった。

今週の「Billboard 200」トップ10
第1位 ルーク・コムズ/Luke Combs『What You See Is What You Get』〈初〉
第2位 ポスト・マローン/Post Malone『Hollywood’s Bleeding』
第3位 YoungBoy Never Broke Again『AI YoungBoy 2』
第4位 サマー・ウォーカー/Summer Walker『Over It』
第5位 テイラー・スウィフト/Taylor Swift『Lover』
第6位 カニエ・ウェスト/Kanye West『Jesus Is King』
第7位 DaBaby『Kirk』
第8位 ビリー・アイリッシュ/Billie Eilish『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』
第9位 ヤング・サグ/Young Thug『So Much Fun』
第10位 Rod Wave『Ghetto Gospel』
※2019年11月23日付

今週の「Hot 100」トップ10
第1位 ルイス・キャパルディ/Lewis Capaldi「Someone You Loved」
第2位 ポスト・マローン/Post Malone「Circles」
第3位 ショーン・メンデス/Shawn Mendes & カミラ・カベロ/Camila Cabello「Señorita」
第4位 リゾ/Lizzo「Good as Hell」
第5位 マルーン5/Maroon 5「Memories」
第6位 リゾ/Lizzo「Truth Hurts」
第7位 クリス・ブラウン/Chris Brown「No Guidance」ft. ドレイク/Drake
第8位 セレーナ・ゴメス/Selena Gomez「Lose You To Love Me」
第9位 リル・ナズ・X/Lil Nas X「Panini」
第10位 ダン+シェイ/Dan + Shay, ジャスティン・ビーバー/Justin Bieber「10,000 Hours」
※2019年11月23日付、記事

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー