バスティル、少女とドラゴンの絆に「Can’t Fight This Feeling」- John LewisクリスマスCM


2400 1350 VOICE Editor

ハートウォーミングな物語と珠玉の音楽で毎年クリスマスの訪れを告げるジョン・ルイス(John Lewis & Partners)のCM。今年も大きな期待が寄せられる映像が現地時間11月14日に初公開された。今年は少女とベイビー・ドラゴンの友情と絆を描いた物語。注目の音楽には、バスティル(Bastille)のフロントマン、ダン・スミス(Dan Smith)がREOスピードワゴン(REO Speedwagon)のクラシカルなバラード「Can’t Fight This Feeling」(’85)をカバー(ダウンロード版)。可笑しくほっこりとする物語に感動を添える。

舞台は雪が舞う中世ヨーロッパ風の小さな村。エヴァ(Ava)の友だち、幼いドラゴンのエドガー(Excitable Edgar)はまだ力をコントロールできずにいた。興奮するとうっかり火を吐いてしまい、子供たちの雪だるまやスケートリンクを破壊。せっかくの楽しみを台無しにしてしまう。村中総出で準備したクリスマスのデコレーション。いよいよ巨大クリスマスツリーのお披露目に、エドガーも「大丈夫だよ」と口を縛ってばっちりだったのだが───。

穴は鼻だけではなかった。気持ちを抑えきれずクリスマスツリーを全焼させてしまったエドガー。それをきっかけに家にこもりエヴァが呼んでも全く出てきてくれない。困り果てたエヴァはあるパーフェクトなクリスマス・プレゼントを思いつくのだった。

今年はジョン・ルイスの子会社で、英国王室御用達の高級スーパーマーケットWaitrose & Partners(ウェイトローズ)とのクリスマスCM初の合作。クリスマスプディングをエドガーが炙ってライトアップするというウェイトローズらしいユーモアのある作品になっている。イギリスの伝統的なクリスマスケーキであるクリスマスプディングは、実際に食べる前にブランデーをかけ、火を付けるという。エドガーにまさにぴったりだ。

赤毛の少女を演じたのはスコットランド西部グラスゴーの10歳ルビー・デイリー(Ruby Dailly)。彼女のデビュー作で、数千人の中から選ばれたという。「すごく楽しかった!」(Daily Express)と語る撮影は、今年8月ブダペストで行われ、100人近くのエキストラが参加したという。今年のタグラインは「Show them how much you care」(どれほど大切に思っているか見せよう)。欠点をそのままプラスに、パーフェクトなプレゼントに込められた一人の少女の友情が、塞ぎ込んでしまったエドガーを救う。

ダン・スミスはステートメントで「ジョン・ルイスのクリスマスCMに誘われ、大変素晴らしく思っています。これまでバンドとして私たちは、クラシカルな曲にひねりを加えることをすごく楽しんできました。80年代のクラシカルな曲をオーケストラ・バージョンで歌うことは、とても最高な気持ちです。私たちもクリスマスにエドガーを手に入れることができたらと願っています」。

「Can’t Fight This Feeling」は1985年3月、3週連続で全米ビルボード「Hot 100」首位に輝き、イギリスでは全英チャート第16位を記録。”冷たく暗い冬の夜を照らす窓のキャンドル”のような存在へ、友情から芽生える抑えきれない気持ちを歌う。今回のサウンドトラックは、マーラ・カーライル(Mara Carlyle)とヒュー・ブラント(Hugh Brunt)がプロデュース&アレンジ、ブラントが指揮するロンドン・コンテンポラリー・オーケストラ(London Contemporary Orchestra)が演奏する。

“candle in the window”といえば、昨年のジョン・ルイスのクリスマスCMは、エルトン・ジョン(Sir Elton John)が「Your Song」(’70)を披露(記事)。2012年はガブリエル・アプリン(Gabrielle Aplin)がフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド(Frankie Goes To Hollywood)の「The Power Of Love」(’84)、2013年にはリリー・アレン(Lily Allen)がキーン(Keane)の「Somewhere Only We Know」(2004)、2015年にはオーロラ(Aurora)がオアシス(Oasis)の「Half The World Away」(’94)をカバー。ジョン・ルイスのクリスマスCMはその音楽でも大きな注目を集めてきた。エドガーのCMは劇場他、明日(現地時間11月16日)のITV『The X Factor: Celebrity』よりTVで放送開始。「Can’t Fight This Feeling」のカバーは来週リリースされる。

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー