ルーシー・トーマス、ミュージカル『Rosie』サントラ発表&新曲「We Can Change The World」公開


2560 1440 VOICE Editor

2019年2月に当時14歳でリリースしたデビュー・アルバム『Premiere』〈初演〉の「One Day」からおよそ5年。これまで5作のアルバムをリリース、魂に触れる天使の歌声で世界の人々を魅了している英国の若き歌姫ルーシー・トーマス(Lucy Thomas)が、ミュージカル『Rosie』〈ロージー〉のサウンドトラック『Rosie The Musical – Original Studio Cast Recording』を2024年3月1日にリリースすると発表した。

ルーシー・トーマス主演、2024年秋の初演を予定しているミュージカル『Rosie』は、19世紀末葉から20世紀初頭にかけてウエストエンドのスターとして活躍した舞台女優ロージー・ブート(Rosie Boote)の感動的な実話に基づいた新たな歴史ドラマ。アワード受賞の英作曲作詞家/音楽プロデューサーのクリス・ブルーム(Chris Broom)が音楽と歌詞を担当、シャルロット・チャーチ(Charlotte Church)の「Dream a Dream」などで知られる英作詞家/作家のサム・バベニア(Sam Babenia)が脚本を担当し、ビクトリア朝ロンドンのウエストエンド劇場のスターになるという夢を叶えるために、数多くの逆境を乗り越えたロージー・ブートの物語を描く。

7歳のときに父親を亡くした貧しいイギリス人の少女ロージー・ブートは遠く離れたアイルランドの修道院で育ち、その後夢を追うためにロンドンへ渡った。ロージーと騎兵士官─── アイルランドの若き貴族ジェフェリー・テイラー/Geoffrey Taylour、第4代ヘッドフォート侯爵 ───の婚約は権力層からの絶対的な怒りとスキャンダルを巻き起こしたが、偏見を乗り越え夢を決して諦めなかったロージーの不屈の精神は、現代においても共感を呼ぶ高揚感と感動を与える物語となっている。

願いと夢、愛と忍耐、苦難と絶望、そして再生と希望の未来へ。時代を超えて響く物語とミュージカル・ナンバーの数々が、壮大な旅へといざなうスタジオ・キャストによるアルバム『Rosie The Musical – Original Studio Cast Recording』には、ミュージカルのスコアの中核となり数々の賞を受賞したバラードをはじめ、ショーから厳選されハイライトとなる珠玉のミュージカル・ナンバー全12曲を収録。 そのクロージング・トラックとなる新曲「We Can Change The World」が、今回の発表に併せてミュージック・ビデオと共に公開された。

ルーシー・トーマスの音楽の数々を手がけてきたクリス・ブルームが作詞作曲を担当、温かみと深みのある美しき魂の歌声で歌う『Rosie』の力強い希望のメッセージが、この時代に静かに共鳴し始める。ルーシー・トーマスの穏やかなソロから、荘厳なカントス室内合唱団(Kantos Chamber Choir)のコーラスが終盤に加わり、”始まり”へと向かう。

We Can Change The World

(バース1)
My heart is filled with joy
私の心は歓びに満ちて
I sense a new beginning
新たな始まりを感じる
A chance to build a brighter future
明るい未来を築くチャンス
To move beyond all that we once were
かつての私たちの全てを乗り越えて

The road ahead is long
前途は長く
And many stand against us
私たちに立ちはだかる多難
But with the strength to find a new way
でも新たな道を見つけるその強さと共に
Then step by step and day by day…
一歩一歩、そして一日一日…

(コーラス)
I believe we can change the world
信じている、私たちは世界を変えられると
Leave all our doubts and fears behind us
疑いと怖れを全て捨て去って、
And be who we were born to be
そして本来の私たちになろう
The dreams we dare to dream will guide us
恐れずに夢見る夢が、私たちを導くでしょう

(バース2)
Perhaps it sounds naïve
ナイーブに聞こえるかもしれない
Perhaps I’m just a dreamer
夢想家に過ぎないのかもしれない
But there is light beyond the darkness
でも暗闇の先には、光がある
We now have hope and that is why
今私たちには希望がある、だからこそ

(コーラス)
I believe we can change the world
私たちは世界を変えられると信じている
Break down the walls that now divide us
今私たちを隔てている壁を打ち破って、
And be who we were born to be
そして本来の私たちになろう
With all who dare to dream beside us
共に夢を果たそうとする全ての人と一緒に

(ブリッジ)
We can’t look back to yesterday
昨日を振り返ることはできない
When prejudice and hate stood in our way
偏見と憎悪が私たちの前に立ちはだかったとき
We have to build a better world
より良き世界を築かなければならない
Where all will see, they can be free
誰もが目にする世界で、自由になれる
Where love is love, and that’s enough
愛が愛である場所、それだけでいい
This is our time and that’s why…
私たちの時が来た、だからこそ…

(コーラス)
I believe we can change the world
私たちは世界を変えられると信じている
Leave all our doubts and fears behind us
今私たちを隔てている壁を打ち破って、
And be who we were born to be
そして本来の私たちになろう
The dreams we dare to dream will guide us
恐れずに夢見る夢が、私たちを導くでしょう

Yes I believe we can change the world
そうよ、私たちは世界を変えられると信じている
Break down the walls that now divide us
今私たちを隔てている壁を打ち破って、
And be who we were born to be
そして本来の私たちになろう
With all who dare to dream beside us
共に夢を果たそうとする全ての人と一緒に
We can change the world
私たちは世界を変えられる

Music & Lyrics by Chris Broom
Arrangement – Clarissa Farran
Conductor & Strings Producer – Pablo Hopenhayn
Piano – Tom Poster
Strings – Esession Strings

アルバム『Rosie The Musical – Original Studio Cast Recording』では、ルーシー・トーマスが詩情豊かな「Starlight」、「Suddenly」、「Broken Dreams」など圧巻の歌声でタイトルロールを歌う。さらにルーシー・トーマスがセミファイナリストとなったイギリス版歌オーディション番組『The Voice Kids』(2018)で知り合い、ウエストエンドの新星として活躍するウィル・カラン(Will Callan)が「Above The Clouds」と「Hold On」を美しいデュエットで参加。

Above The Clouds

(バース1)ルーシー・トーマス / ロージー
I used to feel so sad on days filled with rain,
雨が降りしきる日はとても悲しかった、
And long for the sunshine to come back again,
再び太陽の光が戻ってくるのを待ち望みながら、
But now with a thought of you my spirits soar,
でも今、あなたのことを想うと胸が高鳴る
If I’m feeling low, you are my cure.
もし落ち込むときは、あなたは私の癒やし。

And all that I need is your tender embrace,
私に必要なのは、あなたの優しい抱擁だけ
To brighten my day, put a smile on my face.
私の一日を明るくし、笑顔にしてくれる
Then suddenly all of my cares disappear,
そして突然、私の心配事は全て消えていく
I’m floating on air whenever you’re near.
あなたがそばにいる時はいつも、天にも昇る気持ち

(コーラス)ルーシー・トーマス / ロージー
And so if it’s raining, I won’t be complaining.
だから雨が降っていても不満は言いません。
My heart’s full of sunshine, I’m happy and proud because
私の心は太陽の光で溢れ、幸せで嬉しく思う、だって
When I’m with you, grey skies seem so blue,
あなたと一緒にいると、灰色の空はどこまでも青く見える、
You lift me above the clouds.
あなたは私を雲の上へ舞い上がらせる。

(バース2)ウィル・カラン / ジェフリー
And there may be troubles, they visit us all,
困難が待ち受けてるかもしれない、それは誰にだって訪れる、
For into each lifetime some rain has to fall.
それぞれの人生に雨は避けられないもの
We’ll weather the storms and we’ll find our way through,
この嵐を乗り越えて、僕たちの道を見つけよう。
There’s nothing to fear, now I have you.
何も恐れることはないよ、こうして僕には君がいる。

(コーラス)ウィル・カラン / ジェフリー
And so if it’s raining, I won’t be complaining.
だから雨が降っても文句は言わない。
My heart’s full of sunshine, I’m happy and proud because
僕の心は太陽の光で溢れ、幸せで嬉しく思う、だって
When you’re with me, blue sky’s all I see,
君といると青空しか見えない、
You lift me above the clouds.
君は僕を雲の上へ舞い上がらせる。

(コーラス)ルーシー&ウィル
And so if it’s raining, I won’t be complaining.
だから雨が降っていても不満は言いません。
My heart’s full of sunshine, I’m happy and proud because
私の心は太陽の光で溢れ、幸せで嬉しく思う、だって
When I’m with you, grey skies seem so blue,
あなたといると、灰色の空はどこまでも青く見える、
You lift me above the clouds.
あなたは私を雲の上へ舞い上がらせる。

When I’m with you, grey skies seem so blue,
あなたといると、灰色の空はどこまでも青く見える、
You lift me above the clouds.
あなたは私を雲の上へ舞い上がらせる。

Word and Music by Chris Broom
Arrangement – Clarissa Farran
Conductor – James Shearman
Piano – Anna Tillbrook
Recording Engineer – Jamie Alsop
Mixing & Mastering Engineer – Nick Taylor
Producer – Chris Broom
Videographer – Chris Forshaw
Rosie – The Musical
Music & Lyrics by Chris Broom
Book by Sam Babenia

アルバム『Rosie The Musical – Original Studio Cast Recording』に収録、2022年英国ソングライティング・コンテストのオープン部門で優勝したバラード「Broken Dreams」。ミュージック・ビデオの字幕にて「Broken Dreams」の和訳が提供されている。

「I Still Believe in Love」にはインドネシア出身、王立音楽アカデミーを卒業し現在ディズニー・ミュージカル『アラジン』のイギリス/アイルランド・ツアーでヒロインのジャスミン役を演じるデスモンダ・カタベル(Desmonda Cathabel)がソロで参加する。また聖ベーダ・カトリック高校室内合唱団(St. Bede’s Catholic High School Chamber Choir)が神秘的な高揚感のあるアンサンブル曲「Dear Lord We Thank You For This Day」でルーシーとともに賛美歌を歌う。

本作のオープニング・トラックは、少女の頃のロージーがオープニング・シーンでソロで歌う曲「One Day」。ルーシー・トーマスの音楽キャリアの原点ともなった歌である。収録当時13歳で出場した『The Voice Kids』(2018年)で有名になる前、2017年の終わり頃、ルーシー・トーマスはクリス・ブルームと共通の知人を通じて知り合い、クリス・ブルームが当時書き始めたばかりだったという「One Day」をルーシーがレコーディングした。

その歌声に「当初から史上最も偉大なヴォーカリストの一人になる素質」を感じたというクリス・ブルーム、「ルーシーのピュアな音色、ナチュラルな音楽性は圧倒的なものがあり、同時に彼女はパフォーマンスの中で物語を伝える唯一無二の素晴らしい力がある。ルーシーはオーディエンスと歌を完全に繋ぐ非常に稀な能力を持っている」と語る(記事)。現在一般に公開されていないが、ルーシーが13歳でレコーディングした「One Day」の映像が残されている。

One Day

(バース1)
One day I dream that there will be
夢見ている、いつの日か
A new world waiting there for me
私を待っている新しい世界があると
Where the dark clouds will fade from view
暗雲が見えなくなって
And the sun will come shining through
そして太陽が輝いてくる場所

(コーラス)
Oh one day I hope they’ll come a time
いつか叶うと願っている
When I’ll leave all my cares behind
全ての心配事を忘れる時
Where the sadness and tears will pass
悲しみも涙も乗り越える場所で
And I’ll find happiness at last
ついに幸せを見つけるんだわ

(バース2)
I’ll follow my guiding star
導きの星を追って行こう
No matter how near or far
どんなに近くても、どんなに遠くても
I’ll hold on to my dreams
夢を追いかけ続ける
And won’t let go
そして手放さない
I’ll never give up because I know that
絶対に諦めない、だって分かっている

(コーラス)
One day I could wake to see
いつか、目を覚まして気づく
A new world waiting there for me
私を待っている新しい世界
Where I’ll start living life anew
新しく人生を歩み始める場所
And all I wished for can come true
そして全ての願いが叶えられる場所
One day
いつの日か

Music and Lyrics – Chris Broom
Arrangement – Stefano Galante
Recording Engineer – Jamie Alsop
Mixing and Mastering – Stefano Galante

「One Day」から5年以上の時を経てついに完成を迎えるミュージカル『Rosie』。高校を卒業したルーシーはミュージカル『Rosie』の主演を控え、舞台女優として新たに大きな一歩を踏み出す。「学校で『オズの魔法使い』と『アニー』の主役を演じた以外には、演技の経験はありませんでした」とルーシー、「演技コーチと全面的に協力して、演技面を発展させていきます。 『ロージー』の主演を演じることは私にとって大きな挑戦で、今後何ヶ月かにわたって、私にとって主な焦点の一つになります」と昨年その挑戦への意欲を語っている(Musical Theatre Review)。

今回のサントラの発表に際して、現地時間2024年1月22日にルーシー・トーマスは自身のSNSで次のようにコメントしている。「『Rosie The Musical』のオリジナル・スタジオ・キャスト・アルバムを3月1日にリリースし、本日から予約を開始したことを発表できてとても嬉しく思います! ☺」、「信じられないほど才能のあるウィル・カラン、デスモンダ・カタベル、カントス室内合唱団、聖ベーダ・カトリック高校室内合唱団の皆さんとともにこのアルバムに参加し、これら全ての素晴らしいオリジナル曲をタイトルロールでレコーディングできて、とても興奮しています🥰」、「皆さんのご支援、そしてこのエキサイティングな旅を私と共有していただき、本当にありがとうございます… ❤ たくさんの愛を込めて、ルーシーxxx」

アルバム『Rosie The Musical – Original Studio Cast Recording』は、Apple Music、Amazon Music、Spotifyなど主要な音楽プラットフォームでのストリーミング配信に加えて、公式サイトのオンラインストア(https://shop.lucythomasmusic.com/products/rosie/)ではサイン付きCDが発売、2024年1月23日から予約を開始している。

『Rosie The Musical』サントラ収録曲

#曲名アーティスト
1One DayLucy Thomas
ルーシー・トーマス
2Dear Lord We Thank You For This DayLucy Thomas &
St. Bedes Catholic School Ormskirk Chamber Choir
ルーシー・トーマス &
聖ベーダ・カトリック高校室内合唱団
3SuddenlyLucy Thomas
ルーシー・トーマス
4StarlightLucy Thomas
ルーシー・トーマス
5Gentle BreezeLucy Thomas
ルーシー・トーマス
6RomanosLouise Ashdown, Sarah Keirle,
Lorna Day & Kantos Chamber Choir
7I Still Believe In LoveDesmonda Cathabel
デスモンダ・カタベル
8Above The CloudsLucy Thomas & Will Callan
ルーシー・トーマス & ウィル・カラン
9Our HomelandAndrew Morton, Graham McCusker &
Kantos Chamber Choir
10Broken DreamsLucy Thomas
ルーシー・トーマス
11Hold OnLucy Thomas & Will Callan
ルーシー・トーマス & ウィル・カラン
12We Can Change The WorldLucy Thomas &
Kantos Chamber Choir
ルーシー・トーマス & カントス室内合唱団

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー