グラミー賞2019ノミネーションリスト ケンドリック・ラマー最多8部門、ドレイク、レディー・ガガ他


2400 1350 VOICE Contributor

再来月に授与式が行われるアメリカ音楽界の最も権威あるアワード『第61回グラミー賞』(The 61st Grammy Award)の全84部門ノミネーションが発表、グラミー賞2018を受けジェンダー・バランスの配慮を伺わせるものとなり、ヒップホップの男性アーティストらの勢いの中、各ジャンルの女性アーティストらも数多くノミネートされた(現地時間12月7日)。今回最多ノミネートとなったのは、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)で、映画『ブラックパンサー』(原題:Black Panther)のサントラ『Black Panther: The Album』が「年間アルバム賞」(Album of the Year)、そのリード・シングル「All The Stars」が「年間レコード賞」(Record Of The Year)及び「年間ソング賞」(Song Of The Year)でノミネートされるなど、3つの主要部門含む最多8部門でノミネートされた。

続いてドレイク(Drake)が「God’s Plan」で「年間レコード賞」及び「年間ソング賞」、『Scorpion』で「年間アルバム賞」にノミネートされるなど、3つの主要部門含む7部門でノミネート。そしてフォーク・ロックのブランディ カーライル(Brandi Carlile)が「The Joke」で「年間レコード賞」、『By The Way, I Forgive You』で「年間アルバム賞」でノミネートされ、「The Story」の37歳が女性アーティストとしては最多6部門のノミネートとなり今回サプライズの一つとして注目を集める。続いて5部門のノミネーションとなったのは、「This is America」で「年間レコード賞」及び「年間ソング賞」でノミネートされたチャイルディッシュ・ガンビーノ(Childish Gambino)。またカーディ・B(Cardi B)レディー・ガガ(Lady Gaga)ハー(H.E.R.)マレン・モリス(Maren Morris)ら女性アーティストが5部門ノミネーションとなった。カーディ・Bは「I Like It」で「年間レコード賞」、『Invasion Of Privacy』で「年間アルバム賞」、レディー・ガガは『アリー/ スター誕生』(原題:A Star Is Born)の主題歌「Shallow」で「年間レコード賞」及び「年間ソング賞」、ハーは「新人賞」と『H.E.R.』で「年間アルバム賞」、マレン・モリスは「The Middle」で「年間レコード賞」及び「年間ソング賞」でそれぞれ主要部門のノミネーションを果たしている。

一方今回”冷遇”として海外メディアで取り上げられているのはテイラー・スウィフト(Taylor Swift)で主要部門のノミネーションは一つもなく、『Reputation』で「ポップ・ヴォーカル・アルバム賞」(Pop Vocal Album)の1部門ノミネートにとどまった。またそのドラマの一人、カニエ・ウェスト(Kanye West)も「年間プロデューサー賞」(Producer of the Year, Non-Classical)で1部門のみ。カミラ・カベロ(Camila Cabello)も主要部門のノミネートはなくポップのカテゴリー2部門のノミネーションとなった。またビヨンセ(Beyoncé)とジェイ・Z(Jay-Z)のザ・カーターズ(The Carters)は3部門ノミネートとなるも主要部門のノミネーションはなかった。また『Sweetener』で全米首位を獲得するなど成功を収めたアリアナ・グランデ(Ariana Grande)は同アルバムで「ポップ・ヴォーカル・アルバム賞」(Best Pop Vocal Album)、その「God Is a Woman」で「ポップ・ソロ・パフォーマンス賞」(Best Pop Solo Performance)の2部門のみのノミネーションとなった。今年6月に銃撃され死亡したXXXTentacionは今年注目されたラッパーの一人だったがノミネーションはなかった。

今回『第61回グラミー賞』のキーワードともなっている「Diversity & Inclusion」(多様性とインクルーシブ)。「Time’s Up」と「#MeToo」ムーブメントのなか迎えたグラミー賞2018では、男性アーティストがノミネーションを占めただけではなく受賞の大部分を占め、「#GrammysSoMale」(グラミーは男ばっかり)がトレンドとなった。またその受賞結果を受け、レコーディング・アカデミー社長兼CEOのNeil Portnowが女性アーティストらに「ステップアップ」すべきと発言したことがさらに大きな波紋を呼んだ。また昨年からアメリカ音楽界でヒップホップが史上初めて年次報告でシェアトップとなりグラミー賞2018でもヒップホップが多数ノミネーションとなったが、主要部門での無冠などメインストリームの動向と齟齬するシーンもみられた。

こうしたことから、「ダイバーシティ」(多様性)と「インクルーシブ」(多様性の積極的受け入れ)の実現のためオバマ大統領政権時ミシェル・オバマ夫人を支えていた弁護士ティナ・チェン(Tina Tchen)を代表とする「Diversity & Inclusion」特別委員会を今年から設置。レコーディング・アカデミーの投票メンバーに、今回新たに同メンバーの資格を有する900人が招かれ、その全ての人が、女性か、あるいは有色人種か、あるいは39歳以下の人々で構成、『第61回グラミー賞』からその投票に加わっている。さらに『第61回グラミー賞』では、これまでと異なり主要部門(年間レコード賞、年間アルバム賞、年間ソング賞、新人賞)のノミネーション数を従来の5から8へと拡大し、多様性に富むノミネーションとなるよう機会を拡大させた。なおNeil Portnowは任期満了に伴いその地位から退く方針であることが報じられている。今回のノミネーション選考委員会(Nominations Review Committees)では、51%が女性、48%が有色人種となり、前回の女性28%、有色人種37%から大幅にその割合が増えたという(Billboard)。そうした新たな試みから選出された『第61回グラミー賞』の主なノミネーション・リストは以下の通り(※全84部門リストはこちら)。女性アーティストらの受賞は果たして、『第61回グラミー賞』授与式は、現地時間2019年2月10日ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催され、同模様はCBSでライブ放送される。なおグラミー賞2018では、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)が最多6部門受賞、ケンドリック・ラマーが次いで5部門の受賞を果たしている。

年間レコード賞
Record of the Year

「I Like It」カーディ・B/Cardi B, Bad Bunny & J Balvin
「The Joke」ブランディ カーライル/Brandi Carlile
「This is America」チャイルディッシュ・ガンビーノ/Childish Gambino
「God’s Plan」ドレイク/Drake
「Shallow」レディー・ガガ/Lady Gaga & Bradley Cooper
「All The Stars」ケンドリック・ラマー/Kendrick Lamar & SZA
「Rockstar」ポスト・マローン/Post Malone Featuring 21 Savage
「The Middle」ゼッド/Zedd, マレン・モリス/Maren Morris & Grey

※「年間レコード賞」はアーティスト、プロデューサー、レコーディング・エンジニア、ミキサー、マスタリング・エンジニアらへ贈られる。前回グラミー賞2018では女性アーティストが一人もノミネートされなかったが、今回8つの曲の内ブランディ カーライル1曲が女性アーティスト単独でノミネート、コラボも加えるとカーディ・B、レディー・ガガ、シザ、マレン・モリスら合計5曲で女性アーティストがノミネートされている。また今年最大のヒット曲の一つとなったドレイクの「God’s Plan」、そしてポスト・マローン(Post Malone)の「Rockstar」など5曲のヒップホップ曲がノミネート。一方「All The Stars」、「Shallow」など映画主題歌2曲がノミネートされ、サントラが異例のヒットとなった今年のトレンドを反映。「All The Stars」ではブラック・ディアスポラとアフロフューチャリズムの映画テーマを投影した映像となっている。社会的・政治的な曲としてはアメリカの黒人差別と銃社会を風刺したミュージック・ビデオでヴァイラルとなったチャイルディッシュ・ガンビーノの「This is America」もノミネーションリストに加わった。EDM×カントリーなどカントリー・アーティストによる異色コラボのトレンドを生んだ「The Middle」もノミネーションを果たしている。

年間アルバム賞
Album of the Year

『Invasion Of Privacy』カーディ・B/Cardi B
『By The Way, I Forgive You』ブランディ カーライル/Brandi Carlile
『Scorpion』ドレイク/Drake
『H.E.R.』ハー/H.E.R.
『Beerbongs & Bentleys』ポスト・マローン/Post Malone
『Dirty Computer』ジャネール・モネイ/Janelle Monáe
『Golden Hour』ケイシー・マスグレイヴス/Kacey Musgraves
『Black Panther: The Album, Music From And Inspired By』Various Artists

※「年間アルバム賞」はアーティスト、フィーチャー・アーティスト、新作のソングライター、プロデューサー、レコーディング・エンジニア、ミキサー、マスタリング・エンジニアらに贈られる。

年間ソング賞
Song of the Year

「All The Stars」ケンドリック・ラマー/Kendrick Lamar & SZA
「Boo’d Up」エラ・メイ/Ella Mai
「God’s Plan」ドレイク/Drake
「In My Blood」ショーン・メンデス/Shawn Mendes
「The Joke」ブランディ カーライル/Brandi Carlile
「The Middle」ゼッド/Zedd, マレン・モリス/Maren Morris & Grey
「Shallow」レディー・ガガ/ Lady Gaga & Bradley Cooper
「This Is America」チャイルディッシュ・ガンビーノ/Childish Gambino

※「年間ソング賞」はソングライターに贈られる。

新人賞
Best New Artist

クロエ×ハレ/Chloe x Halle
ルーク・コムズ/Luke Combs
グレタ・ヴァン・フリート/Greta Van Fleet
ハー/H.E.R.
デュア・リパ/Dua Lipa
マーゴ・プライス/Margo Price
ビービー・レクサ/Bebe Rexha
ジョルジャ・スミス/Jorja Smith

※注目の「新人賞」では、「When It Rains It Pours」のルーク・コムズ(Luke Combs)他、今年ポップ界を沸かせたイギリスのデュア・リパ(Dua Lipa)、R&B新星ハー(H.E.R.)、そして「新人」?「I’m A Mess」のビービー・レクサ(Bebe Rexha)らがノミネーション。女性アーティストが大部分を占めた。注目のエラ・メイはこのカテゴリではノミネートされなかったが、「Boo’d Up」で「年間ソング賞」、「最優秀R&Bソング賞」の2部門でノミネートされている。

Best Pop Solo Performance

「Colors」Beck
「Havana (Live)」Camila Cabello
「God Is A Woman」Ariana Grande
「Joanne (Where Do You Think You’re Goin’?)」Lady Gaga
「Better Now」Post Malone

Pop Duo/Group Performance

「Fall in Line」Christina Aguilera (feat. Demi Lovato)
「Don’t Go Breaking My Heart」Backstreet Boys
「S Wonderful」Tony Bennett & Diana Krall
「Shallow」Lady Gaga & Bradley Cooper
「Girls Like You」Maroon 5 feat. Cardi B|
「Say Something」Justin Timberlake feat. Chris Stapleton
「The Middle」Zedd, Maren Morris, Grey

Best Traditional Pop Vocal Album

『Love Is Here To Stay』Tony Bennett & Diana Krall
『My Way』Willie Nelson
『Nat “King” Cole & Me』Gregory Porter
『Standards (Deluxe)』Seal
『The Music…The Mem’ries…The Magic!』Barbra Streisand

Best Pop Vocal Album

『Camila』Camila Cabello
『Meaning Of Life』Kelly Clarkson
『Sweetener』Ariana Grande
『Shawn Mendes』Shawn Mendes
『Beautiful Trauma』P!nk
『Reputation』Taylor Swift

Best Dance Recording

「Northern Soul」Above & Beyond Featuring Richard Bedford
「Ultimatum」Disclosure (Featuring Fatoumata Diawara)
「Losing It」Fisher
「Electricity」Silk City & Dua Lipa Featuring Diplo & Mark Ronson
「Ghost Voices」Virtual Self

Best Dance/Electronic Album

『Singularity』Jon Hopkins
『Woman Worldwide』Justice
『Treehouse』Sofi Tukker
『Oil of Every Pearl’s Un-Insides』Sophie
『Lune Rouge』Tokimonsta

Best Rock Performance

「Four Out of Five」Arctic Monkeys
「When Bad Does Good」Chris Cornell
「Made An America」The Fever 333
「Highway Tune」Greta Van Fleet
「Uncomfortable」Halestorm

Best Metal Performance

「Condemned to the Gallows」Between the Buried and Me
「Honeycomb」Deafheaven
「Electric Messiah」High on Fire
「Betrayer」Trivium
「On My Teeth」Underoath

Best Rock Song:

「Black Smoke Rising」Greta Van Fleet
「Jumpsuit」Twenty One Pilots
「MANTRA」Bring Me The Horizon
「Masseduction」St. Vincent
「Rats」Ghost

Best Rock Album

『Rainier Fog』Alice in Chains
『Mania』Fall Out Boy
『Prequelle』Ghost
『From the Fires』Greta Van Fleet
『Pacific Daydream』Weezer

Best Alternative Music Album

『Tranquility Base Hotel + Casino』Arctic Monkeys
『Colors』Beck
『Utopia』Björk
『American Utopia』David Byrne
『Masseduction』St. Vincent

Best R&B Performance

「Long as I Live」Toni Braxton
「Summer」The Carters
「YOY」Lalah Hathaway
「Best Part」H.E.R. feat. Daniel Caesar
「First Began」PJ Morton

Best Traditional R&B Performance

「Bet Ain’t Worth the Hand」Leon Bridges
「Don’t Fall Apart on Me Tonight」Bettye LaVette
「Honest」Major.
「How Deep is Your Love」PJ Morton feat Yebba
「Made for Love」Charlie Wilson feat. Lalah Hathaway

Best R&B Song

「Boo’d Up」Ella Mai
「Come Through and Chill」Migeul feat. J. Cole & Salaam Remi
「Feels Like Summer」Childish Gambino
「Focus」H.E.R.
「Long as I Live」Toni Braxton

Best Urban Contemporary Album:

『Everything Is Love』The Carters
『The Kids Are Alright』Chloe x Halle
『Chris Dave And The Drumhedz』Chris Dave And The Drumhedz
『War & Leisure』Miguel
『Ventriloquism』Meshell Ndegeocello

Best R&B Album

『Sex & Cigarettes』Toni Braxton
『Good Thing』Leon Bridges
『Honestly』Lalah Hathaway
『H.E.R.』H.E.R.
『Gumbo Unplugged』PJ Morton

Best Rap Performance

「Be Careful」Cardi B
「Nice for What」Drake
「King’s Dead」Kendrick Lamar, Jay Rock, Future, James Blake
「Bubblin」Anderson .Paak
「Sicko Mode」Travis Scott

Best Rap/Sung Performance

「Like I Do」Christina Aguilera feat. Goldlink
「Pretty Little Fears」6lack feat. J. Cole
「This Is America」Childish Gambino
「All the Stars」Kendrick Lamar & SZA
「Rockstar」Post Malone feat. 21 Savage

Best Rap Song

「God’s Plan」Drake
「King’s Dead」Kendrick Lamar, Jay Rock, Future, James Blake
「Lucky You」Eminem
「Sicko Mode」Travis Scott
「Win」Jay Rock

Best Rap Album

『Invasion Of Privacy』Cardi B
『Swimming』Mac Miller
『Victory Lap』Nipsey Hussle
『Daytona』Pusha T
『Astroworld』Travis Scott

Best Country Solo Performance

「Wouldn’t It Be Great?」Loretta Lynn
「Mona Lisas and Mad Hatters」Maren Morris
「Butterflies」Kacey Musgraves
「Millionaire」Chris Stapleton
「Parallel Line」Keith Urban

Best Country Duo/Group Performance

「Shoot Me Straight」Brothers Osborne
「Tequila」Dan + Shay
「When Someone Stops Loving You」Little Big Town
「Dear Hate」Maren Morris feat. Vince Gill
「Meant to Be」Bebe Rexha & Florida Georgia Line

Best Country Song

「Break Up in the End」Cole Swindell
「Dear Hate」Maren Morris feat. Vince Gill
「Space Cowboy」Kacey Musgraves
「Tequila」Dan + Shay
「When Someone Stops Loving You」Little Big Town

Best Country Album

『Unapologetically』『Kelsea Ballerini Port Saint Joe』Brothers Osborne
『Girl Going Nowhere』Ashley McBryde
『Golden Hour』Kacey Musgraves
『From A Room: Volume 2』Chris Stapleton

Best Jazz Vocal Album

『My Mood Is You』Freddy Cole
『The Questions』Kurt Elling
『The Subject Tonight Is Love』Kate McGarry With Keith Ganz & Gary Versace
『If You Really Want』Raul Midón With The Metropole Orkest Conducted By Vince Mendoza
『The Window』Cécile McLorin Salvant

Best Gospel Album

『One Nation Under God』Jekalyn Carr
『Hiding Place』Tori Kelly
『Make Room』Jonathan McReynolds
『The Other Side』The Walls Group
『A Great Work』Brian Courtney Wilson

Best Contemporary Christian Music Album

『Look Up Child』Lauren Daigle
『Hallelujah Here Below』Elevation Worship
『Living With a Fire』Jesus Culture
『Surrounded』Michael W. Smith
『Survivor: Live From Harding Prison』Zach Williams

Best Latin Pop Album

『Prometo』Pablo Alboran
『Sincera』Claudia Brant
『Musas (Un Homenaje Al Folclore Latinoamericano En Manos De Los Macorinos), Vol. 2』Natalia Lafourcade
『2:00 AM』Raquel Sofía
『Vives』Carlos Vives

Best Americana Album

『By The Way, I Forgive You』Brandi Carlile
『Things Have Changed』Bettye LaVette
『The Tree Of Forgiveness』John Prine
『The Lonely, The Lonesome & The Gone』Lee Ann Womack
『One Drop Of Truth』The Wood Brothers

Best Folk Album

『Whistle Down the Wind』Joan Baez
『Black Cowboys』Don Flemons
『Rifles & Rosary Beads』Mary Gauthier
『Weed Garden』Iron & Wine
『All Ashore』Punch Brothers

Best Reggae Album

『As the World Turns』Black Uhuru
『Reggae Forever』Etana
『Rebellion Rises』Ziggy Marley
『A Matter of Time』Protoje
『44/876』Sting & Shaggy

Spoken Word

『Accessory to War』Courtney B. Vance
『Calypso』David Sedaris
『Creative Quest』Questlove
『Faith』『A Journey For All』Jimmy Carter
『The Last Black Unicorn』Tiffany Haddish

Best Musical Theater Album

『The Band’s Visit』
『Carousel』
『Jseus Christ Superstar Live in Concert』
『My Fair Lady』
『Once on this Island』

Best Comedy Album

『Annihilation』Patton Oswalt
『Equanimity & The Bird Revelation』Dave Chappelle
『Noble Ape』Jim Gaffigan
『Standup For Drummers』Fred Armisen
『Tamborine』Chris Rock

Best Compilation Soundtrack For Visual Media

『Call Me By Your Name』
『Deadpool 2』
『The Greatest Showman』
『Lady Bird』
『Stranger Things』

Best Score Soundtrack For Visual Media

『Black Panther』Ludwig Göransson
『Blade Runner 2049』Benjamin Wallfisch & Hans Zimmer
『Coco』Michael Giacchino
『The Shape of Water』Alexandre Desplat
『Star Wars: The Last Jedi』John Williams

Best Song Written For Visual Media:

「All The Stars」Kendrick Lamar & SZA, from: Black Panther
「Mystery Of Love」Sufjan Stevens, from Call Me By Your Name
「Remember Me」Miguel feat. Natalia Lafourcade, from: Coco
「Shallow」Lady Gaga & Bradley Cooper, from A Star Is Born
「This Is Me」Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble, from The Greatest Showman

Producer Of The Year, Non-Classical

Boi-1da
Larry Klein
Linda Perry
Kanye West
Pharrell Williams

Best Music Video

「Apes」The Carters
「This Is America」Childish Gambino
「I’m Not Racist」Joyner Lucas
「Pynk」Janelle Monáe
「Mumbo Jumbo」Tierra Whack

Best Music Film

『Life in 12 Bars』
『Whitney』
『Quincy』
『Itzhak』
『The King』

※『第61回グラミー賞』の対象となるのは、2017年10月1日から2018年9月30日までに米国内でリリースされた音楽及びミュージック・ビデオで、主催のレコーディング・アカデミー(the Recording Academy)によると、全84部門に渡り21,000を超える申請があったという。ノミネーションはミュージシャン、プロデューサー、レコーディング・エンジニアなど音楽のプロフェッショナルらからなるレコーディング・アカデミー会員、そしてレコード会社から申請を受けたものをエキスパートがジャンル別に分け(Screening)、その後レコーディング・アカデミーの投票メンバーによってノミネーション(Nomination)が決定。その際投票メンバーは主要4部門に加えて、各々専門の分野のカテゴリに投票するという。受賞を決める最終的な投票(Final Voting)もレコーディング・アカデミーの投票メンバーが行う。

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽の新着・更新情報をお届け