ヘイリー・スタインフェルド最新曲「Capital Letters」MV、ロマンチックで煌びやかな夢世界へ


2240 1260 VOICE Editor
"あの時、あなただったよね"

「リーダーの経験なんてなかった/おとぎ話みたいな事も、一度もなかったわ/聖歌隊で、小さな声/自分を知ろうとも思わなかった/私の鼓動、小さい?いいえ/でもそんな時、あなたと出会った」。官能恋愛映画『フィフティ・シェイズ』三部作最終章、映画『フィフティ・シェイズ・フリード』(原題:Fifty Shades Freed)がバレンタインに合わせ、いよいよ2月9日(現地時間)より全米一般劇場公開。そのサントラ『Fifty Shades Freed (Original Motion Picture Soundtrack)』(ダウンロード版)より、ヘイリー・スタインフェルド(Hailee Steinfeld)BloodPop®(ブラッドポップ)による最新曲「Capital Letters」ダウンロード版)のミュージック・ビデオが公開されました(現地時間1月31日)。

ブルネットを潮騒になびかせ無垢な瞳で見つめる21歳は、美しい歌声をパリの街並みに響かせ「でもそんな時、あなたと出会った/あの時、あなただったよね/私を人混みからすくい上げ/真実を教えてくれた(あなたはその真実を教えてくれたわ)/そうよ(yeah, yeah)/今、言わなきゃ/だってあなたが教えてくれたも、道を遮るものなんてないと/不可能なんてないって/そうよ」

ハネムーンなドリーミーな世界に躍動させ、エッフェル塔望む豪華なホテルの一室とモンテカルロの美しいビーチ。「叫びたい/もっとボリュームを上げなきゃ/私たちはこれからよ、これからだわ/これからよ、あげていくわよ/スピーカーを壊しちゃって/私たちのハートは少しはっきりに/私たちはこれからよ、これからだわ/これからよ、あげていくわよ」、「良き時も、悪しき時も/あなたに捧ぐわ/目一杯の声で」。

「Capital Letters」には映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』主題歌「Love Me like You Do」のエリー・ゴールディング(Ellie Goulding)もライター陣に加わり、同曲を手がけたヘイリー・スタインフェルドは「この曲で私がとっても大好きなところは、壮大なところ」。「とってもシネマティックでそういう感じが大好きだわ」、「たった2分で、まるで映画のような力を持っている曲のように感じるわ」(Billboard)。

今回コラボレーションしたBloodPop®について、「彼は私の大好きな音楽プロデューサーの一人だわ、また一緒に曲作りができたらなって思ってる」。昨年9月にはDJアレッソ(Alesso)とコラボレーションを果たし、「Let Me Go」でファンらのハートを離さないなか、現在そのアルバムを制作中だというヘイリー・スタインフェルド。「何ていうかもう、クレイジーな感じでアルバム・モードよ。でも試練もたくさん。あと失敗とかも。それも含めて楽しんでるんだわ。(デビューEP『Haiz』からは)絶え間ない進化だわ」。

今年7月にトロントからキックオフするチャーリー・プース(Charlie Puth)の北米ツアー「The Voicenotes Tour」にスペシャル・ゲストとして同行するヘイリー・スタインフェルドは、「チャーリーとツアーできるなんて、すっごく楽しみ!ゼッタイ最高に楽しくなるって思ってる」、「本当に待てないわ!

Fifty Shades Freed

今回「Capital Letters」が収録される『Fifty Shades Freed (Original Motion Picture Soundtrack)』には、英リアム・ペイン(Liam Payne)と英リタ・オラ(Rita Ora)による「For You」をはじめ、米ジュリア・マイケルズ(Julia Michaels)による「Are You」、豪シーア(Sia)による「Deer In Headlights」、英デュア・リパ(Dua Lipa)による「High」など、今話題の豪華アーティストの新曲が集結。

新星英ビショップ・ブリッグス(Bishop Briggs)によるカバー「Never Tear Us Apart」も収録される他、映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』主題歌「Love Me like You Do」フリード版でエリー・ゴールディングもその”クライマックス”を盛り上げます🤟。

映画『フィフティ・シェイズ・フリード』は来週、現地時間2月9日より全米一般劇場公開(※現在、国内の公開日はその発表が待たれます)。サントラ『Fifty Shades Freed (Original Motion Picture Soundtrack)』も同じく2月9日にリリースを迎えます。

トラックリスト
1. Capital Letters – Hailee Steinfeld x BloodPop®
2. For You (Fifty Shades Freed) – Liam Payne & Rita Ora
3. Sacrifice – Black Atlass featuring Jessie Reyez
4. High – Whethan & Dua Lipa
5. Heaven – Julia Michaels
6. Big Spender – Kiana Ledé featuring Prince Charlez
7. Never Tear Us Apart – Bishop Briggs
8. The Wolf – The Spencer Lee Band
9. Are You – Julia Michaels
10. Cross Your Mind – Sabrina Claudio
11. Change Your Mind – Miike Snow
12. Come On Back – Shungudzo
13. I Got You (I Feel Good) – Jessie J
14. Ta Meilleure Ennemie (Pearls) – Samantha Gongol (of Marian Hill) featuring Juliette Armanet
15. Deer in Headlights – Sia
16. Diddy Bop – Jacob Banks & Louis the Child
17. Love Me Like You Do (Fifty Shades Freed Version) – Ellie Goulding
18. Freed – Danny Elfman
19. Seeing Red – Danny Elfman
20. Maybe I’m Amazed – Jamie Dornan [Bonus Track]
21. Cross Your Mind (Spanish Version – Sabrina Claudio [Bonus Track]
22. Pearls – Samantha Gongol (of Marian Hill) [Bonus Track]

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー