6. 重厚壮大な洋楽

アレックス・ボエ緊急来日、ポップ音楽にアフリカ神秘の大地の鼓動

2400 1350 laurus

アデル(Adele)「Hello」、イマジン・ドラゴンズ(Imagine Dragons)「Believer」、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)「Grenade」。そうしたポップ、ロック、R&Bの楽曲に、それらの起源の一つとなる(かつて奴隷としてアフリカ人たちによって持ち込まれることとなった)伝統的な…

read more

スキレット最新作『Unleashed Beyond』、自身初のコラボ曲「Breaking Free」含む最新曲5曲追加でリリース

1600 900 laurus

世界1200万枚を超えるアルバムセールスとともに21世紀を代表するクリスチャン・ロック・バンド、スキレット(Skillet)。昨年8月にリリースした通算10枚目となる最新スタジオ・アルバム『Unleashed』(アンリーシュド)が全米ビルボード「ハード・ロック・アルバム部門」第1位、「Billboard 200」第3位…

read more

重厚にしてメロディアス、クリスチャンロックAshes Remain「All Of Me」、6年ぶり最新アルバム『Let the Light In』発表

1600 900 laurus

内なる葛藤、崩壊、希望なき場所の先に見出す贖罪。重厚なサウンドに深き信仰を圧倒的スケールで描き、熱い支持を集める米クリスチャン・ロックバンド、Ashes Remain(アッシュズ・リメイン)が約6年ぶりとなる最新アルバム『Let the Light In』(ダウンロード版)を今月27日リリースへ。 米メリーランド州ボル…

read more

重厚な響きサーティー・セカンズ・トゥー・マーズ最新曲「Walk On Water」、4年ぶり新曲公開

1600 900 laurus

「この映像は、我々が撮影したたった一日の出来事を収めたものである。2017年7月4日の一日を」。その無音のキャプションから始まるリリック・ビデオには、1776年7月4日イギリスから独立した植民地の13のラインと、現在の州の50の星が刻まれた星条旗に、豪壮華麗なマーチングバンドのパレードが流れると、大地震わす何層もの重厚…

read more

美しく破壊的、パリス最新MV「What’s Wrong」暗黒の超常世界に轟かす狂おしき重厚な叫び

1600 900 laurus

ゴシック・ロックのダークな世界観とエレクトロポップ、シンセポップを融合させ、その圧倒的歌声とともに瞬く間に世界にその名を知らしめた米マサチューセッツ州ロック・バンド、パリス(PVRIS)のデビュー・アルバム『White Noise』からおよそ3年。その第2章では、闇と陰鬱を一層深めるリリックに、夢幻的サウンドはその超自…

read more

秘境に迷い込む壮麗なシンフォニー、リンジー・スターリング最新曲「Forgotten City」ゲーム『RiME』

1600 900 laurus

嵐の果てに漂着した紺碧の海に浮かぶ孤島。忘れ去られし古代都市の遺跡が眠るその地には、深まる神秘に呼応するように、秘境の奥地へと誘う幻想的な響きが流れ始めます。現地時間先月24日、”踊る”ヴァイオリン奏者リンジー・スターリング(Lindsey Stirling)による最新曲「Forgotten C…

read more

スルー・ファイア最新作『Breathe』クリスティーナ・ペリー珠玉のバラード「Jar of Hearts」が重厚骨太ロックに

1440 810 laurus

2015年にEmphaticからバンド名を変更し、ギタリストのジャスティン・マケイン(Justin McCain)のもとネブラスカ州オマハで誕生した米ハードロックバンド、スルー・ファイア(Through Fire)。2016年7月リリースしたデビュー・アルバム『Breathe』(通常盤)に新たに楽曲を追加したデビュー・…

read more

圧倒的スケールで描く壮麗なシネマティック交響詩「Unbroken」Brand X Music

1600 900 laurus

映画予告編のバックグラウンド・ミュージックとして90年代アメリカで生まれ、観る者をその世界に瞬く間に惹き込むエピック音楽(Epic Music)。クラシック音楽とは対照的に、わずか30秒から約3分間の限られた時間に全てを凝縮し、情感溢れるオーケストラで描く壮大な音楽は今、劇場へと誘うその使命を越えた存在へ。 映画予告編…

read more

魂震える重厚壮大ロックStarset最新MV「Monster」、人類の終焉はこうして始まる

1280 720 laurus

「テクノロジーは我々の存在目的の理解を混沌化させていく」、「我々はどこに向かっているのだろうか」、「我々が住むこのテクノロジーの世界が得られうる利益と結果はいったい何なのだろうか」。それは1996年5月27日、NASA惑星探査の指導者でもある米天体物理学者カール・セーガン(Carl Sagan)が亡くなる半年前、最後の…

read more
海外の洋楽情報をフォロー