秘境に迷い込む壮麗なシンフォニー、リンジー・スターリング最新曲「Forgotten City」ゲーム『RiME』


1600 900 laurus
『ゼルダの伝説』、『スカイリム』のルーツへ

嵐の果てに漂着した紺碧の海に浮かぶ孤島。忘れ去られし古代都市の遺跡が眠るその地には、深まる神秘に呼応するように、秘境の奥地へと誘う幻想的な響きが流れ始めます。現地時間先月24日、”踊る”ヴァイオリン奏者リンジー・スターリング(Lindsey Stirling)による最新曲「Forgotten City」のミュージック・ビデオが公開されました。

先月26日発売されたアドベンチャー・パズル・ビデオゲーム『RiME』(PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、Microsoft Windows)のためにリンジー・スターリング本人が書き下ろした同曲では、ロック、ポップにEDMを融合させたそれまでのリンジー・スターリングのアップビートなエレクトロニックなダンス・チューンとは一線を画した楽曲に。

最新3rdアルバム『Brave Enough』リード・シングル曲「The Arena」ミュージック・ビデオ。

ヘイルストーム(Halestorm)のリジィ・ヘイル(Lzzy Hale)とのコラボ曲「Shatter Me」を思い起こさせる寂静なイントロから始まると、『RiME』の謎に包まれた神秘的な世界観、失われた都市、寂寥感が、次第にその壮麗な自然に抱かれるようにスケールを増し、冒険心と旅愁が絡み合う荘厳と繊細さのシンフォニーへ。

ギリシャの島で撮影された同ミュージック・ビデオでは、地球の原風景を宿す神々しいほど美しいスペクタクルな情景とファンタジーの世界観が溶け込み合い、リスナーを異次元の世界へと誘います。

自身初のゲーム・オリジナル曲

ゲーム『Dragon Age: Inquisition』カバー曲。

これまで『ゼルダの伝説』(2011年11月)のカバーをはじめ、『The Elder Scrolls V: Skyrim』(2012年4月)、『Assassin’s Creed III』(2012年11月)、『Halo』(2013年5月)、『Child of Light』(2014年5月)、『Dragon Age: Inquisition』(2014年11月)のカバーを配信してきたリンジー・スターリング。

ゲーム×コスプレというルーツに立ち戻りながらも、今回自身初めてとなるゲーム・オリジナル曲では、音楽の既成観念を覆す彼女のクリエイティブなスタイルを継承しながらも、レナード・コーエン(Leonard Cohen)「Hallelujah」のカバー曲でもみせる心の琴線に触れる美しい旋律のなか、クラシカルな懐の深さとその作曲・構成・アレンジ力で魅了します。

レナード・コーエン(Leonard Cohen)「Hallelujah」のカバー曲。

2017ビルボード音楽賞

2017 Billboard Music Awards

2017 Billboard Music Awards

先月21日開催された『2017ビルボード・ミュージック・アワード』(2017 Billboard Music Awards)では、「Top Dance/Electronic Album」部門で、全米ビルボード総合アルバム・チャート「Billboard 200」で初登場第5位を記録した3rdスタジオ・アルバム『Brave Enough』で受賞。

「トップ・クラシカル・アルバム」部門及び「ダンス/エレクトロニック・アルバム」部門で異例となるビルボード初登場首位を同時獲得した同アルバムで、現在EDMのシーンを席巻するザ・チェインスモーカーズ(The Chainsmokers)、カイゴ(Kygo)らを抑え、2ndアルバム『Shatter Me』での同部門受賞に続き、その栄冠を手にした30歳のヴァイオリニスト。

最新3rdアルバム『Brave Enough』収録曲「Lost Girls」ミュージック・ビデオ。

その唯一無二の非凡な音楽性とは対照的に、(セールスなどデータに基にするBillboard Music Awardsを除き)これまで米国の主要な音楽賞では評価されることが少ない中、クラシック、EDM、ロック、ポップからゲーム、映画音楽まで、従来の枠にとどまることのないエンターテイメントの感動は、目で、耳で、心で、体で、世界中の人々を捉えます。

『RiME』サントラ

ゲーム『RiME』サウンドトラック収録曲「Departure」他。

なお最新曲「Forgotten City」は、ビデオゲーム『RiME』サウンドトラックには未収録。デイビット・ガーシア・ディーアス(David Garcia Diaz)が手がけるゲーム音楽では、映画『ブレイブハート』の故・米映画音楽作曲家ジェームズ・ホーナー(James Horner)を彷彿とさせるスペクタクルな美しい音楽、ジブリ映画『もののけ姫』の音楽を思わせる神秘的な楽曲の数々を収録します。

関連記事

新着記事

海外の洋楽情報をフォロー