AGT2020 準々決勝第4週、ケナディ・ドッズら5組が準決勝進出


2560 1440 VOICE Editor
Amazon 5日間のBig Sales
11/27[金]9:00 ─ 12/1[火]23:59
第1弾ブラックフライデー開催中

準々決勝最後の週、NBC才能オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』(原題:America’s Got Talent)シーズン15・準々決勝(Quarterfinals)第4週が現地時間9月1日に開催され、準決勝進出をかけて11組が戦い今日その結果が発表された。

第4週の出場者は、(1) チアリーディングのCA Wildcats、(2) カントリー・シンガー・ソングライター、ケナディ・ドッズ(Kenadi Dodds)、(3) ルーマニア出身の等身大人形劇Lightwave Theatre Company、(4) ヴォーカル・トリオのリサウンド(Resound)、(5) ダンス&ドラムのDivas & Drummers of Compton、(6) 歌手セリーナ(Celina Graves)、(7) マリオネット・ダンスの11歳Noah Epps、(8) コメディアンのAlex Hooper、(9)歌手のデュオ、ブロークン・ルーツ(Broken Roots) 、(10)イタリア系ドイツ人のアクロバット3姉妹Bello Sisters 、(11)審査員ホーウィー・マンデルからゴールデンブザーを獲得したスポークン・ワードのBrandon Leake。フットボール選手の17歳歌手トーマス・デイ(Thomas Day)が辞退したため、代わってジャッジ・カットで敗退していたブロークン・ルーツが出場した。

アメリカの投票でトップ3が準決勝進出確定、第4位・第5位・第6位の枠に入ったアクトが番組の最初に発表され、生放送中の視聴者によるライブ投票(Dunkin’ Save)により1組が準決勝進出。その残り2組から審査員が投票で準決勝に送るアクトを決める。

最初にトップ3で準決勝進出を決めたのは、ユタ州の15歳ケナディ・ドッズ(Kenadi Dodds)。マリオネット・ダンスのNoah Eppsが敗退となった。昨日2番目に登場したケナディ・ドッズは、パワフルな片道切符のオーディション・ラウンドから一転、ピアノ弾き語りで妹に捧げるオリジナル・ソング「Dancing Through The Stars」を美しく歌い上げた。ケナディ以外の家族は、視力を失う網膜色素変性症の疾患があり、母親は全盲で二人の妹も既に視力に問題が出ているという。網膜色素変性症の治療法は現在確立されていない。「家族で今、私だけがかかっていません。妹の願いは、私が世界で一番大きな舞台で歌っている姿を見たいということでした、目が見えなくなってしまう前に」と初戦でケナディ。「Dancing Through The Stars」では、星空に踊る幻想的な歌詞に乗せて「どんなことがあっても、あなたを一人にしないと」と妹への力強い永遠の愛を歌った。

審査員ハイディ・クルムは「素晴らしい歌だったわ。明日の結果が何であれ、あなたが望んでいる音楽界があなたに声をかけると信じている。直感で感じるわ。あなたは本当に素晴らしくて、あなたの妹との絆も大好きだわ。最後に掲げたあなたのサインを見たわ、妹もきっと同じね。美しかったわ」。一方この日自身のゴールデンブザーのアクトを控えていた審査員ホーウィー・マンデルは「君は素晴らしい才能を持っていると思う。家族や妹との絆はとても好きだ。素晴らしい物語で、その困難に君は打ち勝っているように見えた」、しかし「この歌は私の好みじゃない。背景の物語をとったら…」、ブーイングのなかマンデルは「みんな待ってくれよ!そうだな、私が投票するわけじゃないからな」。

そのコメントを受けて審査員ソフィア・ベルガラは「今日のホーウィーはとてもネガティブね。でも私は素晴らしい歌だと思うわ。あなたは本当に圧巻だわ。あなたには素晴らしい家族がいる。初戦の方が私は好きだけど、この歌は美しいものだったわ。きっとみんな、あなたのことを大好きになると思うわ。今夜みんながあなたに投票することを願っている、だってあなたはそれだけの才能がある。あなたの物語は素晴らしいものだわ」。

例年サイモン・コーウェルやホーウィー・マンデルから酷評があると視聴者もそれに続く傾向があるが、アメリカのハートを動かしたケナディ・ドッズが予想を覆しトップ3で進出を決めた。発表を受けてケナディは声を震わせ「本当に信じられません…。信じられません…。私に投票してくださった皆さん、本当にありがとうございます。どれほど感謝しているか…、とても嬉しいです。全ての人に、また一緒に戦った全ての出場者の皆さんに感謝申し上げます。彼らはとても素晴らしい人たちです」と涙ながら感謝の気持ちを伝えた。

続いてトップ3で準決勝進出を決めたのは、審査員の判断で敗退しトーマス・デイに代わって復活したカントリー&ロック/ポップのデュオ、ブロークン・ルーツ(Broken Roots)。まさかの結果に「奇跡だ」と信じられぬ様子のブロークン・ルーツ。U2の「I Still Haven’t Found What I’m Looking For」をカントリー・ヴォイスとロック・ヴォイスの深みのあるハーモニーで響かせ、アメリカのハートを掴んだ。思わぬ形で敗者復活から準決勝進出を決めたブロークン・ルーツは「神だ、運命だ、愛だ、アメリカだ」と喜びを全身で表した。

最後にトップ3で準決勝進出を決めたのは、警察権力による黒人差別問題を話題にしたBrandon Leake。息の合ったエネルギッシュなチアリーディングで沸かせたCA Wildcatsと躍動感あふれるダンスとドラムでフィールドを揺らしたDivas & Drummers of Comptonは惜しくもここで敗退となった。Brandon Leakeは「アメリカの皆さん、私に投票してくれて本当にありがとう。次のステージではもっとすごいやつを見せると約束するよ」と語った。

第4位から第6位の枠に入ったのは、ドイツからリモートで参戦の曲芸3姉妹Bello Sisters、歌手セリーナ、そしてヴォーカル・トリオのリサウンド(Resound)。ロンドン・グラマー(London Grammar)の「Strong」をソウルフルに歌い上げたセリーナ(Celina Graves)がDunkin’ Saveで準決勝進出を果たした。残り2組のうち、審査員ソフィア・ベルガラ(Sofia Vergara)はBello Sisters。審査員ハイディ・クルム(Heidi Klum)は愛と希望のバラード「Fall On Me」をスピリチュアルなハーモニーで包んだリサウンド。「Fall On Me」はアンドレア・ボチェッリ(Andrea Bocelli)と息子マッテオ・ボチェッリ(Matteo Bocelli)のデュエット曲、そのソングライターのア・グレイト・ビッグ・ワールド(A Great Big World)とクリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)が後にカバーしている。1対1となり勝敗の鍵を握った審査員ホーウィー・マンデル(Howie Mandel)がBello Sistersに投票。Bello Sistersが準決勝進出を決めた。

出場者アクト結果
ケナディ・ドッズ
Kenadi Dodds
「Dancing Through The Stars」
オリジナル・ソング
トップ3通過
ブロークン・ルーツ
Broken Roots
「I Still Haven’t Found What I’m Looking For」
U2
トップ3通過
Brandon Leakeスポークン・ワードトップ3通過
セリーナ
Celina Graves
「Fall On Me」
Andrea Bocelli & Matteo Bocelli
Dunkin’ Save
Bello Sisters曲芸審査員チョイス

リザルト回のライブ・パフォーマンスでは、AGT2018のファイナリストDuo Transcendとカントリー・スターCamが新曲「Till There’s Nothing Left」でコラボ。またソフィア・ベルガラが腹話術でAGT2017優勝者ダーシ・リン(Darci Lynne Farmer)とコラボした。

準々決勝で勝ち上がった20組が全て揃い、準決勝では審査員のワイルドカード2組(※現在未発表)が加わった全22組が2週にわたり決勝の舞台をかけて戦う。セミファイナリストは、準々決勝第1週から、黒人歌手アーチー・ウィリアムズ(Archie Williams)、歌手シャキーラ・マグラス(Shaquira McGrath)、ソフィア・ベルガラのゴールデンブザーの11歳歌手ロベルタ・バッタリア(Roberta Battaglia)、デンジャーのBrett Loudermilk、双子ダブル・ドラゴン(Double Dragon)。準々決勝第2週から、サンディエゴの合唱団Voices of our City Choir、サルサのインド出身デュオBAD Salsa、カザフスタンの14歳歌手ダネリヤ・トュレショヴァ(Daneliya Tuleshova)、ディアボロのフィリピン出身The Spyros Bros、デンジャーのウェールズ出身Jonathan Goodwin。準々決勝第3週から、空中曲芸Alan Silva、ハイディのゴールデンブザーの歌手クリスティーナ・レイ(Cristina Rae)、マジシャン/メンタリストのMax Major、サイモン・コーウェルのゴールデンブザーのダンス・グループW.A.F.F.L.E. Crew、そしてドラマーのマリク・ドープ(Malik DOPE)。

次週、準決勝前半戦(日本時間9月9日水曜・10日木曜)には、Alan Silva、アーチー・ウィリアムズ、Brandon Leake、ブロークン・ルーツ、ダブル・ドラゴン、マリク・ドープ、ロベルタ・バッタリア、シャキーラ・マグラス、Spyros Brosらが登場する予定となっている。

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー