ローレン・デイグル「You Say」全米ビルボード・クリスチャンソング史上最多62週首位


2400 1350 VOICE Editor

ジャズをルーツにしたソウルフルな歌声で人々をインスパイアし、2019年グラミー賞「最優秀CCMパフォーマンス/ソング賞」に輝いたローレン・デイグル(Lauren Daigle)珠玉のクリスチャン・ソング「You Say」。今週発表の全米ビルボード「Hot Christian Songs」部門で前週に続いて第1位を記録し、通算62週の全米首位を獲得した(Billboard、※2019年10月5日付)。これにより統計開始以来、通算61週首位で最多首位となっていたHillsong UNITED(ヒルソング・ユナイテッド)の名曲「Oceans (Where Feet May Fail)」の記録を塗り替え、クリスチャン・ソング部門史上最多首位曲となった。

今回の快挙に”CCM界のアデル”、ルイジアナ州ラファイエット出身の28歳はBillboardで「”Oceans”のジャーニーについて深く思い巡らしたわ、その歌がとても多くの人に与えたインパクトを目にしたのを思い出す。私にとってそれは圧倒的な美しさの歌だった」。「あの曲のように地球を揺らす何かに携わることができればと願っていた。まさか想像もしなかったわ、”You Say”が”Oceans”と並ぶような何かになるなんて」。

「心の声と闘い続ける、私は十分ではないと/全ての欺きが私に告げる、私は決して達することはないと」、「感じることができない時、あなたは言う、私は愛されていると/弱い時、あなたは言う、私は強いのだと/遠く及ばない時、あなたは言う、私は抱きしめられていると/私があなたに相応しくない時、あなたは言う、私はあなたのものだと」、「そして信じる、私は信じるわ/あなたの言葉/私は信じる」

「You Say」はローレン・デイグルのサード・アルバム『Look Up Child』のリード・シングルとして2018年7月にリリース。美しいメロディに人々の心に射し込む強き信仰と愛のスピリチュアルなリリックは、世界中の人々に深い感動を呼び、苦難を乗り越える希望と力を与えてきた。「Still Rolling Stones」、「Rescue」などヒット曲を収録、2018年9月にリリースされた『Look Up Child』はクリスチャン・アルバムとしては異例のヒットとなり、全米ビルボード総合アルバムチャート「Billboard 200」で初登場第3位(※2018年9月22日付)、2019年グラミー賞では「最優秀CCMアルバム賞」に輝いた。ローレン・デイグルにとっては初のグラミー賞受賞で2冠。全米ビルボードクリスチャン・アルバム部門では通算44週で全米首位を獲得し、2000年以降のクリスチャン・アルバムとしては史上最多首位アルバムとなった。これまでにローレン・デイグルはアメリカン・ミュージック・アワード2度受賞、Doveアワードで7度受賞、ビルボード・ミュージック・アワードでは5度受賞。昨年公開された「You Say」ミュージック・ビデオはこれまでに1億1000万回を超えている。

「ファンのそれぞれのストーリーが”You Say”をさらに豊かなものにしてるわ」とローレン・デイグル。制作当時を振り返り、「この曲は”How Can It Be”の後初めて私たちが書いた曲。その時私は不安定で自分に対して自信が持てないでいたわ」。「それがこんなにも多くの人々に繋がる歌になったと知って、本当に素晴らしく思っているわ」。

 

(記事)『ローレン・デイグル、苦難に強さと光「You Say」

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー