カーリー・レイ・ジェプセン、待望の全米デビュー・アルバム『Kiss』来月9月18日にリリース


150 150 VOICE Editor

「Carly Rae Jepsen’s ‘Kiss’ Album Due Sept. 18」on Billboard

現在その世界的ヒット曲「Call Me Maybe」(邦題:コール・ミ・メイビー)で全米ビルボード総合シングル曲ランキング「Hot 100」で8週連続第1位を記録(※先週発表8月11日付、追記、9週連続第1位獲得で単独首位)、 ゴティエ(Gotye)の「Somebody That I Used to Know」と並んで、2012年全米ビルボード「Hot 100」最多首位獲得を記録しているカナダのシンガー・ソングライター、カーリー・レイ・ジェプセン(Carly Rae Jepsen)の待望の全米デビュー・スタジオ・アルバム『Kiss、米国時間来月9月18日にリリース(国内盤『キス~デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付)』9月19日リリース)されることが昨日発表されました。

歌詞と曲のアイデアは長年ずっと私が温めてきたものだわ」とプレス・リリースで語る今年最も注目を集める26歳世界的センセーション歌姫の全米デビュー・スタジオ・アルバムでは、「私が夢見てきたプロデューサーらと共にアルバムを制作でき、どんなに幸せを感じているか言葉に出来ないわ」とその喜びを隠せないドリーム・チームが集結。

カーリー・レイ・ジェプセン(Carly Rae Jepsen)北米公式サイト

ピンク(Pink)「So What」、「F**kin’ Perfect」、ケイティ・ペリー(Katy Perry)「Hot n Cold」、「I Kissed a Girl」、ケリー・クラークソン(Kelly Clarkson)「My Life Would Suck Without You」等のソングライターでも知られるスウェーデン音楽プロデューサー・ソングライターのマックス・マーティン(Max Martin)、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)、マドンナ(Madonna)等の楽曲を手がけていることでも知られる米音楽プロデューサー・ソングライターのダラス・オースティン(Dallas Austin)、ファーギー(Fergie)の「Big Girls Don’t Cry」のソングライター、ビヨンセ(Beyoncé)「If I Were a Boy」のプロデューサー等で知られるドイツ音楽プロデューサー・ソングライターのトビー・ガッド(Toby Gad)ら名だたる世界的プロデューサー・ソングライターを迎えた同アルバムでは、“ボス”ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)、LMFAOレッドフー(Redfoo)らと共に制作した楽曲も収録。

via carlyraejepsen twitter on Instagram

カナダのデビュー・スタジオ・アルバム『Tug of War』、EP『Curiosity』に次ぐ通算2枚目となるスタジオ・アルバム『Kiss』について、『カナディアン・アイドル』シーズン5(2007年)のファイナリスト(第3位)は、「このアルバムはポップで、ロビン(Robyn)、カーズ(The Cars)、マドンナ、そして信じるか信じないかは別として、ジェームス・テイラー(James Taylor)からインスパイアされたアルバムだわ。みんなと分かち合えることが待ち遠しいわ!キス」とその興奮をプレス・リリースで明かしています。

(記事)”Carly Rae Jepsen To Release Eagerly Awaited U.S. Debut Album, Entitled Kiss, Via 604 Records/Schoolboy Records/Interscope Records On September 18th” on Press Party

ジャスティン・ビーバーとのコラボレーション・ソングは現在トップ・シークレットとなっているようですが、「特にみんなに聞いて欲しくて待ち遠しい」と米MTVでのインタビューでカーリー・レイ・ジェプセンが語るマシュー・カマ(Matthew Koma)とLMFAOのレッドフーと共に制作した(アルバムタイトル曲とも伺える)「This Kiss」について、カーリー・レイ・ジェプセンは同インタビューで「(そのサウンドは)私らしくも、でも(レッドフーは)本当に素晴らしい人で、むしろ、コラボレーションとなると、それに携わる全ての人の要素が少しずつ合わさったものになるもので、だから、私だけとか、彼だけとかではなく、私たち二人の要素が詰まった曲になっているといえるかもしれないわ」と語ります。

(記事)”Carly Rae Jepsen’s Kiss Coming In September” on MTV

また同アルバムには、ロンドン五輪の模様を放送している米NBC局の人気モーニング・ニュース番組『Today』ロンドン五輪のプロモーションの楽曲としても起用され、現在米ビルボード「Hot 100」で第13位(※先週発表8月11日付)とチャートを上げてきている米アウル・シティー(Owl City)とのコラボーレーション最新シングル曲「Good Time」も収録される予定であることが米MTVにより報じられています(»英文記事)。

マイケル・フェルプス選手(Michael Phelps)に、ライアン・ロクテ選手(Ryan Lochte)そしてその金メダルとともに家族との再会で全米に感動を呼んだ17歳ミッシー・フランクリン選手(Missy Franklin)ら、全米オリンピック競泳チームもオリンピックのキックオフとともにそのリップ・シンクド・ダンス動画を公開し、再び世界的注目を浴びた「Call Me Maybe」は、現在全米では490万セールスを記録し、今年第3位の最高セールスを記録(»英文記事)。また世界37カ国以上の国のiTunesで首位を記録した同曲は、全世界730万を超えるセールスを記録し続けていることが報じられています(»英文記事)。

今週リリースされた全米ヒット曲定番コンピレーションアルバム『Vol. 43-Now That’s What I Call Music』の1stトラックとしても収録され、現在も社会現象を巻き起こしている「Call Me Maybe」をリード・シングル曲とするカーリー・レイ・ジェプセン待望の全米デビュー・アルバム『Kiss』は、同行するジャスティン・ビーバーのコンサート・ツアー「Believe Tour」キックオフ(米国時間9月29日)する直前の9月18日にリリース

世界が注目する中いよいよリリースされるカーリー・レイ・ジェプセン2ndスタジオ・アルバム、残り4ヶ月となる9月のリリースながら2012年を代表するアルバムの一枚、となるかもしれません。

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー