カーリー・レイ・ジェプセン「コール・ミー・メイビー」が念願の自身初全米ビルボード首位獲得、来週にも最新コラボ曲発表


150 150 VOICE Editor
Amazon 5日間のBig Sales
11/27[金]9:00 ─ 12/1[火]23:59
第1弾ブラックフライデー開催中

「Carly Rae Jepsen Hits No. 1: 'Call' Connects Atop Hot 100」Billboard

本国カナダをはじめ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、チェコ、デンマーク、フィンランド、ハンガリー、アイルランド、スイス等世界各国第1位を記録していたカナダの26歳新星歌姫カーリー・レイ・ジェプセン(Carly Rae Jepsen)のシングル曲「Call Me Maybe」(邦題:コール・ミー・メイビー)が今週発表の米ビルボード総合シングル曲ランキング「Hot 100」(6月23日付)で首位を獲得し、アメリカでもついに第1位シングル曲輝きました。

(記事)”Carly Rae Jepsen Hits No. 1: ‘Call’ Connects Atop Hot 100” on Billboard

今年2月にYouTubeに投稿された仕掛け人ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)と、セレーナ・ゴメス(Selena Gomez)、アシュレイ・ティスデイル(Ashley Tisdale)、ビッグ・タイム・ラッシュ(Big Time Rush)ら全米が誇る豪華ディズニー、ニコロデオンスターらによるリップシンク&ダンス・バイラル動画を皮切りとして、ケイティ・ペリー(Katy Perry)(»動画)、米ハリウッド俳優ジェームズ・フランコ(James Franco)をはじめ数多くのセレブやハーバード大学野球部員(»バイラル動画)、世界中の若者が次々にそのリップシンク動画を投稿するなど社会現象的な話題を呼んでいるこの曲「Call Me Maybe」は、(同YouTube動画投稿前)アメリカでは無名ながらも、世界的ヒットを叩きだす中で米ビルボートでもランキングをじわじわと順調にあげていき、先月6月2日付米ビルボード「Hot 100」でついに第2位(デジタルソング部門第1位)を獲得。

(記事)”Carly Rae Jepsen Jumps to No. 2 on Hot 100, Gotye Still No. 1” on Billboard
(記事)”Phillip Phillips Storms Hot 100’s Top 10, Gotye Has Year’s Longest-Running No. 1” on Billboard Bizz

その後、今年最多週の「Hot 100」首位独占記録を更新していたベルギー系オーストラリア人シンガーソングライター、ゴティエ(Gotye)の(こちらも)世界的ヒット曲「Somebody That I Used to Know」(邦題:サムバディ・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ノウ ~失恋サムバディ)に3週に渡り首位を阻まれるも、今週ついにカーリー・レイ・ジェプセンが8週連続「Hot 100」首位独占のオージー・メガヒット曲にその終止符を打ち、自身初となる米ビルボード第1位を獲得デジタル・ソング部門では296,000ダウンロード配信(4%up)により4週連続での首位獲得となりました。

カナダの女性アーティストが「Hot 100」で首位を獲得するのは、2007年のアヴリル・ラヴィーン(Avril Lavigne)のヒット曲「Girlfriend」以来となる記録で、およそ5年振りとなる快挙

また女性アーティストがそのビルボード・デビュー曲により「Hot 100」で首位を獲得するのは、2010年の米ケシャ(Ke$ha)の「TiK ToK」以来となる記録であり、その前の2009年のレディー・ガガ(Lady Gaga)の「Just Dance」らと並ぶ曲であることが米ビルボードにより報じられ、今後の高い期待が寄せられているようです。

ジャスティン・ビーバーによりそのレーベル「Schoolboy Records」初の女性アーティストとして抜擢されて以来、“Call Me Maybe”が世界の流行語大賞となりそうな勢いでセンセーションを巻き起こしている『カナディアン・アイドル』シーズン5(2007年)のファイナリスト(第3位)は、今回の米ビルボード「Hot 100」首位獲得のニュースを受けて、自身のツイッター、facebookで「お祝いの時?お祝いの時だわ。ビルボードで第1位、夢が叶ったわ!」とのコメントと共に「わっほーいっっっ!!!」との声が聞こえてきそうな写真を投稿し、その喜びをファンと分かち合いました。

facebook

シャンパンを手にする写真には、ファンらからお祝いの言葉が次々に寄せられる一方、「年齢的に大丈夫か?(笑)」とのカーリー・レイ・ジェプセンらしさを交えたジョークも。

2012 MuchMusic Video Awards

先月開催の米2012年ワンゴ・タンゴ・コンサート(»the 2012 Wango Tango concert公式サイト)、米ビルボード・ミュージック・アワード2012(»The 2012 Billboard Music Awards)、今月開催の米LAユニバーサル・シティウォークでのライブ(»動画)、先週9日の英2012年キャピタルFMサマータイム・ボール・コンサート(»2012 Capital FM Summertime Ball)でのライブ・パフォーマンス(»動画)に、明日開催される米マッチミュージック・ビデオ・アワード2012(»2012 MuchMusic Video Awards)でそのライブ・パフォーマンスを予定するなど大忙しのカーリー・レイ・ジェプセンですが、来週26日には、米人気アウル・シティー(Owl City)とのコラボーレーション・ソング「Good Time」をリリースすることを自身のツイッターで明かしています。

今年3月に米NBC人気昼トーク番組『エレンの部屋』(Ellen DeGeneres Show)でジャスティン・ビーバーの紹介で「Call Me Maybe」を披露したカーリー・レイ・ジェプセンは、今月7日に米NBC人気深夜トーク・バラエティ番組『レイト・ナイト・ウィズ・ジミー・ファロン』(Late Night With Jimmy Fallon)にも登場し、そのライブ・パフォーマンスを披露した他米コメディアンジミー・ファロンと「Call Me Maybe」をコラボーレーション。

小学校の音楽教室にある楽器を手にする米コメディアンジミー・ファロン一同と共に、カーリー・レイ・ジェプセンがトライアングルを「チーン」「チーン」と鳴らしながら、「よかったら電話してね!」とキュートに歌うこの動画はYouTubeで既に300万動画再生回数を突破するというまたもやバイラル動画に。一部報道によると、「ビルボード・ミュージック・アワード2012でのライブ・パフォーマンスよりもずっと良いよ」(»英文記事)との高い評価もあるようです。

»米オバマ大統領も「Call Me Maybe」?

米オバマ大統領も「Call Me Maybe」を意味深に歌い上げる動画が1200万動画再生回数を突破する等、様々な形で人々の心を虜にしている「Call Me Maybe」、しかしカーリー・レイ・ジェプセンにはどうやら女の子としての不満もあるようです。

「Carly Rae Jepsen, Dating Woes Include Cheap Pickup Lines」Aol

そうね、よくあるわ。
そして彼らはいつも自分がそれをする最初の人だって思い込んでいるの。
こう話しかけてくるのよ。
「ヘィ、僕はまだ君と会ったばかりで、クレイジーかもしれないけど…云々」
Hey, I just met you and this is crazy ..

とても独創的とはいえないわっ

カーリー・レイ・ジェプセンの心を虜にするには、もうちょっとひねりが男性陣には求められているようです。メイビー?

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー