米ビルボード・ミュージック・アワード2012、アデル最多12冠、ジョーダン・スパークスが捧げたトリビュートに涙


150 150 VOICE Editor
Amazon 5日間のBig Sales
11/27[金]9:00 ─ 12/1[火]23:59
第1弾ブラックフライデー開催中

「米ビルボード・ミュージック・アワード2012」(The 2012 Billboard Music Awards)米公式サイト

米国時間5月20日(日)、グラミー賞と並び全米三大音楽賞の一つで、2011年3月1日から2012年2月29日の米ビルボード・チャートを基にノミネートされたものの中から受賞が決定される「米ビルボード・ミュージック・アワード2012」(The 2012 Billboard Music Awards)が、米ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナにて開催され、昨年米ビルボード誌年間チャートで主要3部門で女性アーティストとして史上初めて3冠制覇を達成し、米ビルボード史に新たな1ページを刻んだ英国歌姫アデル(Adele)が、主要部門の「トップ・女性アーティスト賞」、「トップ・ビルボード200・アーティスト賞」「トップ・ビルボード200・アルバム賞」を含む最多12冠を達成、1990年にジャネット・ジャクソンが打ち立てた最多15部門受賞に次ぐ歴代第2位となる(同一年)最多受賞を果たしました。

「Adele, LMFAO Top 2012 Billboard Music Awards 」on 2012 Billboard Music Awards)

また、最多18部門にノミネートのアデルに次いで17部門でノミネートされていたLMFAOが、ヒット曲「Party Rock Anthem」で見事受賞を果たした「Hot 100ソング・オブ・ザ・イヤー」含む6冠を受賞、アデルが同授賞式に欠席したこともあり、最多受賞者としてはLMFAOがスポットライトを浴びる授賞式となったようです。

「Watch Katy Perry Debut 'Wide Awake' at Billboard Music Awards」

もっとも特別賞にあたる「スポットライト賞」のトロフィーを手にしたのは、LMFAOではなかったようです。アルバム『Teenage Dream』からこれまでリリースされたシングル曲「California Gurls」、「Teenage Dream」、「Firework」、「E.T.」、「Last Friday Night (T.G.I.F.)」の5曲全てが米ビルボード総合シングル曲ランキング「Hot 100」で第1位を獲得し、1987年、1988年に「キング・オブ・ポップ」マイケル・ジャクソンがアルバム『Bad』より樹立した洋楽史上の記録に並んだケイティ・ペリー(Katy Perry)が、「米ビルボード・ミュージック・アワード2012」特別賞にあたる「スポットライト賞」を受賞しました(※同6thシングル曲「The One That Got Away」は惜しくも最高位第3位。「Hot100」史上初の記録樹立とはなりらなかったようです。後にリリースした同アルバムデラックス盤となるアルバムのリードシングル曲「Part of Me」で第1位を獲得したものの、その記録は「同一アルバム」ではないため計上されませんでした)。

Idolator.com

また昨年米ビルボード誌2011年の「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」(the Billboard “Woman of the Year” Award)を史上最年少で受賞したテイラー・スウィフト(Taylor Swift)がビルボード史を飾る特別賞「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、「米ビルボード・ミュージック・アワード2012」でもアデルと共にまさに今のミュージック・シーンを牽引する音楽界の二大歌姫の存在感をみせる快挙となったようです。

»「0:44」〜:テイラー・スウィフト「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」ドキュメンタリー映像。
»「4:00」〜:テイラー・スウィフト受賞スピーチ

ブレイク・シェルトンも真似る「受賞ショック・フェイス」は今回はやや控えめとなったものの、22歳のカントリー・プリンセスは「初めてビルボード・チャートで自分の曲を目にしたのは、私が16歳の時。後部座席でホームスクーリングの勉強をしながら、レンタカーに乗って1日に3、4つのラジオ局をまわっている時のことでした。」とその受賞スピーチで感慨深く振り返り、「あの頃が永遠の昔のことのように思えるわ。本当にたくさんの方々ありがとう。でも特に、私の家族のみんな、そしてこの場に立たせてくれた皆さん、そしてファンのみんな、本当にありがとう。心から愛しているわ!謙虚に受賞を受け止め、心から光栄に思っています。」と述べ、母親、そしてファンらの胸を打つ感動的なスピーチでその喜びと感謝の気持ちを伝えました(»動画)。

また今年2月に48歳という若さで急逝した今世紀最高峰の歌姫ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)に「ミレニアム賞」の特別賞が捧げられ、そして「米ビルボード・ミュージック・アワード」最高栄誉で「100年に1人」の存在に贈られる「アイコン賞」(Icon Award)を、「米ビルボード・ミュージック・アワード2012」パフォーマンスのトリを飾ったスティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)が受賞を果たしました。

YouTubeセンセーションから世界のスーパースターのスターダムに一気に駆け上ったジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の「ソーシャル・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を皮切りとして贈られたその他の数々の受賞は以下の通りです。

「米ビルボード・ミュージック・アワード2012」受賞フルリスト
The 2012 Billboard Music Awards: The Full List Of Winners

「トップ・アーティスト賞」TOP ARTIST: アデル
「トップ・女性アーティスト賞」TOP FEMALE ARTIST: アデル
「トップ・ドュオorグループ賞」TOP DUO OR GROUP: LMFAO
「トップ・男性アーティスト賞」TOP MALE ARTIST: リル・ウェイン(Lil Wayne)
「トップ・新人賞」TOP NEW ARTIST: ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)
「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」WOMAN OF THE YEAR: テイラー・スウィフト
「トップ・HOT 100アーティスト賞」TOP HOT 100 ARTIST: アデル
「HOT 100オブ・ザ・イヤー」HOT 100 SONG OF THE YEAR: LMFAO「Party Rock Anthem」
「トップ・ビルボード200アーティスト賞」TOP BILLBOARD 200 ARTIST: アデル
「トップ・ビルボード200アルバム賞」TOP BILLBOARD 200 ALBUM: アデル『21』
「トップ・デジタルソング・アーティスト賞」TOP DIGITAL SONGS ARTIST: アデル
「ソーシャル・アーティスト賞」SOCIAL ARTIST: ジャスティン・ビーバー
「スポットライト賞」SPOTLIGHT AWARD: ケイティ・ペリー

「トップ・ストリーミング・アーティスト賞」TOP STREAMING ARTIST: リアーナ(Rihanna)
「トップ・ストリーミング・ソング(ビデオ)賞」TOP STREAMING SONG (VIDEO): ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)『Super Bass』
「トップ・ストリーミング・ソング(オーディオ)賞」TOP STREAMING SONG (AUDIO): アデル「Rolling In The Deep」

「トップ・デジタル・メディア・アーティスト賞」TOP DIGITAL MEDIA ARTIST: アデル
「トップ・デジタルソング賞」TOP DIGITAL SONG: LMFAO「Party Rock Anthem」
「トップ・ラジオソング・アーティスト賞」TOP RADIO SONGS ARTIST: アデル
「トップ・ラジオソング賞」TOP RADIO SONG: ピットブル(Pitbull)「Give Me Everything」

「R&Bアーティスト・オブ・ザ・イヤー」R&B ARTIST OF THE YEAR: クリス・ブラウン(Chris Brown)
「トップ・R&Bソング賞」TOP R&B SONG: ケリー・ローランド(Kelly Rowland)feat. リル・ウェイン「Motivation」
「トップ・R&Bアルバム賞」TOP R&B ALBUM: ビヨンセ(Beyonce)『4』

「トップ・ポップ・アーティスト賞」TOP POP ARTIST: アデル
「トップ・ポップ・アルバム賞」TOP POP ALBUM: アデル『21』
「トップ・ポップ・ソング賞」TOP POP SONG: LMFAO「Party Rock Anthem」

「トップ・ラップ・アーティスト賞」TOP RAP ARTIST: リル・ウェイン
「トップ・ラップ・ソング賞」TOP RAP SONG: LMFAO「Party Rock Anthem」
「トップ・ラップ・アルバム賞」TOP RAP ALBUM: リル・ウェイン『Tha Carter IV』

「トップ・カントリー・アーティスト賞」TOP COUNTRY ARTIST: レディ・アンテベラム(Lady Antebellum)
「トップ・カントリー・アルバム賞」TOP COUNTRY ALBUM: ジェイソン・アルディーン
(Jason Aldean)『 My Kinda Party』

「トップ・カントリー・ソング賞」TOP COUNTRY SONG:ジェイソン・アルディーン「Dirt Road Anthem」

「トップ・ロック・アーティスト賞」TOP ROCK ARTIST: コールドプレイ(Coldplay)
「トップ・ロック・ソング賞」TOP ROCK SONG: フォスター・ザ・ピープル(Foster The People)「Pumped Up Kicks」
「トップ・ロック・アルバム賞」TOP ROCK ALBUM: コールドプレイ『Mylo Xyloto』

「トップ・オルタナティヴ・アーティスト賞」TOP ALTERNATIVE ARTIST: コールドプレイ
「トップ・オルタナティヴ・ソング賞」TOP ALTERNATIVE SONG: アデル「Rolling In The Deep」
「トップ・オルタナティヴ・アルバム賞」TOP ALTERNATIVE ALBUM: コールドプレイ『Mylo Xyloto』

「トップ・ラテン・アーティスト賞」TOP LATIN ARTIST: シャキーラ(Shakira)
「トップ・ラテン・ソング賞」TOP LATIN SONG: ドン・オマール(Don Omar)& ルセンゾ(Lucenzo)「Danza Kuduro」
「トップ・ラテン・アルバム賞」TOP LATIN ALBUM: ロメオ・サントス(Romeo Santos)『Formula: Vol. 1』

「トップ・ダンス・アーティスト賞」TOP DANCE ARTIST: レディー・ガガ(Lady Gaga)
「トップ・ダンス・ソング賞」TOP DANCE SONG: LMFAO「Party Rock Anthem」
「トップ・ダンス・アルバム賞」TOP DANCE ALBUM: レディー・ガガ『Born This Way』

「トップ・ツアー賞」TOP TOURING ACT: U2

「トップ・クリスチャン・アーティスト賞」TOP CHRISTIAN ARTIST: キャスティング・クラウンズ(Casting Crowns)
「トップ・クリスチャン・ソング賞」TOP CHRISTIAN SONG: ローラ・ストーリー(Laura Story)「Blessings」
「トップ・クリスチャン・アルバム賞」TOP CHRISTIAN ALBUM: キャスティング・クラウンズ『Come To The Well』

「ビルボード・アイコン・アワード」BILLBOARD ICON AWARD: スティーヴィー・ワンダー
「ミレニアム・アワード」MILLENNIUM AWARD: ホイットニー・ヒューストン (accepted by Bobbi Kristina Brown)
「バトル・オブ・ザ・バンド賞」BATTLE OF THE BANDS: パテント・ペンディング(Patent Pending)

「米ビルボード・ミュージック・アワード2012」ライブ・パフォーマンス
2012 Billboard Music Awards – Performance

「米ビルボード・ミュージック・アワード2012」(The 2012 Billboard Music Awards)米公式サイト

米高視聴率人気ドラマ『モダン・ファミリー』のスタータイ・バレル(Ty Burrell)とジュリー・ボーエン(Julie Bowen)を司会に迎え、米ABCチャンネルで午後8時より完全生中継で全米で放送された米音楽界最大級の祭典「米ビルボード・ミュージック・アワード2012」の魅力は、レッド・カーペットでの美の饗宴はもとより、豪華アーティストによるパフォーマンスがあることは欠かせません。

今回同授賞式ではケイティ・ペリー(Katy Perry)、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)、キャリー・アンダーウッド(Carrie Underwood)、LMFAOケリー・クラークソン(Kelly Clarkson)、アッシャー(Usher)、ザ・ウォンテッド(The Wanted)、リンキン・パーク(Linkin Park)、ネリー・ファータド(Nelly Furtado)らによっておよそ16の豪華ライブ・パフォーマンスが披露され、観客を熱狂に包み込みました。

一方、先週急逝したドナ・サマー(Donna Summer)、今年2月に亡くなったホイットニー・ヒューストン、今月4日に急逝したアダム・ヨーク(Adam Yauch)への深い追悼の意がこめられた同授賞式では、そのトリビュートが捧げられ、ホイットニー・ヒューストン最後の映画『Sparkle』で共演したジョーダン・スパークス(Jordin Sparks)が情感溢れる歌声で「I Will Always Love You」を捧げると、ホイットニー・ヒューストンの一人娘ボビ・クリスティーナ・ブラウンの涙を誘い、全米の胸を打つトリビュートとなりました。

LMFAO「Party Rock Anthem」「Sorry for Party Rocking」「Sexy and I Know It」
LMFAO — “Party Rock Anthem” / “Sorry for Party Rocking” / “Sexy and I Know It”
ケリー・クラークソン「Dark Side」
Kelly Clarkson — “Dark Side”
ザ・ウォンテッド「Chasing the Sun」「Glad You Came」
The Wanted — “Chasing the Sun” / “Glad You Came”
クリス・ブラウン「Turn Up the Music」
Chris Brown — “Turn Up the Music”
ナターシャ・ベディングフィールド 「Last Dance」〜ドナ・サマーへのトリビュート
Natasha Bedingfield — “Last Dance” (Donna Summer tribute)
アッシャー「Scream」
Usher — “Scream”
ジャスティン・ビーバー「ボーイフレンド」
Justin Bieber — “Boyfriend”
カーリー・レイ・ジェプセン「Call Me Maybe」
Carly Rae Jepsen — “Call Me Maybe”
キャリー・アンダーウッド「Blown Away」
Carrie Underwood — “Blown Away”
リンキン・パーク「Burn It Down」
Linkin Park — “Burn It Down”
ケイティ・ペリー最新曲「Wide Awake」(※同授賞式で発表)
Katy Perry — “Wide Awake”
ジョン・レジェンド&ジョーダン・スパークス「The Greatest Love of All」「I Will Always Love You」〜ホイットニー・ヒューストンへのトリビュート
John Legend and Jordin Sparks — “The Greatest Love of All” / “I Will Always Love You” (Whitney Houston tribute)
グッディ・モブ&シーロー・グリーン「Fight to Win」「(You Gotta) Fight for Your Right (To Party!)」
Goodie Mob & Cee Lo Green — “Fight to Win” / “(You Gotta) Fight for Your Right (To Party!)”
パテント・ペンディング「Dance Till We Die」
Patent Pending — “Dance Till We Die”
ネリー・ファータド「Big Hoops (Bigger the Better)」
Nelly Furtado — “Big Hoops (Bigger the Better)”
スティーヴィー・ワンダー&アリシア・キーズ「Higher Ground」「Overjoyed」「Empire State of Mind」「Join Our Love」「Superstition」
Stevie Wonder and Alicia Keys — “Higher Ground” / “Overjoyed” / “Empire State of Mind” / “Join Our Love” / “Superstition” (special appearance)
「米ビルボード・ミュージック・アワード2012」写真(レッド・カーペット他)
2012 Billboard Music Awards – Pctures

米ビルボード・ミュージック・アワード2012公式サイト・フォトギャラリー

レッド・カーペット写真 on Mail Online

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー