テイラー・スウィフト、フォーブス誌世界セレブ最高収入番付(30歳未満)で第1位、洋楽スターがトップ6独占


150 150 VOICE Editor
Amazon 5日間のBig Sales
11/27[金]9:00 ─ 12/1[火]23:59
第1弾ブラックフライデー開催中

テイラー・スウィフト(Taylor Swift)米公式サイト

今週米国時間12日(木)、世界経済誌『フォーブス』(Forbes)が毎年発表している「The Highest-Paid Celebrities Under 30」トップ10が発表され、22歳米カントリー・シンガーソングライター、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)が、親友セレーナ・ゴメス(Selena Gomez)の”ボーイフレンド”、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)を第2位に抑えて、第1位を獲得しました。

(記事)”Women Dominate Our List Of The Highest-Paid Celebrities Under 30” on Forbes

ミュージック界、映画・ドラマ界、スポーツ界等エンターテイメント界の世界のセレブリティ対象に、税金やマネージャー、エージェント・フィー等の諸経費を控除しない収入の最高額を決するセレブ番付「The Highest-Paid Celebrities Under 30」(Top 10)は、2011年5月から2012年5月までのアルバム売り上げ、コンサート・ライブによる収入や、映画収入等を基に経済誌『フォーブス』誌が独自に集計。

(記事)”Highest-Paid Stars Under 30 ” on Forbes

昨年4,500万ドル(約36億0000万円)で第5位のテイラー・スウィフトが、2011年5月から2012年5月までの間に5,700万ドル(約45億6000万円)の収入を記録し、堂々の第1位に。これまでリリースしたアルバム、デビュー・アルバム『Taylor Swift』、2ndアルバム『Fearless』、3rdアルバム『Speak Now』は全て4度以上のプラチナ・セールス記録を達成し、全てのアルバムが少なくとも400万枚を超えるセールスとなっていることが報じられています。

またワールド・ツアー『Speak Now World Tour』(※『スピーク・ナウ・ワールド・ツアー・ライヴ(+DVD)』)が1公演につき平均100万ドル(約8000万円)の売り上げを記録。

CoverGirl米公式サイト

5,700万ドル(約45億6000万円)の内訳では、アルバム等の印税、ツアー収入のほか、今週11日にそのフォトシュートのビハインド・ザ・シーン動画が公開され、ブロンドから新しいブルネット・スタイルでファッション/コスメ界でも話題を呼んでいるテイラー・スウィフトが広告塔を務めるコスメ・ブランド「カバーガール」(CoverGirl)での収入も評価されています。

「Taylor Swift Darkens Her Locks for New CoverGirl Campaign」on PopCrush

30歳未満世界セレブで最高収入を記録する一方で、カントリー・ミュージック殿堂博物館(Country Music Hall of Fame and Museum)に400万ドル(約3億2000万円)を寄付するなど慈善活動にも献身的なテイラー・スウィフトは、先月『フォーブス』誌が発表した世界で最も影響力のあるエンターテイナー番付「The World’s Most Powerful Celebrities」においても第11位のランクインを果たしています。

(記事)”Forbes Celebrity 100: The World’s Most Powerful Musicians” on Forbes

「The Highest-Paid Celebrities Under 30」第2位は、5,500万ドル(約44億0000万円)により、昨年に引き続きカナダの18歳ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)、第3位は、昨年11位の24歳リアーナ(Rihanna)がランクイン。

昨年9,000万ドル(約72億円)で断トツの第1位だったレディー・ガガ(Lady Gaga)は、5,200万ドル(約41億6000万円)で第4位に後退。

一方、昨年トップ20にランクインしていなかった2012年グラミー賞主要3部門独占最多6部門受賞英国24歳歌姫アデル(Adele)は米ビルボード史総合歴代第6位、女性アーティストとしては歴代第1位の記録を樹立しているアルバム『21』の売り上げを含め、2011年5月から2012年5月までの間に3,500万ドル(約28億円)の収入を記録し、第6位にランクイン

全米屈指の人気を誇る映画『トワイライト』シリーズ人気米22歳女優クリステン・スチュワート(Kristen Stewart )が3,450万ドル(約27億6000万円)で第7位に、そして同じく映画『トワイライト』シリーズ米20歳人気俳優テイラー・ロートナー(Taylor Lautner)2,650万ドル(約21億2000万円)で第9位、英26歳俳優ロバート・パティンソン(Robert Pattinson)が2,650万ドル(約21億2000万円)で第10位にランクインしています。

(記事)”Taylor Swift Beats Justin Bieber On Forbes ‘Highest-Paid Under 30’ List” on The Hollywood Reporter

他の長者番付で数多くフィーチャーされていることもあり、今年の「The Highest-Paid Celebrities Under 30」トップ10では、スポーツ界からのランクインはなかったものの(»英文記事)、映画・ドラマ界vs音楽界では、トップ10のうち7人が音楽界のスターが占める結果に。

またトップ6を洋楽界の女性スター(…ジャスティン・ビーバーを除く)が独占するなど、まさに今の洋楽界の傾向を顕在化する形となっている点は注目すべき点の一つといえるかもしれません。

The Highest-Paid Celebrities Under 30
1. Taylor Swift (22), $57 million(約45億6000万円)
2. Justin Bieber (18), $55 million(約44億0000万円)
3. Rihanna (24), $53 million(約42億4000万円)
4. Lady Gaga (26), $52 million(約41億6000万円)
5. Katy Perry (27), $45 million(約36億円)
6. Adele (24), $35 million(約28億円)
7. Kristen Stewart (22), $34.5 million(約27億6000万円)
8. Lil Wayne (29), $27 million(約21億6000万円)
9. Taylor Lautner (20), $26.5 million(約21億2000万円)
10. Robert Pattinson (26), $26.5(約21億2000万円)

B.o.Bとのコラボレーション最新シングル曲「Both of Us」で社会に熱いメッセージを送る一方、最新4thアルバムが最終段階に入っているというテイラー・スウィフト、ジャスティン・ビーバーとのコラボレーション・ソングは、ジャスティン・ビーバー最新アルバム『ビリーヴ』のテーマ性から収録されることはなかったことが報じられていますが(»英文記事)、テイラー・スウィフトの最新アルバムでは、多岐にわたるミュージック界のライターと共同作詞作曲した楽曲が収録される他、エド・シーラン(Ed Sheeran)、フォスター・ザ・ピープル(Foster the People)のマーク・フォスター(Mark Foster)らとのコラボレーションが一部報じられています。

最新アルバム収録曲(予定)は「悲しい曲」になると昨年10月の米週刊誌『The New Yorker』インタビューで明かされ(»英文記事)、表紙を飾った世界的ファッション誌『Vogue』2012年2月号では、「深いハートブレイク」を表現したアルバムになると今年1月の時点で明かされていますが、果たして最終的にはどんな仕上がりをみせているのか、待望の4thアルバムに世界からその注目が集まります。

In Detroit, Swift seemed somewhat melancholy. Once in a while, I had the feeling that she was on the verge of bursting into tears. She said that she had recently decided that life is “about achieving contentment. . . . You’re not always going to be ridiculously happy.” She had written about ten songs so far for her next album. Asked to characterize them, she said, “They’re sad? If I’m being honest.” The most recent one, she said, “is about moving on.”

(引用)米週刊誌『The New Yorker』記事「You Belong With Me / How Taylor Swift made teen angst into a business empire.」より

There’s just been this earth-shattering, not recent, but absolute crash-and-burn heartbreak, and that will turn out to be what the next album is about.
(引用)米ファッション誌『Vogue』記事「Taylor Swift: The Single Life」より

※日本円は1ドル80円の参考概算値によります。

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー