ショーン・メンデス×カミラ・カベロ「Señorita」全米初登場第2位 、Spotify & YouTube世界チャート首位


2134 1200 VOICE Editor

先月21日にリリースされたショーン・メンデス(Shawn Mendes)カミラ・カベロ(Camila Cabello)による新曲「Señorita」(セニョリータ)が今週発表の全米ビルボード総合ソング・チャート「Hot 100」で初登場第2位を記録(Billboard、※2019年7月6日付)。ショーン・メンデスとしては前シングル「If I Can’t Have You」(※2019年5月18日付)に続いて2曲連続で自身最高位となる全米第2位で、自身5曲目の「Hot 100」トップ10入り。カミラ・カベロとしてはソロでは、第4位「Bad Things」、第1位「Havana」、第6位「Never Be the Same」に続き自身4曲目のトップ10入りを果たしました。

「Hot 100」最高第20位の「I Know What You Did Last Summer」(2015年11月)からおよそ3年半ぶり、ショーン・メンデスとカミラ・カベロが再びタッグを組んだ今年夏の話題曲「Señorita」は、ニールセン・ミュージックによると集計締め切り6月27日までに米国内ストリーミング4670万回、50,000ダウンロードを記録し、今週の全米ビルボード「ストリーミング・ソングス」部門、「デジタル・ソング・セールス」部門共に第2位を記録。友達を超えぬはずの二人を惹き寄せる抗えない男女の熱情と非運命的愛を描くミッドテンポの官能的な「Señorita」のミュージック・ビデオは、ロサンゼルスをロケ地に「Havana」の映像監督デイブ・マイヤーズ(Dave Meyers)が監督を務め製作。マイアミを舞台にカミラ・カベロ演じるウエイトレスとショーン・メンデス演じる青年のある夏の夜を映し出します。

“Señorita” Produced by Cashmere Cat, ​benny blanco & ​watt / Written By Cashmere Cat, Jack Patterson, Charli XCX, ​benny blanco, ​watt, Ali Tamposi, Camila Cabello & Shawn Mendes

(カミラ・カベロ)「あなたが私を”お嬢さん”って言う感じ、すごくいいわ/あなたを欲しくないふりができたらよかったのに/でもあなたが私に触れる度にooh-la-la-la/偽れない、la-la-la/Ooh、今すぐ離れるべきなのに/Ooh、あなたは私を引き寄せ続ける」(ショーン・メンデス)「マイアミに着く/夏雨で蒸し暑く/汗が滴る/彼女の名を知る前ですら/感じていた、まるでooh-la-la-la、yeah、no/サファイアの月光/僕たちは砂浜で何時間も踊る/テキーラ・サンライズ/彼女の体は僕の両手に馴染む/ooh-la-la-la、そんなふうに、yeah」

(コーラス)「あなたが私を”お嬢さん”って言う感じ、すごく好き/あなたを欲しくないふりができたらよかったのに/でもあなたが私に触れる度にooh-la-la-la/偽れない、la-la-la/Ooh、今すぐ離れるべきなのに/”お嬢さん”って呼ばれるの好きだって、あなたは知ってる/あなたから離れるのがこんなにも辛くなければよかったのに/でもあなたが私に触れる度にooh-la-la-la/偽れない、la-la-la/Ooh、今すぐ離れるべきなのに/Ooh、あなたは私を引き寄せ続ける」

ノスタルジックなスクリーンにラテンの香りを漂わせ、ロマンスが揺れ動くダンス・シーンからホテルでの汗ばむ濃密なシーンを描く「Señorita」のミュージック・ビデオは、YouTubeで6月21日から27日までの集計期間に動画再生回数1億回を突破し1億600万回を記録、初週でYouTube世界ミュージック・ビデオ・チャート初登場第1位を記録。また「Señorita」はグローバルのSpotify24時間(single-day)最多ストリーミング記録で歴代第7位となり、男女デュエット曲としては歴代第1位を記録。また最新のSpotifyグローバル・チャートでは3780万回で第2位となったエド・シーラン(Ed Sheeran)とジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の「I Don’t Care」(記事)を大きく上回り、6300万回を超えた「Señorita」が初登場首位を記録しました(※2019年6月27日付)。

今週の全米ビルボード「Hot 100」で首位となったのは、「If I Can’t Have You」を第2位に抑えていたLil Nas X(リル・ナズ・X)ビリー・レイ・サイラス(Billy Ray Cyrus)による「Old Town Road」記事)。同曲は今週「ストリーミング・ソングス」、「デジタル・ソング・セールス」でいずれも首位を記録し、「Señorita」を「Hot 100」、「ストリーミング・ソングス」、「デジタル・ソング・セールス」でいずれも第2位に抑えました。

今年最大のヒットとなっている「Old Town Road」は「Hot 100」13週連続首位に伸ばし、ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)とチャーリー・プース(Charlie Puth)の「See You Again」(2015年)、エミネム(Eminem)「Lose Yourself」(2002、2003年)の12週首位記録を破り、「Old Town Road」をヒップホップ・ソングとするBillboardは「”Old Town Road”がヒップホップの歴代最長首位記録を塗り替えた」と発表。ジャンルを取り払うと、16週首位のルイス・フォンスィ(Luis Fonsi)、ダディー・ヤンキー(Daddy Yankee)、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)による「Despacito」(デスパシート)が現在歴代最多首位記録を保持しており、「Old Town Road」が新たな歴史を作るか注目を集めます。なお今週の「Hot 100」トップ10は以下の通りです。

 

今週の「Hot 100」トップ10
第1位 Lil Nas X「Old Town Road」ft. ビリー・レイ・サイラス/Billy Ray Cyrus
第2位 ショーン・メンデス/Shawn Mendes & カミラ・カベロ/Camila Cabello「Señorita」〈初〉
第3位 ビリー・アイリッシュ/Billie Eilish「Bad Guy」
第4位 カリード/Khalid「Talk」
第5位 エド・シーラン/Ed Sheehan, ジャスティン・ビーバー/Justin Bieber「I Don’t Care」
第6位 ジョナス・ブラザーズ/Jonas Brothers「Sucker」
第7位 DaBaby「Suge」
第8位 レイク/Drake「Money in the Grave」ft. リック・ロス/Rick Ross
第9位 クリス・ブラウン/Chris Brown「No Guidance」ft. ドレイク/Drake
第10位 ポスト・マローン/「Wow.」
※2019年7月6日付

今週の「Billboard 200」トップ10
第1位 ザ・ラカンターズ/The Raconteurs『Help Us Stranger』〈初〉
第2位 Lil Nas X『7(EP)』〈初〉
第3位 ビリー・アイリッシュ/Billie Eilish『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』
第4位 ジョナス・ブラザーズ/Jonas Brothers『Happiness Begins』
第5位 カリード/Khalid『Free Spirit』
第6位 リゾ/Lizzo『Cuz I Love You』
第7位 グッチ・メイン/Gucci Mane『Delusions Of Grandeur』
第8位 DaBaby『Baby On Baby』
第9位 アリアナ・グランデ/Ariana Grand『Thank U, Next』
第10位 Polo G『Die A Legend』
※2019年7月6日付、Billboard

 

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー