テイラー・スウィフト新曲「You Need to Calm Down」全米初登場第2位


2400 1350 VOICE Editor
ニューアルバム『Lover』2019年8月23日リリース

プライド月間(Pride Month)真っ只中今月14日にリリースされたテイラー・スウィフト(Taylor Swift)新曲「You Need to Calm Down」ダウンロード版)が今週発表の全米ビルボード総合ソング・チャート「Hot 100」で初登場第2位を記録(Billboard、※2019年6月29日付)。前シングル「Me!」(記事)に続いて、現在全米を席巻しているLil Nas X(リル・ナズ・X)とビリー・レイ・サイラス(Billy Ray Cyrus)のバイラル・ヒット「Old Town Road」がその首位を阻み、「Old Town Road」(記事)は現在12週連続首位に更新しています。テイラー・スウィフトとしては2曲連続での全米第2位で、BIllboardによると24曲目の「Hot 100」トップ10入りを達成。

LGBTQアンセムとの声もあがるブライトなシンセ・ポップ「You Need to Calm Down」は、カラフルなパステル・カラーを基調に再来月8月23日にリリースされるテイラー・スウィフト通算7枚目スタジオ・アルバム『Lover』からのセカンド・シングル。初週79,000ダウンロードを記録し「You Need to Calm Down」は今週「デジタル・ソング・セールス」部門で第1位、ストリーミング再生回数は3900万回で「ストリーミング・ソングス」部門第3位となりました(※2019年6月29日付)。

(バース1)「あなたは私の知らない人/でもあなたはまるでパトロンのように私にモノを言う/そして私はこうよ、”朝の7時なのに”って/道端でそんなこと言ったら、ノックアウトものよ/でもあなたはそうツイートする、それって卑怯/そして私はこんなふうに、”あなた大丈夫?”って」(プリ・コーラス)「あなたの自己表現とやり合うつもりはない/でも私は学んできたわ、ストレスと他人への執着は/楽しいものじゃない/蛇も石も、私の骨を砕けやしなかったわ」(コーラス)「だから、oh-oh、oh-oh、oh-oh、oh-oh/落ち着いて、うるさすぎるわ/私はこんなふうに、oh-oh、oh-oh、oh-oh、oh-oh/本当にやめて、私のガウン踏みつけないでくれる?って/冷静になって」

インクルーシブをテーマにユーモアと色彩溢れるジョイフルな映像でLGBTQの権利平等を訴える「You Need to Calm Down」のミュージック・ビデオには、LGBTQコミュニティからアイコン/有名人が多数集まり、名司会者エレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)、ドラァグクイーンのルポール(RuPaul)アダム・ランバート(Adam Lambert)ヘイリー・キヨコ(Hayley Kiyoko)、ドラマ『モダン・ファミリー』のジェシー・タイラー・ファーガソン(Jesse Tyler Ferguson)らがカメオ出演。

またケイティ・ペリー(Katy Perry)シアラ(Ciara)、映画『デッドプール』シリーズのライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)など豪華スターが集結。ETの情報筋によると、それぞれのスターらにテイラー・スウィフト自身が個人的に連絡し、LGBTQ権利平等実現のために同プロジェクトへの参加を呼びかけ、それに賛同したセレブらが集まったといいます。

「You Need to Calm Down」についてテイラー・スウィフトはBeats 1で「私たちの社会には、多くの努力とエネルギーをネガティブなことに費やす多くの様々な人々がいて、この曲はそうした人々を私がどう見てきたかについて歌っているわ。私にこう感じさせる、”冷静になって、ストレスをため込んじゃってるわ”って」。

この投稿をInstagramで見る

I’m writing this post about the upcoming midterm elections on November 6th, in which I’ll be voting in the state of Tennessee. In the past I’ve been reluctant to publicly voice my political opinions, but due to several events in my life and in the world in the past two years, I feel very differently about that now. I always have and always will cast my vote based on which candidate will protect and fight for the human rights I believe we all deserve in this country. I believe in the fight for LGBTQ rights, and that any form of discrimination based on sexual orientation or gender is WRONG. I believe that the systemic racism we still see in this country towards people of color is terrifying, sickening and prevalent. I cannot vote for someone who will not be willing to fight for dignity for ALL Americans, no matter their skin color, gender or who they love. Running for Senate in the state of Tennessee is a woman named Marsha Blackburn. As much as I have in the past and would like to continue voting for women in office, I cannot support Marsha Blackburn. Her voting record in Congress appalls and terrifies me. She voted against equal pay for women. She voted against the Reauthorization of the Violence Against Women Act, which attempts to protect women from domestic violence, stalking, and date rape. She believes businesses have a right to refuse service to gay couples. She also believes they should not have the right to marry. These are not MY Tennessee values. I will be voting for Phil Bredesen for Senate and Jim Cooper for House of Representatives. Please, please educate yourself on the candidates running in your state and vote based on who most closely represents your values. For a lot of us, we may never find a candidate or party with whom we agree 100% on every issue, but we have to vote anyway. So many intelligent, thoughtful, self-possessed people have turned 18 in the past two years and now have the right and privilege to make their vote count. But first you need to register, which is quick and easy to do. October 9th is the LAST DAY to register to vote in the state of TN. Go to vote.org and you can find all the info. Happy Voting! 🗳😃🌈

Taylor Swiftさん(@taylorswift)がシェアした投稿 –

2018年10月にテイラー・スウィフトは初めて政治的沈黙を破り、自身のSNSでテネシー州の共和党女性候補者(Marsha Blackburn)を批判、民主党候補者(Phil BredesenとJim Cooper)への支持を初めて表明。「私はこれまで、そしてこれからも、この国で私たちが等しく有すると信じる人権を守り、そのために闘う候補者に投票するわ」とテイラー・スウィフト。その投稿で彼女は「You Need to Calm Down」に繋がる政治的主張をしており、「私はLGBTQの権利のために闘うことを信じている。性的指向、ジェンダーに基づくいかなる差別も絶対間違ってるわ」、「肌の色、ジェンダー、誰を愛するかに関わらず、アメリカ国民全員の尊厳のために闘おうとしない人には投票なんかできないわ」。


「You Need to Calm Down」の歌詞で今回初めてその政治的メッセージを入れ、「一旦落ち着いて、それから平穏を取り戻す努力をして/そして自分が嫌いな全ての人に叫ぼうとする衝動を抑えて/イジワルなこと言っても、ゲイでなくなるわけじゃないわ」。先月17日、LGBTQの人々を差別から法的に保護するため、雇用、住まい、宿泊、教育、連邦政府による助成などの分野で、性的指向と性自認に基づく差別禁止を明文化した連邦法案「Equality Act」(平等法案)がアメリカ合衆国下院を通過。それを受けてテイラー・スウィフトは先月31日、その意思を明らかにし「次のステップは平等法案が上院を通過することだわ。私は上院議員の一人に手紙を書くことからプライド月間を始めると決めたわ、どれほど強くその平等法案の可決を望んでいるか説明するものだわ」(SNS)、「みなさんもそれぞれの上院議員に手紙を書くことを強く勧めるわ」、「国家レベルで私たちの法律が真に私たち国民の権利を保障することを求めることで、私たちのプライドを示しましょう」。

この投稿をInstagramで見る

🌈HAPPY PRIDE MONTH!!!🌈 While we have so much to celebrate, we also have a great distance to go before everyone in this country is truly treated equally. In excellent recent news, the House has passed the Equality Act, which would protect LGBTQ people from discrimination in their places of work, homes, schools, and other public accommodations. The next step is that the bill will go before the Senate. I’ve decided to kick off Pride Month by writing a letter to one of my senators to explain how strongly I feel that the Equality Act should be passed. I urge you to write to your senators too. I’ll be looking for your letters by searching the hashtag #lettertomysenator. While there’s no information yet as to when the Equality Act will go before the Senate for a vote, we do know this: Politicians need votes to stay in office. Votes come from the people. Pressure from massive amounts of people is a major way to push politicians towards positive change. That’s why I’ve created a petition at change.org to urge the Senate to support the Equality Act. Our country’s lack of protection for its own citizens ensures that LGBTQ people must live in fear that their lives could be turned upside down by an employer or landlord who is homophobic or transphobic. The fact that, legally, some people are completely at the mercy of the hatred and bigotry of others is disgusting and unacceptable. Let’s show our pride by demanding that, on a national level, our laws truly treat all of our citizens equally. 🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈🌈 Click the link in my bio to sign the petition for Senate support of the Equality Act.

Taylor Swiftさん(@taylorswift)がシェアした投稿 –

なお「You Need to Calm Down」ミュージック・ビデオに出演したゲスト・スターのリスト、今週の「Hot 100」トップ10は以下の通りです。

シェール(Cher)1996年NBC『Dateline』でのインタビューから。シェールは「男はデザートのようなもの」、「必ずしも必要ではないわ」、「デザートは大好きよ、男は大好き、最高ね。でも生きるためには必要じゃない」、「私の母親はこう言っていたわ、”いつか落ち着いて、お金持ちの男性と結婚しなさいね”と」、「私は母親にこう言ったわ、”ママ、私はお金持ちの男よ”」。

Dexter Mayfield – プラス・サイズ・モデル

Hannah Hart – YouTuber、インターネットセレブ

ラバーン・コックス/Laverne Cox – Netflix『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』女優

Chester Lockhart

トッドリック・ホール/Todrick Hall

ヘイリー・キヨコ/Hayley Kiyoko

左からジェシー・タイラー・ファーガソン/Jesse Tyler Ferguson、シアラ/Ciara、ジャスティン・ミキタ/Justin Mikita

Tan France

アダム・リッポン/Adam Rippon

左からアダム・ランバート/Adam Lambert、エレン・デジェネレス/Ellen DeGeneres

Billy Porter

ルポール/RuPaul

『ル・ポールのドラァグ・レース』のクイーン。左からアリアナ・グランデにTatiana、レディー・ガガにTrinity The Tuck、アデルにDelta Work、カーディ・BにTrinity K. Bonet、テイラー・スウィフトにJade Jolie、ビヨンセにRiley Knoxx、ケイティ・ペリーにAdore Delano、ニッキー・ミナージュにA’Keria

ケイティ・ペリー/Katy Perry

今週の「Hot 100」トップ10
第1位 Lil Nas X「Old Town Road」
第2位 テイラー・スウィフト/Taylor Swift「You Need to Calm Down」〈初〉
第3位 ビリー・アイリッシュ/Billie Eilish「Bad Guy」
第4位 カリード/Khalid「Talk」
第5位 エド・シーラン/Ed Sheeran, ジャスティン・ビーバー/Justin Bieber「I Don’t Care」
第6位 ジョナス・ブラザーズ/Jonas Brothers「Sucker」
第7位 ドレイク/Drake「Money in the Grave」ft. リック・ロス/Rick Ross〈初〉
第8位 ポスト・マローン/「Wow.」
第9位 DaBaby「Suge」
第10位 クリス・ブラウン/Chris Brown「No Guidance」ft. ドレイク/Drake
※2019年6月29日付、Billboard

今週の「Billboard 200」トップ10
第1位 マドンナ/Madonna『Madame X』〈初〉
第2位 ブルース・スプリングスティーン/Bruce Springsteen『Western Stars』〈初〉
第3位 ビリー・アイリッシュ/Billie Eilish『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』
第4位 ジョナス・ブラザーズ/Jonas Brothers『Happiness Begins』
第5位 バスティル/Bastille『Doom Days』〈初〉
第6位 カリード/Khalid『Free Spirit』
第7位 Polo G『Die A Legend』
第8位 DaBaby『Baby On Baby』
第9位 リゾ/Lizzo『Cuz I Love You』
第10位 アリアナ・グランデ/Ariana Grand『Thank U, Next』
※2019年6月29日付、Billboard

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー