エド・シーラン×ジャスティン・ビーバー新曲「I Don’t Care」Spotify 24時間世界最多ストリーミング記録


1600 900 VOICE Editor

エド・シーラン(Ed Sheeran)ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)がコラボした注目のニョー・シングル「I Don’t Care」ダウンロード版)が現地時間5月10日にリリース。エド・シーランの曲としては2017年アルバム『÷』(Divide)以来で、ジャスティン・ビーバーの曲としては2015年アルバム『Purpose』以来およそ3年半ぶり、待望の新曲×豪華コラボでファンらを沸かせました。

ジャスティン・ビーバーの2015年ヒット「Love Yourself」などに続いてエド・シーランとジャスティン・ビーバーがタッグを組んだ「I Don’t Care」はリリース初日Spotifyで世界1097.7万回の再生回数を記録。これまで2018年のクリスマスイブにマライア・キャリー(Mariah Carey)が「All I Want For Christmas Is You」(邦題:恋人たちのクリスマス)で記録した1081.9万回の最多記録(記事)を破り、「I Don’t Care」がSpotify 1日最多ストリーミングの新たな記録を作りました。

イギリスとカナダの二大スターによるこの夏のアップビートなアンチ・パーティ・アンセム「I Don’t Care」の音楽プロデューサーには、強力なヒットメーカー、マックス・マーティン(Max Martin)シェルバック(Shellback)のコンビに加えフレッド・ギブソン(Fred Gibson)。「Love Yourself」、メジャー・レイザー(Major Lazer)2016年ヒット「Cold Water」(feat. Justin Bieber & MØ)に続いてエド・シーランとジャスティン・ビーバーがコー・ライターに入る「I Don’t Care」では、パーティのなかでの疎外感・孤立感を描き、不安症に苛まれながらも全ての葛藤を忘れさせ苦難を乗り越えさせる大切な存在を歌います。

現地時間5月17日ミュージック・ビデオが公開。「I Don’t Care」はリリース第1週でイギリス国内1300万ストリーミング、22,000ダウンロードを記録し、MV公開直後に発表された全英最新シングルチャートで「I Don’t Care」が初登場第1位を記録した(Officialc Charts、※2019年5月23日付)。2019年では「I Don’t Care」はアリアナ・グランデ(Ariana Grande)の「7 Rings」に次ぐ週間記録となっている。

(プリ・コーラス:ジャスティン・ビーバー)「このパーティには馴染めないと思う/みんなは言うべきことが山ほどある、oh、yeah/部屋に入ってきた時、”Sorry”と僕は言ったけど/僕たちはここにいるべきだって今は思う」

(コーラス)「愛する君といると気になんてならないから、yeah/全ての悪いことが消え去る/Yeah、君は僕を違う自分のように感じさせてくれる/君と一緒にいると、僕はどんなに辛い夜も乗り越えられる、yeah/Ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh/君がそばにいてくれる限り、僕は気になんてならないから/君は僕をどこへでも連れ出し/誰かに愛されているような気持ちにさせてくれる/君と一緒にいると、僕はどんなに辛い夜も乗り越えられる、yeah/Ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh」

エド・シーランとジャスティン・ビーバーはそれぞれ新婚。エド・シーラン(28歳)は2018年1月に婚約を発表(記事)した幼馴染のチェリー・シーボーン(Cherry Seaborn、27歳)と2018年クリスマス数日前に結婚式を挙げ、その2ヶ月後に報道され明らかになりました(The Sun)。一方ジャスティン・ビーバー(25歳)は2018年7月に婚約を発表(記事)したモデルのヘイリー・ボールドウィン(Hailey Baldwin、22歳)と2018年9月に婚姻届を提出、当時公にされていなかったため後の報道で明らかになりました。二人の結婚式は現在延期となっています。その理由について一部報道(People)によるとジャスティン・ビーバーが抱えている精神障害の治療も指摘されています。

(バース2:ジャスティン・ビーバー)「僕たちはパーティにいる、いたくない場所/話をしようにも、君の声が聞き取れない/君の唇を読む、キスで返したいくらい/そこら中にいるすべての人々に/僕は不安症で苛む/しかし僕は言われた、ここにいなきゃいけないと」

スターとして青春時代を過ごし名声のなかで蝕まれていった心の治療のため、今年2月にはうつ病のカウンセリングを受けていることが報じられ(People)、現在「深く根付いた問題」(SNS)と闘っているというジャスティン・ビーバー。今年2月、Vogueでのインタビューでジャスティン・ビーバーはツアー中に深刻なうつ状態に陥ったことを告白。先月自身のInstagram Storyで人生で今「最大の挑戦の時期」だという25歳は、「日に日に良くなっている…元気になってきているよ…、僕は決して闘うことを諦めたりしない」。今月には自身のSNSで「僕は自分自身の真実について信じていなかった。僕は自分が愛されていると信じていなかった。僕は自分が許されると信じていなかった。それは僕にとって理解が困難なもの。僕は恥ずかしさに顔を伏せ、僕を裏切ってきた人々への悲しみにもがいている」。

しかし「神は僕に自由を与え、神の御心を知ろうする探求は決して終わりがない」とジャスティン・ビーバー、”パーティ”の世の中から信仰にその平穏を見出し「希望、それは神の中に」、「君がどんな人であれ、神は君をありのまま受け入れる!!神は君を愛し、赦し、腕の中に君を歓迎する」。「勝利の闘いを諦めないで…、君が愛するもの、愛する人のために闘って。決して恐怖や不安症を勝たせてはいけない。神が与えるスピリットは恐怖ではなく、愛の力と健全な心なんだ」。

現在二人はそれぞれ「I Don’t Care」ミュージック・ビデオの予告編を公開。グリーン・スクリーンを背景に日本など世界の様子が映し出され、エド・シーランはパンダ、ジャスティン・ビーバーはクマの着ぐるみで登場。先月リリースのチャリティー・シングル「Earth」ではジャスティン・ビーバーがヒヒ、エド・シーランがコアラとなり30を超えるスターらと共にコラボし話題となりました(記事)。

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽の新着・更新情報をお届け