ジャスティン・ビーバー、ヘイリー・ボールドウィンとの婚約発表に一途な想い


2156 1213 laurus

ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber、24歳)が、先週土曜日(現地時間7月7日)に米アリゾナ州出身のモデル、ヘイリー・ボールドウィン(Hailey Baldwin、21歳)と婚約したことを自身のインスタグラムで本日発表しました(現地時間7月9日)。

婚約報道が駆け巡るなか「もう少し待つつもりだったが」とジャスティン・ビーバーは、「ヘイリー、僕は君の全てを心から愛している!だから自分の人生をかけて、あらゆる君の部分を一つ残らず知り、ひたむきに、心から君を愛すると誓う」。

僕たちの全てのこと、全ての決断を聖霊を通じ神の導きに委ね、信義と誠実をもって僕たちの家族を率いていくと約束する」。「僕のハートは、完全に君だけのもの、そしてこれからずっと、誰よりも君を大切にしていく!君こそが僕の人生の愛、ヘイリー・ボールドウィン。他の誰でもなく、僕は君じゃないとだめだ」。「君は僕を最高にし、僕たちは互いに心から尊敬し合っているんだ!!これからの最高の人生が待ち遠しい!

Was gonna wait a while to say anything but word travels fast, listen plain and simple Hailey I am soooo in love with everything about you! So committed to spending my life getting to know every single part of you loving you patiently and kindLY. I promise to lead our family with honor and integrity letting Jesus through his Holy Spirit guide us in everything we do and every decision we make. My heart is COMPLETELY and FULLY YOURS and I will ALWAYS put you first! You are the love of my life Hailey Baldwin and I wouldn’t want to spend it with anybody else. You make me so much better and we compliment eachother so well!! Can’t wait for the best season of life yet!. It’s funny because now with you everything seems to make sense! The thing I am most excited for is that my little brother and sister get to see another healthy stable marriage and look for the same!!! Gods timing really is literally perfect, we got engaged on the seventh day of the seventh month, the number seven is the number of spiritual perfection, it’s true GOOGLE IT! Isn’t that nuts? By the way I didn’t plan that, anyways My goodness does feel good to have our future secured! WERE GONNA BE BETTER AT 70 BABY HERE WE GO! “He who finds a wife finds a good thing and obtains FAVOR from the Lord!” This is the year of favor!!!!

A post shared by Justin Bieber (@justinbieber) on


ヘイリーの父親で、映画『7月4日に生まれて』、映画『ユージュアル・サスペクツ』の俳優ステファン・ボールドウィン(Stephen Baldwin)の紹介で、2009年に初めて出会ったというジャスティン・ビーバーとヘイリー・ボールドウィンは、2015年12月から2016年はじめにかけて交際。ジャスティン・ビーバーはその後セレーナ・ゴメス(Selena Gomez)との関係で注目を浴びる一方、今年5月にセレーナと再び破局すると、友人関係だったジャスティンとヘイリーは再び引き寄せられ、先月6月11日より二人のロマンス再燃が度々報じられるなか、1ヶ月程経て婚約。

今週火曜日にジャスティン・ビーバーとヘイリー・ボールドウィンがニューヨークにその姿を見せ、大きなダイヤモンドリングに結婚指輪では、と報じられている(PEOPLE // 写真)。

2年半ほど前、米GQ誌2016年3月号のインタビューでは、当時21歳のジャスティンは当時19歳のヘイリーについて、「心から愛している人、僕たちは一緒に多くの時間を過ごしている」。「もしもヘイリーが結婚したい女の子なら?もし急ぐようなことをしたら、もしも彼女を傷つけてしまったら」。今回の婚約に運命的なものを感じるというジャスティンは「今となっては、君との全てのことが意味をなしているようでおかしいね!」そして七夕となる7月7日に婚約したことについて、「神のタイミングは全てが完全、僕たちは7の月の、7の日に婚約した、7という数字はスピリチュアルな完全性の数字、本当だよ、グーグルで調べて!」、「それは計画していたことではなかったんだけどね、それはさておき、僕たちの未来が約束されているように感じるよ!70の頃にはさらに素晴らしく、Baby、共に歩んでいこう!

そして聖書の言葉を引用し、「“妻を見つけし者、善き事見つけ、神から君寵をこうむる”」(Proverbs 18:22)、「今年はその年だ!!!

婚約

TMZE! Newsなどが報じたものによると、ジャスティン・ビーバーとヘイリー・ボールドウィンはバケーションで訪れていたバハマのリゾート「Baker’s Bay」で、先週土曜日夜、地元レストランでサルサダンスを楽しむなか、ジャスティンはヘイリーにプロポーズ。

当時の状況について情報筋によると「土曜の夜(バハマのリゾート)Baker’s Bayで二人を囲む人々の前で二人は婚約しました」、「二人がニューヨークにいた際にジャスティンは指輪を用意し、彼は彼女へのプロポーズを考えていました」。「突然の決意でしたが、ジャスティンはヘイリーとの関係に特別な絆を感じていて、それはこれまでにないもの」。「プロポーズはとても幸せな瞬間で」、「ヘイリーは驚いていましたが、二人ともとても愛し合っている様子でした」。

今回の婚約を受けて、ジャスティンの父ジェレミー(Jeremy Bieber)SNSで「ジャスティン、誇り以上に思ってる!次の章が楽しみだ!」またジャスティンの母パティ・マレット(Pattie Mallette)SNSで「Love Love Love Love Love Love Love」。そしてステファン・ボールドウィンは(その後削除されたツイートで)「笑みがこぼれる!私と妻は神の意志に永遠に祈るよ!!神はジャスティンとヘイリーのハートに」、「おめでとう」。

ヘイリー・ボールドウィンは自身のSNSで、「こんなにも幸せなことを得るようなことを自分の人生でしてきたかはわからないわ、でも人生を共にするこのような素晴らしい人を与えて下さった神様に深く心から感謝しています!私の感謝の気持ちはとても言葉にできません」。


 

 

関連記事

新着記事

海外の洋楽情報をフォロー