ジャスティン・ビーバー、ヘイリー・ボールドウィンと婚約


2060 1159 laurus

ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber、24歳)とヘイリー・ボールドウィン(Hailey Baldwin、21歳)がバハマのリゾートで先週土曜日夜(現地時間7月7日)に婚約したことが明らかになりました。同婚約はTMZが現地時間7月8日に報じ、各米メディアの複数の情報筋より認められていることが報じられています。

※7月10日追記、ジャスティン・ビーバーがヘイリー・ボールドウィンとの婚約を正式発表(記事『ジャスティン・ビーバー、ヘイリー・ボールドウィンとの婚約発表に一途な想い』)。

TMZが報じた情報によると、二人はバケーションで訪れていたバハマの地元レストランでサルサダンスを楽しむなか、セキュリティが二人を囲んでいた人々に携帯での撮影をやめるよう告げると、ジャスティン・ビーバーがヘイリー・ボールドウィンにプロポーズ。そしてヘイリーはYes!

ジャスティン・ビーバーと米アリゾナ州出身のモデル、ヘイリー・ボールドウィンは、2015年12月から2016年1月にかけて交際したあと破局。その後今年5月にジャスティンがセレーナ・ゴメス(Selena Gomez)と再び破局した後、先月6月11日よりジャスティンとヘイリーのロマンスの再燃が度々報じられるなか、1ヶ月程経て婚約に至ります。

@justinbieber Proud is an understatement! Excited for the next chapter!

A post shared by Jeremy Bieber (@jeremybieber) on

E! Newsの情報筋によると、「土曜の夜(バハマのリゾート)Baker’s Bayで二人を囲む人々の前で二人は婚約しました」、「二人がニューヨークにいた際にジャスティンは指輪を用意し、彼は彼女へのプロポーズを考えていました」。「突然の決意でしたが、ジャスティンはヘイリーとの関係に特別な絆を感じていて、それはこれまでにないもの」。「プロポーズはとても幸せな瞬間で」、「ヘイリーは驚いていましたが、二人ともとても愛し合っている様子でした」。

また別の情報筋では、「7月6日にニューヨークを発ち二人は楽しい時間を過ごしていました」、「ジャスティンはこれまでになく幸せで、ヘイリーと共にしたいと願っていました」、「彼の家族はとても協力的で彼が最高に幸せであることを知っており、みんなとても幸せです」。

そしてPEOPLEの情報筋では、「ジャスティンはここ数週間ものすごく幸せにしていました」、「彼は長いことヘイリーを知っていて、今回のことは突然のようだけど、彼らはとてもお互いのことをよく知っています」。

2009

二人が初めて出会ったのは、2009年、ヘイリーの父親で、映画『7月4日に生まれて』、映画『ユージュアル・サスペクツ』の俳優ステファン・ボールドウィン(Stephen Baldwin)の紹介で、二人は初めて知り合ったといいます。ヘイリーの叔父には、著名な俳優アレック・ボールドウィン(Alec Baldwin)。

今回の婚約を受けて、ジャスティンの父ジェレミー(Jeremy Bieber)SNSで「ジャスティン、誇り以上に思ってる!次の章が楽しみだ!」またジャスティンの母パティ・マレット(Pattie Mallette)SNSで「Love Love Love Love Love Love Love」。そしてステファン・ボールドウィンは(その後削除されたツイートで)「笑みがこぼれる!私と妻は神の意志に永遠に祈るよ!!神はジャスティンとヘイリーのハートに」、「おめでとう」。

二人はともに敬虔なクリスチャン。E! Newsの情報筋では「復縁以来、彼らは離れられない存在、ジャスティンは自分がヘイリーなしでは生きられないと知っていた」。「ジャスティンとヘイリーは結婚について話していたが、ヘイリーはそんなに早く起きるとは考えていなかった」。

現在直接二人からのコメントは発表されていません(※追記、ジャスティンヘイリー、それぞれコメント発表、記事)。今から2年半ほど前、米GQ誌2016年3月号(2月発売)で、当時21歳のジャスティン・ビーバーは当時19歳のヘイリー・ボールドウィンについて、「心から愛している人、僕たちは一緒に多くの時間を過ごしている」。「もしもヘイリーが結婚したい女の子なら?もし急ぐようなことをしたら、もしも彼女を傷つけてしまったら、永遠に傷は癒えない」。「そのような傷を治すのは本当に難しい。本当にすごく…、僕はただ彼女を傷つけたくない」。

関連記事

新着記事

海外の洋楽情報をフォロー