ロディ・リッチ「The Box」全米9週連続首位、レディー・ガガ「Stupid Love」初登場5位


2560 1440 VOICE Editor

先月28日にミュージック・ビデオが公開された米新鋭ラッパー21歳Roddy Ricch(ロディ・リッチ)の「The Box」が、ストリーミングの再生回数、ダウンロード数を共に増加させ、今日発表の全米ビルボード総合ソングチャート「Hot 100」で首位をキープ。9週連続首位に記録を更新した(Billboard、※2020年1月18日付-3月14日付)。

TikTokから(現時点で)今年最大のバイラルとなっている「The Box」は、ニールセン・ミュージックによると3月5日までに米国内週間ストリーミングで前週比2%増の4910万回を記録し、ストリーミング・ソング・チャート10週連続首位。ダウンロードでは前週比10%増の11,000売り上げ、デジタル・ソング・セールス・チャートで同曲の最高位に戻り第7位(先週第14位)。ラジオ・ソング・チャートでは第8位を維持した。

デュア・リパ

今週注目の「Hot 100」では、来月4月3日にリリースを控えるデュア・リパ(Dua Lipa)の2ndアルバム『Future Nostalgia』より、リード・シングル「Don’t Start Now」(記事)が先週キープしていた自身最高位の第5位から、さらに第3位へ浮上。自身最高位を更新した。「Don’t Start Now」は米国内週間ストリーミングで前週比5%増の1840万回、ダウンロード数は前週比10%増の12,000、ラジオ・ソング・チャートで好調を維持し第2位をキープした。

レディー・ガガ

来月4月10日にリリースされるレディー・ガガ(Lady Gaga)の新作『Chromatica』より、先月2月28日にリリースされたリード・シングル「Stupid Love」(記事)が初登場第5位。自身4曲目の全米首位となった「Shallow」(※2019年3月9日付)から1年ぶりの「Hot 100」トップ10入りとなり、「Stupid Love」は自身16曲目のトップ10ヒットとなった。前予想をやや下回ったが、ガガのオープニング・ウィークの記録としては、2011年5月に初登場第3位となった「The Edge of Glory」以来の初週最高記録。「Stupid Love」の米国内週間ストリーミングは1970万回でストリーミング・ソング・チャート初登場第9位、ダウンロード数は53,000売り上げデジタル・ソング・セールス・チャート初登場首位、ラジオ・ソング・チャートでは第40位となった。

Billbaord 200

今週の全米ビルボード総合アルバムチャート「Billbaord 200」では、リル・ベイビー(Lil Baby)のセカンド・アルバム『My Turn』が、(現時点で)今年最大の週間ストリーミング再生回数で初登場首位となり、自身初の「Billbaord 200」首位(Billboard、※2020年3月14日付)。『My Turn』は初週、アルバム相当数197,000を記録し、米国内週間ストリーミング2億6160万回でストリーミング換算「SEA」が184,000となり大部分を占めた。Billboardによると、この週間ストリーミング再生回数は、ポスト・マローン(Post Malone)の『Hollywood’s Bleeding』が初週で記録した3億6530万回(※2019年9月21日付)以来の週間最多ストリーミング記録だという。なお『My Turn』のアルバム・セールスは10,000枚を下回った。

今週注目の「Billbaord 200」では、バッド・バニー(Bad Bunny)のニュー・アルバム『YHLQMDLG』が初週アルバム相当数179,000で初登場第2位となり、自身最高位を記録。内訳では、ストリーミングが大部分を占め、2億140万回により「SEA」が142,000、アルバム・セールスは35,000枚だった。Billbaordによると、第2位となった『YHLQMDLG』は全曲スペイン語曲によるスペイン語アルバムとして、「Billbaord 200」史上最高位。全曲スペイン語のアルバムでこれまで最高位となっていたのは、第4位となったManáの『Amar es Combatir』(※2006年9月9日付)と、同じく第4位のシャキーラ(Shakira)の『Fijación Oral, Vol. 1』(※2005年6月25日付)だった。また週間アルバム相当数でも、『YHLQMDLG』はラテン・アルバムとして史上最高記録。さらに、週間ストリーミング再生回数でも『YHLQMDLG』はラテン・アルバムとして史上最高記録となった。

またジェイムス・テイラー(James Taylor)の通算20枚目となるスタジオ・アルバム『American Standard』が初登場第4位。これによりジェイムス・テイラーは、過去60年の十年紀(70年代、80年代、90年代、2000年代、2010年代、2020年代)全てにおいて、トップ10入りを果たした初のアーティストとなった。

今週の「Hot 100」トップ10
第1位 ロディ・リッチ/Roddy Ricch「The Box」〈0〉
第2位 フューチャー/Future「Life Is Good」feat. ドレイク/Drake〈0〉
第3位 デュア・リパ/Dua Lipa「Don’t Start Now」〈+2〉
第4位 ポスト・マローン/Post Malone「Circles」〈-1〉
第5位 レディー・ガガ/Lady Gaga「Stupid Love」〈初〉
第6位 Arizona Zervas「Roxanne」〈0〉
第7位 ザ・ウィークエンド/The Weeknd「Blinding Lights」〈+1〉
第8位 トーンズ・アンド・アイ/Tones And I「Dance Monkey」〈-1〉
第9位 マルーン5/Maroon 5「Memories」〈0〉
第10位 ジャスティン・ビーバー/Justin Bieber「Intentions」 feat. Quavo〈+1〉
※2020年3月14日付

今週の「Billboard 200」トップ10
第1位 リル・ベイビー/Lil Bab『My Turn』〈初〉
第2位 バッド・バニー/Bad Bunny『YHLQMDLG』〈初〉
第3位 BTS『Map of the Soul: 7』〈-2〉
第4位 ジェイムス・テイラー/James Taylor『American Standard』〈初〉
第5位 ロディ・リッチ/Roddy Ricch『Please Excuse Me For Being Antisocial』〈0〉
第6位 ジャスティン・ビーバー/Justin Bieber『Changes』〈-2〉
第7位 G Herbo『PTSD』〈初〉
第8位 Five Finger Death Punch『F8』〈初〉
第9位 ポスト・マローン/Post Malone『Hollywood’s Bleeding』〈-2〉
第10位 YoungBoy Never Broke Again『Still Flexin, Still Steppin』〈-8〉
※2020年3月14日付

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー