アメリカズ・ゴット・タレント2018 15歳マケイラ・フィリップス、デミ・ロヴァートの「Warrior」でゴールデンブザー


2400 1350 laurus

オーディション・ウィーク最終週、残された審査員ハイディ・クルム(Heidi Klum)のゴールデンブザーに注目が集まるなか、そのハリウッドへの切符を手にしたのは、15歳の少女。マケイラ・フィリップス(Makayla Phillips)がその歌声でゴールデンブザーを獲得し、ライブ・ショーへの進出を決めました。

今週火曜日(現地時間7月10日)に放送された米NBCオーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』(原題:America’s Got Talent)シーズン13「Auditions Week 6」。アリアナ・グランデ(Ariana Grande)を彷彿とさせるというルックスのマケイラ・フィリップスはステージに上がり、笑顔をみせながら「(舞台袖の)ママとパパと弟、そして観客席にいる残りの家族と友達たちと一緒よ」。カリフォルニア州キャニオン・レイクからやってきたマケイラは、デミ・ロヴァート(Demi Lovato)「Warrior」を物怖じしない力強くも美しい歌声で歌い上げると、会場には溢れるスタンディングオベーション。

3歳の時初めて『アメリカズ・ゴット・タレント』を観て以来、AGTに夢中になったというマケイラは「その光景、そのサウンド、全てに恋に落ちたわ、これが私のやりたいことだってわかったわ」。「幼い頃私はママやパパのところに行って、いつかあのステージに行きたいって、言ってたわ」。深夜3時に歌って家族を困らせながら(夜な夜なも)磨いていたという歌声、その夢の大舞台に「こんな大きなことは経験なくって、すっごく緊張よ」。しかし父親は消防士、母親は演劇の先生だというマケイラは「みんなに私の歌声を聞いてもらいたいわ、私が昔感じたような”Wow!”なようなものになりたい、全ての人に歌声を届けたい」。「私は自分のままの姿で行くわ、これが私、心から歌う姿を見せたいわ」。

そんな「Confident」な彼女の歌声に「Wow」とスタンディングオベーションを送るハイディ・クルムは「本当に素晴らしいわ」、「全てが最高よ」、そして「あなたを愛してるわ、間違いなく、あなたは信じられないくらい素晴らしいわ」。ドイツ出身のモデルのハイディはマケイラの「ゴージャスなルックス」、「ステージでの存在感」(インタビュー動画)にも惹かれたといい、「全てが大好き。あなたの笑顔、みんなに伝えようとしているあなたの表現が大好きだわ」。「あなたの声は信じられない、私があなたにすることわかる?

ステージには家族も駆け寄り、母親と抱きしめるマケイラの手を取りハイディは「優勝者を見つけたわ!」ゴールデンブザー(Golden Buzzer)を獲得したマケイラ・フィリップスは、ジャッジ・カット(Judge Cuts)のラウンドを通過し、ハリウッドのドルビー・シアターにて開催されるライブショーの準々決勝(Quarterfinals)に送られます。

デミ・ロヴァートの「Warrior」を選んだ理由についてマケイラは、「とても力を与えてくれる歌詞だからだわ、心に訴える歌詞で、音楽を通じてみんなに感じてもらうことこそ、私の大きな目標だわ」。審査員サイモン・コーウェル(Simon Cowell)は、「目を閉じ、君が歌っているのを聞くと、まるで同じ人とは思えなかった、君じゃなかった」。「君には素晴らしい存在感、絶大なる自信がある」、「それこそがこのショーだ、君に幸運を祈るよ」。

エンターテイメントの国アメリカで、世界から集まったエンターテイナーの2018年頂点を競う『アメリカズ・ゴット・タレント』ライブ・ショーは、ハリウッドのドルビー・シアターにて来月、8月14日より開催される予定。優勝者には賞金100万ドル(約1.1億円)などが贈られます。

関連記事

新着記事

海外の洋楽情報をフォロー