2018 FIFAワールドカップ公式テーマ曲「Live It Up」ウィル・スミス×ニッキー・ジャム×エラ・イストレフィ集結


2400 1350 laurus

いよいよ開幕まで一週間を切った2018 FIFAワールドカップ・ロシア大会。各大陸予選を勝ち抜いた32カ国のチームが来週14日より開催国ロシアで激突となるなか、レゲトン・スター、ニッキー・ジャム(Nicky Jam)によるエネルギッシュなFIFAロシアワールドカップ公式テーマソング「Live It Up」ダウンロード版)のミュージック・ビデオが現地時間6月8日に公開。

米ハリウッド俳優/歌手ウィル・スミス(Will Smith)、コソボの新星エラ・イストレフィ(Era Istrefi)を迎え豪華コラボ曲となったテーマ曲が、開幕直前の期待と興奮を一層高め、ロシアワールドカップを沸かせます。

ダンスミュージック・シーンのみならず、ヒップホップ、ラテン、ポップ・スターらとコラボし多彩なヒット曲を次々に送り出す米DJの異才ディプロ(Diplo)がプロデュース。ディプロ、ニッキー・ジャム、ウィル・スミス、エラ・イストレフィらがペンを握る「Live It Up」では、「一度の人生、謳歌しようぜ、一度きりなのだから/一度きりの人生、謳歌しようぜ、二つなんてないのだから」(×リフレイン)。

ロシア開催ながらアップビートなラテン・ヴァイブで盛り上げ、ウィル・スミスはラップで「一つの人生、一つの夢/一つの瞬間、一つのチーム/一度の青春、輝かせ/何千もの障害を、一発で/一つの真実、恐れはない/一つの旗、oh yeah/オレたちは何年もこのために待ち続けていた/どこにいるかって?オレたちはここにいる」。

Live It Up

4年に一度の頂上決戦で世界が一つに結集。ブラジルのレジェンド、ロナウジーニョもその姿を見せるミュージック・ビデオ冒頭では、「結束あるところに、いつも勝利がある」。スタジアムを揺らす試合のシーンと、廃墟でサッカーに情熱燃やす子どもたちがシンクロしながら、国境、文化、人種の違いを超え、歓喜で一つになる世界を映します。

現在コロンビアを拠点におくプエルトリコ系ラテン・スターのニッキー・ジャムは「FIFAワールドカップ公式テーマをレコーディングすることは、生涯の功績。これに携わることができると言えるアーティストは多くない。俺はとても誇りに思っており、幸せ者だ、孫たちに”やったぞ”って語り継ぐことができるよ」(FIFA World Cup)。

一方、W杯史上初めて東ヨーロッパでの開催となるなか、動画再生回数6億回に迫るヒット曲「BonBon」で欧州を席巻した「東欧のリアーナ」エラ・イストレフィを抜擢。その23歳は「2018 FIFAワールドカップ公式テーマソングに関わることは信じられないくらいワクワクしているわ」。「私が深く憧れを抱くディプロ、ウィル・スミス、ニッキー・ジャムのような才能あるアーティストと一緒に仕事をすることは、素晴らしく、とっても楽しい」、「サッカーの大ファンでもあって、ワールドカップが待ち切れないわ」。

そして過去4度のグラミー賞受賞を誇るウィル・スミスは「2018 FIFAワールドカップの曲に呼ばれ光栄だよ。この地球規模のイベントは世界各国の人々に元気と笑顔、魔法のようなエクスペリエンスをもたらしてくれる」、「この曲でのニッキー・ジャム、エラとのコラボは、ハーモニー、多岐にわたる風味、ジャンルが一つになることを象徴している」。「最後の日には、オレたちはただ世界が踊るのを見たいと望んでいるんだ」。

2018ロシア大会アンセム

「Live It Up」に加えて、今年のFIFAワールドカップ・アンセムとなっているのは、コカ・コーラとコラボし同大会のためにレコーディングされたジェイソン・デルーロ(Jason Derulo)によるワールドカップ・アンセム「Colors」

「Colors」のスペイン語版では、レゲトン・スター、マルマ(Maluma)とコラボレーションし、ラテン・ヴァイブで盛り上げます。また同大会アンセムには、J. バルヴィン(J Balvin)×マイケル・ブラン(Michael Brun)スペイン語曲「Positivo」

さらにウルグアイのナタリア・オレイロ(Natalia Oreiro)「United by Love」が2018ロシア大会アンセムとしてリリース。アンセム、そして大会を盛り上げるヒット曲を収録したFIFAワールドカップ公式アルバムが従来リリースされてきたものの、今大会(仮題:The Official Album of the 2018 FIFA World Cup)のリリースは現在未定となっています。

グループHの日本は初戦、6月19日コロンビアと対戦。モスクワで7月15日に開催される決勝戦では、ニッキー・ジャム、ウィル・スミス、エラ・イストレフィがFIFA公式テーマ曲「Live It Up」を披露する予定です。

関連記事

新着記事

海外の洋楽情報をフォロー