グラミー賞2019 チャイルディッシュ・ガンビーノとケイシー・マスグレイヴス最多タイ4冠、デュア・リパ最優秀新人賞


1600 900 Laurus H.

アリシア・キーズ(Alicia Keys)を司会に迎えた米国音楽界最大の祭典、第61回グラミー賞(61st Annual Grammy Awards)授与式が現地時間2月10日、ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催。サプライズで登場したミシェル・オバマ(Michelle Obama)による「音楽の力」のスピーチで幕を開けたセレモニーでゴールデン・ナイトを飾ったのは、最多4冠に輝いたカントリー歌手ケイシー・マスグレイヴスとラッパー、チャイルディッシュ・ガンビーノ。

ケイシー・マスグレイヴス(Kacey Musgraves)は『Golden Hour』で主要部門「年間アルバム賞」を受賞、またカントリー部門で「最優秀カントリー・アルバム賞」の受賞を果たした他、同アルバム収録曲「Space Cowboy」で「最優秀カントリー・ソング賞」、「Butterflies」で「最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス賞」を受賞。ドレイク(Drake) 『Scorpion』、ポスト・マローン(Post Malone)『Beerbongs & Bentleys』、ブランディ・カーライル(Brandi Carlile)『By the Way, I Forgive You』、ハー(H.E.R.)『H.E.R.』、映画『ブラックパンサー』サントラなど話題作を抑えてのAlbum of the Yearに”ナッシュビル・スター”の30歳は受賞スピーチで「オー・マイ・ゴット…、何と言ったらいいのか…」。

授与式前レコーディング・アカデミーのあるインサイダー(※匿名の音楽プロデューサー)は、ノミネート作のジャンルが競合しており主要部門で8つのノミネートに拡大された今年は票が分かれることが予想されるとし、カントリー1作となった『Golden Hour』の受賞の可能性が高いと指摘していた。ライブ・パフォーマンスを行った「Rainbow」のMVはこの日公開

「こんなにも話題作の中でこのカテゴリーにノミネートされたのも信じられなかったのに…、本当にクレイジー。でも心から感謝しています」、「受賞したことは他のアルバムよりも優れていることを意味するものではありません。みんなとても素晴らしい作品です」、そして関係者、家族、ファンらに感謝を捧げました。

チャイルディッシュ・ガンビーノ(Childish Gambino)のアーティスト名で音楽活動を行う俳優ドナルド・グローヴァー(Donald Glover)はこの日欠席し、パフォーマンスのオファーも辞退。昨年、警察による不当な組織的暴力など黒人差別と銃社会を風刺したミュージック・ビデオでヴァイラルとなった「This Is America」が「年間レコード賞」及び「年間ソング賞」を受賞しました。(白人優位とされてきたグラミー賞で)ラップ・ソングが主要部門「年間レコード大賞」、あるいは主要部門「年間ソング賞」を受賞するのは史上初で、ダブルでの歴史的快挙。

チャイルディッシュ・ガンビーノは主要2部門制覇のほか、「This Is America」で「最優秀Rap/Sungパフォーマンス賞」、「最優秀MV賞」を受賞し最多タイ4冠。「年間レコード賞」では、昨年全米で最もヒットしたドレイク「God’s Plan」をはじめ、カーディ・Bら「I Like It」、レディー・ガガらの『アリー/ スター誕生』主題歌「Shallow」、ケンドリック・ラマーらの『ブラックパンサー』主題歌「All the Stars」、ポスト・マローンら「Rockstar」など注目曲を抑えての受賞となりました。

デュア・リパ

デュア・リパ(Dua Lipa)は主要部門「最優秀新人賞」、そして「Electricity」で「最優秀ダンス・レコーディング賞」の受賞を果たし、自身初のグラミー賞受賞で貫禄の2冠。「最優秀新人賞」のスピーチで、「今年こんなにも多くの女性アーティストと一緒にノミネートされて大変光栄です。今年私たちは”ステップ・アップ”したわね」。昨年グラミー賞で男性アーティストがノミネーションを占めただけではなく受賞の大部分を占め、「#GrammysSoMale」(グラミーは男ばっかり)と批判を浴びた上、(グラミー賞主催)レコーディング・アカデミーのトップNeil Portnowが女性アーティストらに「ステップアップ」すべきと発言したことがさらに大きな波紋となっていました。「最高の私へ導いてくれた私のファンのみんなに心から感謝申し上げます」ライブ・パフォーマンスではセイント・ヴィンセント(St. Vincent)の「Masseduction」と絡ませる艶やかな「One Kiss」で盛り上げました。

女性の躍進

今年のグラミー賞では女性アーティストが多数受賞を果たしライブ・パフォーマンスでも大きく活躍。ブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)との『アリー/ スター誕生』主題歌「Shallow」が「年間レコード賞」及び「年間ソング賞」でノミネートされていたレディー・ガガ(Lady Gaga)は、その主要部門を外したものの、ポップ部門で「Shallow」が「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」、「最優秀ビジュアル・メディア作曲賞」、「Joanne」が「最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞」に輝き3冠を達成。ライブ・パフォーマンスでは熱情の「Shallow」を披露し会場を熱くさせました。

またレッドカーペットでサンドロ・ボッティチェッリ「ヴィーナスの誕生」を想起させるティエリー・ミュグレーによる1995年ヴィンテージ・ドレスでも注目を集めたカーディ・B(Cardi B)は『Invasion of Privacy』で「最優秀ラップ・アルバム賞」を受賞。女性アーティストが「最優秀ラップ・アルバム賞」を受賞したのは史上初めて。自身初のグラミー賞受賞で歴史的快挙を達成しました。またライブ・パフォーマンスでは圧巻の「Money」で沸かせました。

今回5つの最優秀アルバム賞で女性アーティストが受賞。前述の「年間アルバム賞」、「最優秀カントリー・アルバム賞」のケイシー・マスグレイヴス、「最優秀ラップ・アルバム賞」にカーディ・Bの他、自身初のグラミー賞受賞となったアリアナ・グランデ(Ariana Grande)が『Sweetener』で「最優秀ポップ・アルバム賞」、そしてハー(H.E.R.)が『H.E.R.』で「最優秀R&Bアルバム賞」を受賞し、女性アーティストによる5つのアルバム賞受賞はグラミー賞初の快挙となりました。

ライブ・パフォーマンスでは、カミラ・カベロ(Camila Cabello)らによる「Havana」でキックオフ。グラミー賞授与式に先立ち特別栄誉賞「ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー」を受けたドリー・パートン(Dolly Parton)はケイティ・ペリー(Katy Perry)、マイリー・サイラス(Miley Cyrus)、ケイシー・マスグレイヴス、マレン・モリス(Maren Morris)、リトル・ビッグ・タウン(Little Big Town)らとともに「Here You Come Again」、「Jolene」などヒット曲メドレーを披露。また昨年8月に亡くなったアレサ・フランクリン(Aretha Franklin)のため、アンドラ・デイ(Andra Day)、ヨランダ・アダムズ(Yolanda Adams)、ファンテイジア・バリーノ(Fantasia Barrino)らが代表曲「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」を天上に響く美しいハーモニーで歌い上げトリビュートを捧げました。

ラップ・ソング史上初の「年間レコード大賞」、「年間ソング賞」受賞、そして女性が大きく躍進するなど今回特にグラミー賞が力を入れてきた「Diversity & Inclusion」(多様性とインクルーシブ、記事)の始まりをみせたグラミー賞2019。ミシェル・オバマはそのオープニングで「音楽は私たちが、私たちを分かち合うことを手助けしてくれます。私たちの尊厳と悲しみ、私たちの希望と歓び」。「音楽は私たちにお互いの声を聞かせてくれます、そしてお互いを受け入れることを可能にしてくれます。音楽は私たちに教えてくれます、一番大切なことを、全ての声にある全ての物語、全ての歌にある全ての音」なお受賞者リストは以下の通りです。

 
 

年間レコード賞
Record of the Year

「I Like It」カーディ・B/Cardi B, Bad Bunny & J Balvin
「The Joke」ブランディ カーライル/Brandi Carlile
【受賞】「This is America」チャイルディッシュ・ガンビーノ/Childish Gambino
「God’s Plan」ドレイク/Drake
「Shallow」レディー・ガガ/Lady Gaga & Bradley Cooper
「All The Stars」ケンドリック・ラマー/Kendrick Lamar & SZA
「Rockstar」ポスト・マローン/Post Malone Featuring 21 Savage
「The Middle」ゼッド/Zedd, マレン・モリス/Maren Morris & Grey

年間アルバム賞
Album of the Year

『Invasion Of Privacy』カーディ・B/Cardi B
『By The Way, I Forgive You』ブランディ カーライル/Brandi Carlile
『Scorpion』ドレイク/Drake
『H.E.R.』ハー/H.E.R.
『Beerbongs & Bentleys』ポスト・マローン/Post Malone
『Dirty Computer』ジャネール・モネイ/Janelle Monáe
【受賞】『Golden Hour』ケイシー・マスグレイヴス/Kacey Musgraves
『Black Panther: The Album, Music From And Inspired By』Various Artists

年間ソング賞
Song of the Year

「All The Stars」ケンドリック・ラマー/Kendrick Lamar & SZA
「Boo’d Up」エラ・メイ/Ella Mai
「God’s Plan」ドレイク/Drake
「In My Blood」ショーン・メンデス/Shawn Mendes
「The Joke」ブランディ カーライル/Brandi Carlile
「The Middle」ゼッド/Zedd, マレン・モリス/Maren Morris & Grey
「Shallow」レディー・ガガ/ Lady Gaga & Bradley Cooper
【受賞】「This Is America」チャイルディッシュ・ガンビーノ/Childish Gambino

新人賞
Best New Artist

クロエ×ハレ/Chloe x Halle
ルーク・コムズ/Luke Combs
グレタ・ヴァン・フリート/Greta Van Fleet
ハー/H.E.R.
【受賞】デュア・リパ/Dua Lipa
マーゴ・プライス/Margo Price
ビービー・レクサ/Bebe Rexha
ジョルジャ・スミス/Jorja Smith

Best Pop Solo Performance

「Colors」Beck
「Havana (Live)」Camila Cabello
「God Is A Woman」Ariana Grande
【受賞】「Joanne (Where Do You Think You’re Goin’?)」Lady Gaga
「Better Now」Post Malone

Pop Duo/Group Performance

「Fall in Line」Christina Aguilera (feat. Demi Lovato)
「Don’t Go Breaking My Heart」Backstreet Boys
「S Wonderful」Tony Bennett & Diana Krall
【受賞】「Shallow」Lady Gaga & Bradley Cooper
「Girls Like You」Maroon 5 feat. Cardi B|
「Say Something」Justin Timberlake feat. Chris Stapleton
「The Middle」Zedd, Maren Morris, Grey

Best Traditional Pop Vocal Album

『Love Is Here To Stay』Tony Bennett & Diana Krall
【受賞】『My Way』Willie Nelson
『Nat “King” Cole & Me』Gregory Porter
『Standards (Deluxe)』Seal
『The Music…The Mem’ries…The Magic!』Barbra Streisand

Best Pop Vocal Album

『Camila』Camila Cabello
『Meaning Of Life』Kelly Clarkson
【受賞】『Sweetener』Ariana Grande
『Shawn Mendes』Shawn Mendes
『Beautiful Trauma』P!nk
『Reputation』Taylor Swift

Best Dance Recording

「Northern Soul」Above & Beyond Featuring Richard Bedford
「Ultimatum」Disclosure (Featuring Fatoumata Diawara)
「Losing It」Fisher
【受賞】「Electricity」Silk City & Dua Lipa Featuring Diplo & Mark Ronson
「Ghost Voices」Virtual Self

Best Dance/Electronic Album

『Singularity』Jon Hopkins
【受賞】『Woman Worldwide』Justice
『Treehouse』Sofi Tukker
『Oil of Every Pearl’s Un-Insides』Sophie
『Lune Rouge』Tokimonsta

Best Rock Performance

「Four Out of Five」Arctic Monkeys
【受賞】「When Bad Does Good」Chris Cornell
「Made An America」The Fever 333
「Highway Tune」Greta Van Fleet
「Uncomfortable」Halestorm

Best Metal Performance

「Condemned to the Gallows」Between the Buried and Me
「Honeycomb」Deafheaven
【受賞】「Electric Messiah」High on Fire
「Betrayer」Trivium
「On My Teeth」Underoath

Best Rock Song:

「Black Smoke Rising」Greta Van Fleet
「Jumpsuit」Twenty One Pilots
「MANTRA」Bring Me The Horizon
【受賞】「Masseduction」St. Vincent
「Rats」Ghost

Best Rock Album

『Rainier Fog』Alice in Chains
『Mania』Fall Out Boy
『Prequelle』Ghost
【受賞】『From the Fires』Greta Van Fleet
『Pacific Daydream』Weezer

Best Alternative Music Album

『Tranquility Base Hotel + Casino』Arctic Monkeys
【受賞】『Colors』Beck
『Utopia』Björk
『American Utopia』David Byrne
『Masseduction』St. Vincent

Best R&B Performance

「Long as I Live」Toni Braxton
「Summer」The Carters
「YOY」Lalah Hathaway
【受賞】「Best Part」H.E.R. feat. Daniel Caesar
「First Began」PJ Morton

Best Traditional R&B Performance

【受賞(タイ)】「Bet Ain’t Worth the Hand」Leon Bridges
【受賞(タイ)】「Don’t Fall Apart on Me Tonight」Bettye LaVette
「Honest」Major.
「How Deep is Your Love」PJ Morton feat Yebba
「Made for Love」Charlie Wilson feat. Lalah Hathaway

Best R&B Song

【受賞】「Boo’d Up」Ella Mai
「Come Through and Chill」Migeul feat. J. Cole & Salaam Remi
「Feels Like Summer」Childish Gambino
「Focus」H.E.R.
「Long as I Live」Toni Braxton

Best Urban Contemporary Album:

【受賞】『Everything Is Love』The Carters
『The Kids Are Alright』Chloe x Halle
『Chris Dave And The Drumhedz』Chris Dave And The Drumhedz
『War & Leisure』Miguel
『Ventriloquism』Meshell Ndegeocello

Best R&B Album

『Sex & Cigarettes』Toni Braxton
『Good Thing』Leon Bridges
『Honestly』Lalah Hathaway
【受賞】『H.E.R.』H.E.R.
『Gumbo Unplugged』PJ Morton

Best Rap Performance

「Be Careful」Cardi B
「Nice for What」Drake
【受賞(タイ)】「King’s Dead」Kendrick Lamar, Jay Rock, Future, James Blake
【受賞(タイ)】「Bubblin」Anderson .Paak
「Sicko Mode」Travis Scott

Best Rap/Sung Performance

「Like I Do」Christina Aguilera feat. Goldlink
「Pretty Little Fears」6lack feat. J. Cole
【受賞】「This Is America」Childish Gambino
「All the Stars」Kendrick Lamar & SZA
「Rockstar」Post Malone feat. 21 Savage

Best Rap Song

【受賞】「God’s Plan」Drake
「King’s Dead」Kendrick Lamar, Jay Rock, Future, James Blake
「Lucky You」Eminem
「Sicko Mode」Travis Scott
「Win」Jay Rock

Best Rap Album

【受賞】『Invasion Of Privacy』Cardi B
『Swimming』Mac Miller
『Victory Lap』Nipsey Hussle
『Daytona』Pusha T
『Astroworld』Travis Scott

Best Country Solo Performance

「Wouldn’t It Be Great?」Loretta Lynn
「Mona Lisas and Mad Hatters」Maren Morris
【受賞】「Butterflies」Kacey Musgraves
「Millionaire」Chris Stapleton
「Parallel Line」Keith Urban

Best Country Duo/Group Performance

「Shoot Me Straight」Brothers Osborne
【受賞】「Tequila」Dan + Shay
「When Someone Stops Loving You」Little Big Town
「Dear Hate」Maren Morris feat. Vince Gill
「Meant to Be」Bebe Rexha & Florida Georgia Line

Best Country Song

「Break Up in the End」Cole Swindell
「Dear Hate」Maren Morris feat. Vince Gill
【受賞】「Space Cowboy」Kacey Musgraves
「Tequila」Dan + Shay
「When Someone Stops Loving You」Little Big Town

Best Country Album

『Unapologetically』『Kelsea Ballerini Port Saint Joe』Brothers Osborne
『Girl Going Nowhere』Ashley McBryde
【受賞】『Golden Hour』Kacey Musgraves
『From A Room: Volume 2』Chris Stapleton

Best Jazz Vocal Album

『My Mood Is You』Freddy Cole
『The Questions』Kurt Elling
『The Subject Tonight Is Love』Kate McGarry With Keith Ganz & Gary Versace
『If You Really Want』Raul Midón With The Metropole Orkest Conducted By Vince Mendoza
【受賞】『The Window』Cécile McLorin Salvant

Best Gospel Performance/Song

【受賞】「Never Alone」Tori Kelly featuring Kirk Franklin
「You Will Win」Jekalyn Carr
「Won’t He Do It」Koryn Hawthorne
「Cycles」Jonathan McReynolds featuring DOE
「A Great Work」Brian Courtney Wilson

Best Contemporary Christian Music Performance/Song

【受賞】「You Say」Lauren Daigle
「Reckless Love」Cory Asbury
「Joy.」For King & Country
「Grace Got You」MercyMe featuring John Reuben
「Known」Tauren Wells

Best Gospel Album

『One Nation Under God』Jekalyn Carr
【受賞】『Hiding Place』Tori Kelly
『Make Room』Jonathan McReynolds
『The Other Side』The Walls Group
『A Great Work』Brian Courtney Wilson

Best Contemporary Christian Music Album

【受賞】『Look Up Child』Lauren Daigle
『Hallelujah Here Below』Elevation Worship
『Living With a Fire』Jesus Culture
『Surrounded』Michael W. Smith
『Survivor: Live From Harding Prison』Zach Williams

Best Latin Pop Album

『Prometo』Pablo Alboran
【受賞】『Sincera』Claudia Brant
『Musas (Un Homenaje Al Folclore Latinoamericano En Manos De Los Macorinos), Vol. 2』Natalia Lafourcade
『2:00 AM』Raquel Sofía
『Vives』Carlos Vives

Best Americana Album

【受賞】『By The Way, I Forgive You』Brandi Carlile
『Things Have Changed』Bettye LaVette
『The Tree Of Forgiveness』John Prine
『The Lonely, The Lonesome & The Gone』Lee Ann Womack
『One Drop Of Truth』The Wood Brothers

Best Folk Album

『Whistle Down the Wind』Joan Baez
『Black Cowboys』Don Flemons
『Rifles & Rosary Beads』Mary Gauthier
『Weed Garden』Iron & Wine
【受賞】『All Ashore』Punch Brothers

Best Reggae Album

『As the World Turns』Black Uhuru
『Reggae Forever』Etana
『Rebellion Rises』Ziggy Marley
『A Matter of Time』Protoje
【受賞】『44/876』Sting & Shaggy

Spoken Word

『Accessory to War』Courtney B. Vance
『Calypso』David Sedaris
『Creative Quest』Questlove
【受賞】『Faith : A Journey For All』Jimmy Carter
『The Last Black Unicorn』Tiffany Haddish

Best Musical Theater Album

【受賞】『The Band’s Visit』
『Carousel』
『Jseus Christ Superstar Live in Concert』
『My Fair Lady』
『Once on this Island』

Best Comedy Album

『Annihilation』Patton Oswalt
【受賞】『Equanimity & The Bird Revelation』Dave Chappelle
『Noble Ape』Jim Gaffigan
『Standup For Drummers』Fred Armisen
『Tamborine』Chris Rock

Best Compilation Soundtrack For Visual Media

『Call Me By Your Name』
『Deadpool 2』
【受賞】『The Greatest Showman』
『Lady Bird』
『Stranger Things』

Best Score Soundtrack For Visual Media

【受賞】『Black Panther』Ludwig Göransson
『Blade Runner 2049』Benjamin Wallfisch & Hans Zimmer
『Coco』Michael Giacchino
『The Shape of Water』Alexandre Desplat
『Star Wars: The Last Jedi』John Williams

Best Song Written For Visual Media:

「All The Stars」Kendrick Lamar & SZA, from: Black Panther
「Mystery Of Love」Sufjan Stevens, from Call Me By Your Name
「Remember Me」Miguel feat. Natalia Lafourcade, from: Coco
【受賞】「Shallow」Lady Gaga & Bradley Cooper, from A Star Is Born
「This Is Me」Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble, from The Greatest Showman

Producer Of The Year, Non-Classical

Boi-1da
Larry Klein
Linda Perry
Kanye West
【受賞】Pharrell Williams

Best Music Video

「Apes」The Carters
【受賞】「This Is America」Childish Gambino
「I’m Not Racist」Joyner Lucas
「Pynk」Janelle Monáe
「Mumbo Jumbo」Tierra Whack

Best Music Film

『Life in 12 Bars』
『Whitney』
【受賞】『Quincy』
『Itzhak』
『The King』

※「2019 GRAMMY Awards: Complete Nominees And Winners List

※『第61回グラミー賞』の対象となるのは、2017年10月1日から2018年9月30日までに米国内でリリースされた音楽及びミュージック・ビデオで、主催のレコーディング・アカデミー(the Recording Academy)によると、全84部門に渡り21,000を超える申請があったという。ノミネーションはミュージシャン、プロデューサー、レコーディング・エンジニアなど音楽のプロフェッショナルらからなるレコーディング・アカデミー会員、そしてレコード会社から申請を受けたものをエキスパートがジャンル別に分け(Screening)、その後レコーディング・アカデミーの投票メンバーによってノミネーション(Nomination)が決定。その際投票メンバーは主要4部門に加えて、各々専門の分野のカテゴリに投票するという。受賞を決める最終的な投票(Final Voting)もレコーディング・アカデミーの投票メンバーが行う。

関連記事

新着記事

人気の記事

海外の洋楽情報をフォロー