アメリカズ・ゴット・タレント『ザ・チャンピオンズ』にコートニー・ハドウィン、ジャッキー・エヴァンコら全50組決定


2400 1350 VOICE

来月に迫った米NBCアメリカズ・ゴット・タレントのスピンオフ『アメリカズ・ゴット・タレント: ザ・チャンピオンズ』(原題 America’s Got Talent: The Champions)の残り25組の出場者がNBCより正式に発表され、全出場者が明らかになった(現地時間11月30日)。史上初となる『ザ・チャンピオンズ』は、AGT歴代優勝者及びファイナリストそして世界194の国と地域で展開する『ゴット・タレント』フランチャイズの優勝者及びファイナリストから「世界で最も才能のある、最も忘れられない人気アクト」(プレスリリース)となる厳選された合計50組がアメリカに集結、オールスターによる才能の頂点を競う頂上決戦が行われる。今回の第2弾発表では、AGT2018ファイナリストの14歳歌手コートニー・ハドウィン、AGT2017準優勝11歳歌手アンジェリカ・ヘイル、AGT2010準優勝ジャッキー・エヴァンコなど注目のシンガーらが発表された。

普段は物静かでシャイな子だというイングランド北東部ダラムからやってきたコートニー・ハドウィン(Courtney Hadwin)は、今年夏のAGTシーズン13のオーディションでオーティス・レディング(Otis Redding)の1968年曲「Hard to Handle」を憑依的な歌声とムーブで披露。鳴り止まぬスタンディングオベーションで会場を熱気で包むと、ジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)を彷彿とさせると興奮の審査員ホーウィー・マンデルがゴールデンブザーを贈った。その圧巻の歌声は全米から瞬く間に世界に渡りセンセーションを巻き起こした少女は、その後もソウルとロックンロールの古き魂を宿す迫力の歌声で60年代曲を熱唱、当時青春時代を送った世代のみならず、若い世代からも熱狂的人気を集め全米を魅了し続けた。

優勝最有力候補の一人として注目を集めたコートニーだったが、アメリカの投票の結果トップ6で敗退。その波乱のシーズン・ファイナルは「番組史上最もサプライズで衝撃的な結末の一つ」とも米メディアで報じられた。People誌でコートニーは当時を振り返り、「人生で最高の経験だったわ」、「ファイナルの舞台に立ててとっても幸せを感じていた。トップ10に入れて負けたなんてそんな風には全然感じない、ずっと自分らしさを貫くことができたわ」。「私にとって勝つことが全てじゃなかった。歌うのが本当に大好き、それが私にとって全てだわ」。現在サイモン・コーウェルのレーベルとのレコード契約に向けた話も出ているといい『ザ・チャンピオンズ』での活躍にも大きな注目が集まる。今回の発表を受け、コートニーは自身のSNSで「こんなにも素晴らしい番組に招待され光栄です。ダーシ・リンと一緒に過ごせて最高❤️😝❤️」AGT2018からは、優勝者シン・リム(Shin Lim)、コートニー・ハドウィンの他、第4位となったコメディアンのサミュエル・J・コンムロ(Samuel J. Comroe)、ファイナリストの「トレーラーの悪い子ちゃん」ことヴィッキー・バーボラク(Vicki Barbolak)が加わる。

また昨年ダーシ・リンとともにAGT2017を盛り上げ、小さな体から想像できないパワフルな圧倒的歌声でゴールデンブザーを獲得し、番組史上最年少で準優勝を果たしたアトランタのアンジェリカ・ヘイル(Angelica Hale)も戻ってくる。その後数々のイベントから引っ張りだこのアンジェリカ・ヘイルは、昨年メイシーズ・サンクスギヴィング・デイ・パレードに招かれた他、『Little Big Shots』、『Today』など番組にも出演、現在制作中のデビュー・アルバムが待ち望まれるなか、『ザ・チャンピオンズ』では再びダーシ・リンとの闘いなるか、昨年から一層磨きをかけた類まれな歌唱力にも高い期待が寄せられる。

そして日本でも人気あるクラシカル・クロスオーバー・シンガーのジャッキー・エヴァンコ(Jackie Evancho)も参戦、8年ぶりにその頂点をかけた舞台に戻ってくる。ジャッキー・エヴァンコはAGT2010で当時10歳で挑戦、年齢離れした気品を漂わせながら天使の歌声で全米の心を奪い準優勝を果たした。ローマ教皇、オバマ元大統領らへの披露をはじめ、2017年にはアメリカ合衆国大統領就任式で国歌斉唱の大役を担ったピッツバーグの18歳は、米国内だけでも300万枚を超えるアルバムを売り上げ、これまでリリースした7作は全米ビルボード・チャートのクラシカル・アルバム部門で全て首位を獲得。現在制作中のアルバムはブロードウェイ・ミュージカル『ハミルトン』(原題:Hamilton)、『ディア・エヴァン・ハンセン』(原題:Dear Evan Hansen)、映画『グレイテスト・ショーマン』(原題:The Greatest Showman)など劇場音楽のコンテンポラリーのアルバムとなり「新しいアメリカのソングブック」になるという。成長と共に深みを増す優雅な美しい歌声で魅了し続ける18歳は、現在トランスジェンダーの権利平等の実現のために闘うトランスジェンダーの姉を支えている。

ジャッキー・エヴァンコと同じくデイヴィッド・フォスター(David Foster)がそのデビュー・アルバムを手がけた現在23歳のビアンカ・ライアン(Bianca Ryan)も今回正式発表。当時11歳で2000万人を超えるアメリカのハートを捉え優勝を果たしたビアンカ・ライアンはその後ブロードウェイでも活躍、AGT初代王者がその舞台に戻ってくる。またサイモン・コーウェルのSyco Musicから昨年デビュー・アルバム『Our Generation』をリリースしたBGT2017優勝者、ロンドンのピアニスト34歳トキオ・マイヤーズ(Tokio Myers)も参戦。フル・スカラーシップのもと英国王立音楽大学で培ったクラシックをベースにモダン音楽、映像芸術を融合させたユニークな世界観で魅了する。

先月の第1弾発表(記事)では、AGT2017優勝者「歌う天才腹話術少女」14歳ダーシ・リン(Darci Lynne Farmer)、BGT2009準優勝者スーザン・ボイル(Susan Boyle)、BGT初代王者ポール・ポッツ(Paul Potts)ら豪華スターの出場が明らかにされた。地球最強の才能を決する『アメリカズ・ゴット・タレント: ザ・チャンピオンズ』は来年、2019年1月7日(現地時間)より7週に渡って放送予定。審査員にはこれまで通りAGTの審査員サイモン・コーウェル(Simon Cowell)ホーウィー・マンデル(Howie Mandel)メル・B(Mel B)ハイディ・クルム(Heidi Klum)。司会はタイラ・バンクス(Tyra Banks)に代わって、元NFL選手・俳優テリー・クルーズ(Terry Crews)が務める。なお『ザ・チャンピオンズ』全出場者リストは以下の通り。

 
『アメリカズ・ゴット・タレント』より

シン・リム/Shin Lim(マジシャン) AGT2018 優勝
コートニー・ハドウィン/Courtney Hadwin(歌手)AGT2018 ファイナリスト
サミュエル・J・コンムロ/Samuel J. Comroe(コメディアン)AGT2018 ファイナリスト
ヴィッキー・バーボラク/Vicki Barbolak(コメディアン)AGT2018 ファイナリスト

ダーシ・リン/Darci Lynne Farmer(腹話術師)AGT2017 優勝
アンジェリカ・ヘイル/Angelica Hale(歌手)AGT2017 準優勝
ライト・バランス/Light Balance(LEDダンスグループ)AGT2017 ファイナリスト
ケチ/Kechi(歌手)AGT2017 ファイナリスト
サラ&ヒーロー/Sara & Hero(犬芸)AGT2017 ファイナリスト
Billy and Emily England(デンジャー・ローラースケーター)AGT2017 ファイナリスト
Preacher Lawson(コメディアン)AGT2017 ファイナリスト
Colin Cloud(メンタリスト)AGT2017 ファイナリスト

ソフィー・ドッシ/Sofie Dossi(曲芸)AGT2016 ファイナリスト
Deadly Games(デンジャー・ナイフ)AGT2016 ファイナリスト
Tape Face(コメディアン)AGT2016 ファイナリスト
Sal Valentinetti(歌手)AGT2016 ファイナリスト
Jon Dorenbos(マジシャン)AGT2016 ファイナリスト
The Clairvoyants(メンタリスト)AGT2016 ファイナリスト
Sal Valentinetti(歌手)AGT2016 ファイナリスト
Brian Justin Crum(歌手)AGT2016 ファイナリスト
Viktor Kee(ジャグラー)AGT2016 ファイナリスト

Paul Zerdin(腹話術師)AGT2015 優勝
Piff the Magic Dragon(コメディアン/マジシャン)AGT2015 ファイナリスト
Drew Lynch(コメディアン)AGT2015 ファイナリスト
Ryan Stock & AmberLynn(デンジャー)AGT2015 ファイナリスト

Sons of Serendip(音楽グループ)AGT2014 ファイナリスト
蛯名 健一/Kenichi Ebina(ダンス)AGT2013 優勝
Taylor Williamson(コメディアン)AGT2013 準優勝
Tom Cotter(コメディアン)AGT2012 準優勝
ジャッキー・エヴァンコ/Jackie Evancho(オペラ歌手)AGT2010 準優勝
Uzeyer Novruzov(はしごバランス)AGT2010 ファイナリスト
Prince Poppycock(オペラ歌手)AGT2010 ファイナリスト
The Texas Tenors(オペラ歌手)AGT2009 ファイナリスト
ビアンカ・ライアン/Bianca Ryan(歌手)AGT2006 優勝

『ブリテンズ・ゴット・タレント』より

Lost Voice Guy(コメディアン)BGT2018 優勝
トキオ・マイヤーズ/Tokio Myers(ピアニスト)BGT2017 優勝
イジー・シンプソン/Issy Simpson(マジシャン少女)BGT2017 準優勝

アトラクション/Attraction(シャドー・ダンス・グループ)BGT2013 優勝
Darcy Oake(マジシャン)BGT2013 ファイナリスト
Ashleigh and Sully(犬芸)BGT2012 優勝
The Professional Regurgitator(呑み込み×吐き出し)BGT2010 ファイナリスト
スーザン・ボイル/Susan Boyle(歌手)BGT2009 準優勝
ポール・ポッツ/Paul Potts(オペラ歌手)BGT2007 優勝

その他の国より
Moonlight Brothers(ダンス・グループ)デンマークGT2018 優勝
クリスティーナ・ラモス/Cristina Ramos(オペラ×ロック歌手)スペインGT2016 優勝
DJ Arch Jnr(DJ)南アフリカGT2015 優勝
Alex Magala(剣呑み込み)ロシアGT2014 優勝など
DDF Crew(縄跳び)オランダGT2012 優勝/ベルギーGT2016 ファイナリスト
Cosentino(エスケープ・アーティスト)オーストラリアGT2011 優勝
Justice Crew(ダンス・歌グループ)オーストラリアGT2010 優勝
Kseniya Simonova(サンド・アーティスト)ウクライナGT2009 優勝

関連記事

新着記事

海外の洋楽情報をフォロー