映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』サントラ、底辺から這い上がる栄光と祝杯のアンセム「Good Life」他MV続々公開


1600 900 VOICE Editor
「戦友ポール・ウォーカー…、おまえは我々と共にいる」――収録曲「Gang Up」より

トリビュート・ソング「See You Again」と共に惜しまれながら元捜査官ブライアン・オコナー役を演じる故・米俳優ポール・ウォーカー(Paul Walker)と別れを告げた前作『ワイルド・スピード SKY MISSION』(原題:Furious 7)からおよそ2年。「俺には友達はいない。俺にはファミリーがいる」。そのクライム・アクション映画『ワイルド・スピード』シリーズの第8弾、米映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』(原題:The Fate of the Furious)がいよいよ来月4月14日より全米で一般劇場公開を迎えます。

昨年12月より公開が開始された予告編では、堅い絆で結ばれていたファミリーへのドミニクの裏切り、そして手に汗握るカー・アクションシーンや巨大潜水艦シーンが描かれ、24時間史上最多再生回数で歴史的記録を樹立。シリーズを重ねるごとにそのスケール、興行収入を加速度的に増す中、名だたるラッパー、R&Bシンガーが集結する豪華な同映画サウンドトラック・アルバム『The Fate of the Furious: The Album』では、アルバムリリースに先立ちその話題曲が次々にシングル・リリースされます。

3rdシングル曲となる「Good Life」では、米ラッパーG-Eazy、米R&Bシンガー・ソングライター、ケラーニ(Kehlani)が「Get Away」、「Everything Will Be OK」(『When It’s Dark Out』)に続き息の合ったコラボレーションを披露。

これまでの全ての自分の人生に祝杯をあげよ/ヘイターにはダブル中指を掲げよ/人生はこれから良くなっていくばかり/私たちはゼロから登りつめてきたんだ/最高峰の摩天楼よりも空高くへと/リトル・リーグじゃない、私たちはメジャー・リーグ/その証は新聞に記さている

良いことは良き人生に残し/良いことは良き人生に残し/悪いことは過去に流そう、もう私たちは大丈夫だ

ニューヨークシティ、ダウンタウン・マンハッタン、ブルックリン・ブリッジが映し出され、摩天楼のサンセットの中ケラーニがそのリリックと共に天に捧ぐ「Good Life」のミュージック・ビデオでは、ヴィン・ディーゼル(Vin Diesel)演じるドミニクとミシェル・ロドリゲス(Michelle Rodriguez)演じるレティのシーンの他、これまでなかった映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』のカー・アクション・シーンが登場。

そう、私たちは底辺から上り詰める/ずっと空高くへ、そして今私たちは天空光を覆うまで/私たちは帝国を築いているんだ/その全てを私たちは共に支配する/さあ見て、運命的なもの/私たちは今最高だわ、レジェンド/ここにあなたと私/空高く祝杯をあげよう

堅い仲間の絆、結束とともに底辺から上りつめる栄光と祝杯のアンセムをロサンゼルスのルーフトップでG-Eazyとケラーニがラップとダンスで協奏すると、「良いことは良き人生に残し/悪いことは過去に流そう、もう私たちは大丈夫だ」のフックと共にドミニクとレティが笑顔のなか寄り添いその場をあとにします。

ケラーニは地球上で最も好きな仲間の一人だ」と語るのはG-Eazy。「彼女は物凄く才能溢れるだけではなく、特別な魂を持っているんだ」、今月1月にデビュー・アルバム『SweetSexySavage』ダウンロード版)をリリースし、全米ビルボード総合アルバムランキング「Billboard 200」で初登場第3位、「R&B/ヒップ・ホップアルバム部門」(Top R&B/Hip-Hop Albums)で第2位を記録した期待の新星ケラーニをG-Eazyが絶賛。

そのケラーニも「G-Eazyとのコラボレーションはいつも特別だわ、なぜならそれが音楽よりも深く、友情であり、共にファミリーで成功したいと願うものだからだわ」と語るとともに、「このアルバム、そしてワイルド・スピード・シリーズに携わることができ、とても光栄だわ。最高のアクション映画の一ファンとしてだけではなく、ワイルド・スピード・シリーズの熱狂的なファンとして、自分が起用されるとは夢にも思ってなかったわ」と世界的映画シリーズ『ワイルド・スピード』への思いを明かします。「私はワイルド・スピード・シリーズを観て育ったの、いつも次はどうなるのかと楽しみにしていたわ。…、ミュージック・ビデオはワイルド・スピードのもつ素晴らしい魅力が詰まっているわ、やみつきになる車、友情、かっこいい街並み、そしてハンパない登場人物たち」。

「Hey Ma」

今音楽界で最も注目を浴びるソロ・アーティストとなったカミラ・カベロは「ピットブルとJ.バルヴィンと共演できるなんて物凄く光栄だわ」、「この素晴らしいシリーズ、そして特に私の故郷であるキューバで撮影されたこの映画に携わることができ、とても興奮しているわ」とコメントしている。

今月3月10日にリリースされ、iTunes世界10カ国で第1位、世界22カ国でトップ10となった同アルバム2ndシングル曲「Hey Ma」(スペイン語版)では、ラテングラミー賞受賞のコロンビア出身レゲトン・スーパースター、J.バルヴィン(J Balvin)とグラミー賞受賞米ラッパー、ピットブル(Pitbull)の初の歴史的コラボレーションと共に、全米人気ガールズ・グループ、フィフス・ハーモニー(Fifth Harmony)の元メンバー、キューバ系米歌手カミラ・カベロ(Camila Cabello)が参加。

キューバ人の両親をもつピットブルの故郷、米マイアミで撮影された「Hey Ma」(スペイン語版)ミュージック・ビデオでは、キューバの鮮やかな街並み、ストリート・ミュージック、サッカーなどキューバの文化が鮮明に映し出され、世界各国を舞台とする多彩なワイルド・スピードの魅力とともに、アップビートなサマー・ナンバーで盛り上げます。

「Go Off」

今月3月2日にリリースした同サントラ1stシングル曲「Go Off」では、米ラッパー、リル・ウージー・ヴァート(Lil Uzi Vert)、Migosの米ラッパー、クエヴォ(Quavo)、そして米ラッパーのトラビス・スコット(Travis Scott)がチーム・アップ。

「Gang Up」

※追記、オハヨ!現地時間4月14日、結集と題する「Gang Up」ミュージック・ビデオが公開。

また前サントラ収録曲「See You Again」でチャーリー・プース(Charlie Puth)と共に世界的メガヒットを記録したウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)が再び同サントラ参加。米ラッパー、ヤング・サグ(Young Thug)、米ラッパー、2チェインズ(2 Chainz)、米ラッパーPnB Rockとコラボレーションした4thシングル曲「Gang Up」を先週3月24日にリリース。同映画シリーズのテーマでもある、たとえどんなことがあっても結束する仲間の絆が謳われる中、「ここに安らかに眠れ、戦友ポール・ウォーカー、そして立ち上がるんだ/おまえは我々の中核だった、いや我々の中に生き続ける」とそのリリックで力強くトリビュートを捧げます。

※追記、PnB Rock、コダック・ブラック(Kodak Black)、ア・ブギー(A Boogie)による5thシングル曲「Horses」が3月30日にリリース。

「Hey Ma」の英語版をはじめ、その他米ラッパー、タイ・ダラー・サイン(Ty Dolla $ign)、セージ・ザ・ジェミニ(Sage the Gemini)、ジェレマイ(Jeremih)など豪華ラッパーが集結し熱気迸るヒップ・ホップが収録されるサウンドトラック・アルバム『The Fate of the Furious: The Album』は、全米で一般劇場公開を迎える4月14日に同日リリース

果たしてドミニクの裏切りの行方は…、「Good Life」、「Gang Up」の曲の意味が過る中、映画『ワイルド・スピード』シリーズ第8作目、映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』は日本ではゴールデンウィークにあわせ、来月4月28日(金)にいよいよ国内一般劇場公開を迎えます。

(サイト)ワイルド・スピード日本公式サイト

(記事)“THE FATE OF THE FURIOUS: THE ALBUM” RACES TOWARD RELEASE WITH ANOTHER MASSIVE SINGLE/VIDEO: “GOOD LIFE” BY G-EAZY & KEHLANI” on Clizbeats
(記事)“Fate of the Furious: Pitbull, Camila Cabello debut new song from soundtrack” on EW
(記事)“G-Eazy, Kehlani debut ‘Good Life’ video from The Fate of the Furious” on EW
(記事)“Camila Cabello, Pitbull & J Balvin Team Up For ‘Fate of the Furious’ Track ‘Hey Ma’: Watch the Video” on Billboard


Fate of the Furious: The Album Tracklist
1. Young Thug, 2 Chainz, Wiz Khalifa & PnB Rock – “Gang Up”
2. Lil Uzi Vert, Quavo & Travis Scott – “Go Off”
3. G-Eazy & Kehlani – “Good Life”
4. PnB Rock, Kodak Black & A Boogie Wit da Hoodie – “Horses”
5. Migos – “Seize The Block”
6. YoungBoy Never Broke Again – “Murder” Feat. 21 Savage (Remix)
7. Bassnectar – “Speakerbox” Feat. Ohana Bam & Lafa Taylor (F8 Remix)
8. Post Malone – “Candy Paint”
9. Kevin Gates – “911”
10. Lil Yachty – “Mamacita” Feat. Rico Nasty
11. Jeremih, Ty Dolla $ign & Sage The Gemini – “Don’t Get Much Better”
12. Pitbull & J Balvin – “Hey Ma” Feat. Camila Cabello (Spanish Version)
13. Pinto “Wahin” & DJ Ricky Luna – “La Habana” Feat. El Taiger
14. J Balvin & Pitbull – “Hey Ma” Feat. Camila Cabello

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー