MNEK×ヘイリー・スタインフェルド、心躍るサマーアンセム「Colour」MV公開


2400 1350 laurus

ビヨンセ(Beyoncé’)、マドンナ(Madonna)、デュア・リパ(Dua Lipa)ら豪華スターの曲を手がける英MNEKと、「Let Me Go」のヘイリー・スタインフェルド(Hailee Steinfeld)による恋のサマー・アンセム「Colour」ダウンロード版)のミュージック・ビデオが現地時間6月27日、一般公開されました。「Colour」はMNEKの「Tongue」に続く最新シングル曲、今年遅くにもリリースされるMNEKのデビュー・アルバム『Tongue』に収録される予定です。

君と出会う前は/全てが白黒だった/でも今は全てがカラフル/空にかかる虹のように/君の愛が決して消えることがないと教えて/灰色の雲を見ることはないと/それはイヤだから/君は私の人生に色をもたらしてくれた、baby

ザ・スクリプト(The Script)の「Rain」を彷彿とさせるメロディーから、サマー・ヴァイヴ漂うアップビートなダンス・サウンドで多幸感吹き込む「Colour」のソングライターには、同曲の音楽プロデューサーを務めるMNEK、そして「2002」で世界的ヒットを記録しているアン・マリー(Anne-Marie)。またタイニー・テンパー(Tinie Tempah)、Lethal Bizzleらの曲を手がけるオランダ出身の音楽プロデューサー、ディストーション(Diztortion)が加わります。

幸せと歓びをもたらしてくれた人へ贈るラブ・ソングに「この曲に携わることができて、とてもワクワクしているわ」(SNS)とヘイリー・スタインフェルド。「この曲が公開になって、すっごくハッピー!」(SNS)。LGBTQなカラフルなスクリーンの「Colour」の映像監督には、「Tongue」、そしてチャーリーXCX(Charli XCX)「5 In The Morning」のミュージック・ビデオを手がけたアート・ディレクター・デュオ、Bradley & Pablo(ブラッドリー&パブロ)

セクシーなレッド・クイーンな姿で登場し、ティアラがキュートなヘイリー・スタインフェルドは「全てが輝いている、不可能なんてないわ/Baby、あなたはそう私に感じさせてくれる/そうだよね」、「あなただけが私の日を輝かせるわ」、「あなたのおかげで見つけた、全く新しい自分の色合い」、「あなたはそのカラーをもたらしてくれた、あなたはそのカラーをもたらしてくれたわ」。

Colour


プライド・マンスとなった6月1日にリリースされ、レインボー・フラッグを想起させるタイトルとなった「Colour」。同曲についてLGBTQコミュニティーでは、LGBTQアンセムとしても取り上げられるなか、自身がゲイであることを告白しているMNEK(本名Uzoechi Emenike)は「私が成すべき最高のことは、(…)何よりもオープンなゲイの黒人ポップ歌手としてポジティブなメッセージを送り出すこと」(Gay Times)。「それは私の責任かもしれない、誰も私のような人はいないからね」、「でも(責任というより)むしろ、大いに楽しんで、自分のできることに挑戦していこうって、そう捉えているよ」。

ザラ・ラーソン(Zara Larsson)の世界的ヒット曲「Never Forget You」を生み、クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)最新アルバム『Liberation』では収録曲「Deserve」をプロデュースしているMNEK、「黒人×ゲイ×ポップのエクスペリエンス」(BBC)を目指しているというそのデビュー・アルバムは、年内にもリリース予定。


一方、ケイティ・ペリー(Katy Perry)のワールドツアー『Witness: The Tour』に同行していたヘイリー・スタインフェルドは、来月から9月まではチャーリー・プース(Charlie Puth)『Voicenotes Tour』の北米ツアーに同行予定。女優に歌手に大忙しのなか、そのファン待望のデビュー・アルバムについて、ヘイリー・スタインフェルドは「今制作中のアルバムを皆に聞いてもらえるのが待ち遠しくワクワクしているわ」。「心の奥では、”急ぐ必要はない”って思ってて、でも”いや、ファンが!早くしてって願ってるわ!”ってね」。「できる限り早く届けたくって、でも万全にしたいって思ってるわ」。「“もうすぐ”っていう言葉は使いたくないけど…、もうすぐだわ!

関連記事

新着記事

海外の洋楽情報をフォロー