ヘイリー・スタインフェルド、赤裸々の新曲「Wrong Direction」MV公開


2560 1441 VOICE Editor

ヘイリー・スタインフェルド(Hailee Steinfeld)の新曲「Wrong Direction」のミュージック・ビデオが現地時間1月8日に公開された。「Wrong Direction」は、Apple TV+オリジナル・シリーズ『ディキンスン』〜若き女性詩人の憂鬱〜(原題:Dickinson)の曲「Afterlife」に続くシングル。浮遊感のある柔らかな夢現のサウンドにのせ、洗い流すことのできない胸の傷を赤裸々に描く。

(バース1)「嫌いじゃない、あなたのこと/そう望んでも、できっこない/ただ嫌いなのは、あなたから受けた全ての傷と/あなたにそうさせた自分を責める全ての痛み/知ってた?私が知ってたって」、「煙がかってあなたを見ることすらできなかった/思い返すと、あの時気づくべきだった/でもただ私は信じたかった、あなたが一人で寝ているんだと」

(コーラス)「最悪の目的であなたは私を愛した/疑う余地もなかった/あなたが私を燃やし尽くす度に/なぜだかちょっとの間、天国のように感じた/最悪の目的であなたは私を愛した/幸せな未来があると塗り固め/私を燃やし尽くす度に/なぜだかちょっとの間、天国のように感じた」、「そして胸が張り裂ける痛み/間違った恋に落ちていきながら」

ヘイリー・スタインフェルドが人生で最も辛い時期に書いたという「Wrong Direction」のコー・ライターには、デュア・リパ(Dua Lipa)のヒット曲「IDGAF」の音楽プロデューサーKOZ、そのソングライターSkyler Stonestreet、そしてカナダのシンガー・ソングライター、ロウェル(Lowell)。そのタイトルからファンの間では、元ワン・ダイレクション(One Direction)のメンバー、ナイル・ホーラン(Niall Horan)との関係を描いたものでは、と言われている。2018年2月にロマンスが噂されたヘイリー・スタインフェルド(23歳)とナイル・ホーラン(26歳)は、同年12月に破局が報じられた。ナイル・ホーランと同曲との関係について、ヘイリーは言及していない。

浴槽に浸かるヘイリーの憂愁の眼差しを接写する映像は、マイリー・サイラス(Miley Cyrus)の「Slide Away」の映像監督アレクサンドル・ムーアズ(Alexandre Moors)が監督を務め製作。ミュージック・ビデオの公開にあたり、ヘイリーは自身のSNSで「気に入ってくれたらと願っているわ。みんな通る道だよね、ただこのことは忘れないで、あなたは独りじゃない」。「こうした経験を通じて、共に私たちが成長できることに心から感謝しているわ。あなたの感想ぜひ聞かせて欲しいな🖤」とコメントしている。

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー