ジョナス・ブラザーズ、クリスマス・ソング「I Need You Christmas」リリース【更新】


2560 1440 VOICE Editor
更新:リリックビデオが公開

ジョナス・ブラザーズ(Jonas Brothers)がオリジナルのクリスマス・ソング「I Need You Christmas」ダウンロード版)を今日リリースした(2020年10月30日)。長男ケビン・ジョナス(Kevin Jonas)、次男ジョー・ジョナス(Joe Jonas)、三男ニック・ジョナス(Nick Jonas)の子供の頃の家族写真を添え、やさしいピアノとノスタルジックなストリングス、テンダーな歌声で時を超えても変わらぬものを歌う。※【更新】リリックビデオが現地時間2020年11月16日に公開された。

(バース1)「クリスマス、君と一緒にいたい/暖炉を囲む友達/孤独を感じる日々/最近は特に寂しく感じる/クリスマスに君が必要だ/どこにも行かず家族で/こずえに天使、雪に天使/Oh、寒いね」(コーラス)「季節は移り変わり/過ぎ去っていく/でも一つだけ確かなこと/君はずっと変わらない/あの頃のまま」

アデル(Adele)「Hello」のグラミー賞受賞音楽プロデューサー、グレッグ・カースティン(Greg Kurstin)がプロデュース。米ポップ・ロック・バンドBefore You Exitの3兄弟(Riley McDonough、Connor McDonough、Toby McDonough)とともにジョナス・ブラザーズがコー・ライトした。

ハートウォーミングな家族愛が流れるクリスマス・ソング「I Need You Christmas」のリリースに際し、ジョナス・ブラザーズは自身のSNSで「すごくクレイジーな年になって、皆が楽しみを心から望んでいる。そのクリスマスは僕たちを一つにし、最も困難な時に喜びを届けてくれる」。「僕たちにとってこの歌は、子供の頃の雪合戦や近くの丘のそり滑り、そうした思い出を呼び起こしてくれる歌。クリスマスツリーを飾って家族と一緒に過ごした頃に僕たちを引き戻してくれる。僕たちが感じたように、この歌が皆にも同じ温もりと幸せを届けられたらと願っているよ」。

© JONAS BROTHERS / INSTAGRAM

ジョナス・ブラザーズにとって「I Need You Christmas」は昨年11年ぶりにリリースされたクリスマス・ソング「Like It’s Christmas」(記事)に続くクリスマス・ソング。全米ビルボード「アダルト・コンテンポラリー」で首位となった「Like It’s Christmas」はこれまでに世界ストリーミング1億3000万回以上を記録。今月(現地時間2020年10月14日)開催の2020年ビルボード・ミュージック・アワード(2020 Billboard Music Awards)でジョナス・ブラザーズは「トップ・デュオ/グループ賞」、「トップ・ラジオ・ソング・アーティスト賞」、「トップ・ラジオ・ソング賞」(”Sucker”)の3部門で受賞。また今月(現地時間2020年10月26日)発表の第48回アメリカン・ミュージック・アワード(American Music Awards 2020)のノミネーションで「Favorite デュオ/グループ賞 – ポップ/ロック」と「Favorite アーティスト – アダルト・コンテンポラリー」の2部門でノミネートされている。2020年アメリカン・ミュージック・アワード授賞式は現地時間2020年11月22日に開催される。

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー