ユーロビジョン2020、全41カ国代表曲 今年のテーマは「Open Up」


2560 1440 VOICE Editor

今年は41カ国が頂点をかけて戦う世界最大規模の歌コンペティション、『ユーロビジョン・ソング・コンテスト2020』(Eurovision Song Contest 2020)がいよいよ再来月5月に前大会優勝国オランダで開催される。準決勝前半戦は現地時間5月12日、後半戦は5月14日、決勝戦は5月16日に開催。昨年辞退したブルガリアとウクライナが復帰し、一方ハンガリーとモンテネグロが今回不参加となり、計41カ国となった。

準決勝戦では前半戦(17カ国)、後半戦(18カ国)からそれぞれ10カ国が決勝進出。決勝戦では、準決勝を勝ち上がった20カ国に加えて、ビッグ5(フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス)、そして開催国オランダの計26カ国で競い合う。いずれも視聴者票(電話、SMS、アプリ)と各国審査員票の合計得点で決せられる(Rules – Eurovision Song Contest 2020)。ユーロビジョンに向け現在各国で全国大会などが開催され、国を代表するアーティスト・曲が次々に選出されている。歴代最多優勝国アイルランドに次いで6度の優勝を誇る強豪国スウェーデンは、全国大会『Melodifestivalen 2020』(メロディーフェスティバーレン2020)決勝戦(記事)を日本時間3月8日に控えており、この日に各国を代表するアーティストが全て決まる見通しとなっている。

【追記】現地時間3月12日、残されていたロシアの代表曲が発表され、41カ国全ての代表曲が決定した。3月14日時点のオッズによると、ブルガリアが優勝候補として注目を集めている。

記念すべき第65回目を迎えた今年のスローガンは「Open Up」(開く、心を開く、咲く)。あえて抽象的にすることで、それぞれ自由に開かれた解釈を目的としているという。ユーロビジョン2020製作総指揮のSietse Bakkerは、「我々はオランダという国、オランダ人を表象するものを反映した今大会のテーマ、スローガンを模索していました。オランダは、世界に対して偏見のない開かれた心を持った国、互いに尊重し合い自分の考え方を話す国です」(Eurovision)。「同時に今日の社会情勢を反映したテーマを選ぶことが重要であると考えました。対立・分裂が増え、本来あるべき自由が限られていることに人々は懸念を抱いています。スローガンをOpen Upとすることで、皆さんがお互いに心を開き迎え入れ、異なった意見、それぞれのストーリーを分かち合い、そして勿論、お互いの音楽を分かち合う機会にできればと心より思っております」。

ユーロビジョン2020 - ロッテルダム / Photo by: NPO/AVROTROS/NOS
ユーロビジョン2020 – ロッテルダム / Photo by: NPO/AVROTROS/NOS

これまで異文化を共有し、多様性とインクルーシブをテーマとしてきたユーロビジョン。「Open Up」はそこからさらに新たな一歩踏み出したものであるとユーロビジョンのエグゼクティブ・スーパーバイザーJon Ola Sandは強調する。「(最初のユーロビジョンが開催された)1956年、たった7カ国だけが大会を観ることができましたが、それ以降ヨーロッパ全土、そしてオーストラリア、さらに今はストリーミングを通じて全世界の人々へ開かれています」。もともとユーロビジョンは、第二次世界大戦後、音楽を通じてヨーロッパの絆を深めるために始まった。ユーロビジョンの模様は日本からもライブで観ることができ、楽しみにしている日本ファンも多い。「ユーロビジョンの価値は普遍性とインクルーシブ、そして音楽を通じた多様性の祝福という我々の誇り高き伝統です。そして今、我々は新たな価値を付け加えるのです、それこそがopenness(寛容さ、開放性)です」。

第65回記念を祝うユーロビジョン2020のロゴは、ユーロビジョンに参加した年順に12時の位置から時計回りで全41カ国の国旗カラーが描かれ、風車のように一つの円になっている(図:Eurovision)。そのロゴについてSietse Bakkerは、「それはストーリーを語るものです。カラフルで、めだたく、そして重要なこととして、広く解釈できるものです」とし、ユーロビジョンの多様性、インクルーシブとともにスローガン「Open Up」が美しい形で描かれているという。「偶然にも最初のユーロビジョンは1956年オランダで開催されました。そのため、タイムラインはオランダの国旗カラーで始まっています」。

開催地に選ばれたのは、世界屈指の港湾都市としても知られるオランダ第2の都市ロッテルダム。まさにユーロビジョンの理念と重なる街だったという。ロッテルダムは、第二次世界大戦で壊滅的状態に陥ったが、その後復興を遂げ、今では世界的に有名なモダンで斬新な建築物が立ち並ぶ。「多様性に富み、創造的で革新的、そしてダイナミックな都市」と言われているという。今大会の舞台となる屋内競技場Rotterdam AhoyのCEO、Jolanda Jansenはロッテルダムについて「我々は若く、活気に満ち、国際的な都市です」(Eurovision)と語る。奇抜な建築、創造性豊かなエネルギーと芸術性に溢れる色鮮やかな街に、国を代表する41カ国のアーティストが集まり、多様性に富んだ文化と音楽を祝福する。

果たして2020年代最初の優勝国はどの国に?41の参加国、各国代表アーティスト・曲など詳細は以下の通り(※発表され次第更新)。

準決勝・前半戦

〈前半組〉オーストラリア、ベラルーシ、アイルランド、リトアニア、北マケドニア、ロシア、スロベニア、スウェーデン〈後半組〉アゼルバイジャン、ベルギー、クロアチア、キプロス、イスラエル、マルタ、ノルウェー、ルーマニア、ウクライナ
※現地時間5月12日開催

準決勝・後半戦

〈前半組〉オーストリア、チェコ、エストニア、ギリシャ、アイスランド、モルドバ、ポーランド、サンマリノ、セルビア〈後半組〉アルバニア、アルメニア、ブルガリア、デンマーク、フィンランド、ジョージア、ラトビア、ポルトガル、スイス
※現地時間5月14日開催

決勝戦

〈ビッグ5〉フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス
〈開催国〉オランダ
〈準決勝進出〉20カ国
※現地時間5月16日開催

アイスランド

アーティストDaði & Gagnamagnið
Think About Things
言語英語
参加回数33回目
優勝歴
前大会成績10位

アイルランド

アーティストLesley Roy / レスリー・ロイ
Story Of My Life
言語英語
参加回数54回目
優勝歴7度(1996, 1994, 1993, 1992, 1987, 1980, 1970)
前大会成績– (準決勝18位)

過去7度優勝し、歴代最多優勝国のアイルランド。最近は優勝から遠ざかっているなか、再びアイルランドの栄光を取り戻すべく運命を委ねるのは、ダブリン出身、現在ニューヨークを拠点に活動するシンガー・ソングライター、レスリー・ロイ(Lesley Roy)。2008年、マックス・マーティン(Max Martin)プロデュースのアルバム『Unbeautiful』(タイトル・トラック)でデビュー。心震わすパワフルな歌声で魅せるオルタナティヴ・ロックから、心に触れるカントリー・ソングを手がけるなど豊かな経験を積み、ケイティ・ペリーを彷彿とさせるポップの王道をいくアップリフティングなナンバー「Story Of My Life」でカムバックとなる。キャッチーな「Story Of My Life」のソングライターは、レスリー・ロイに加え、ナッシュビルのRobert Marvin、Catt Gravitt、Tom Shapiro。今大会最もアメリカ的なポップ・ソングで挑む。

アゼルバイジャン

アーティストSamira Efendi
Cleopatra
言語英語
参加回数13回目
優勝歴1度(2011)
前大会成績8位

アルバニア

アーティストArilena Ara
Shaj
言語アルバニア語, 英語
参加回数17回目
優勝歴
前大会成績17位

アルメニア

アーティストAthena Manoukian
Chains on You
言語英語
参加回数14回目
優勝歴
前大会成績– (準決勝16位)

イギリス

アーティストJames Newman
My Last Breath
言語英語
参加回数63回目
優勝歴5度(1997, 1981, 1976, 1969, 1967)
前大会成績26位

イスラエル

アーティストEden Alene
Feker Libi
言語アムハラ語,英語等
参加回数43回目
優勝歴4度(2018, 1998, 1979, 1978)
前大会成績23位

イタリア

アーティストDiodato
Fai Rumore
言語イタリア語
参加回数46回目
優勝歴2度(1990, 1964)
前大会成績2位

ウクライナ

アーティストGo_A
Solovey
言語ウクライナ語
参加回数16回目
優勝歴2度(2016, 2004)
前大会成績-(辞退)

エストニア

アーティストUku Suviste
What Love Is
言語英語
参加回数26回目
優勝歴1度(2001)
前大会成績20位

オランダ

アーティストJeangu Macrooy
Grow
言語英語
参加回数61回目
優勝歴5度(2019, 1975, 1969, 1959, 1957)
前大会成績優勝

オーストラリア

アーティストMontaigne
Don’t Break Me
言語英語
参加回数6回目
優勝歴
前大会成績9位

オーストリア

アーティストVincent Bueno
Alive
言語英語
参加回数53回目
優勝歴2度(2014, 1966)
前大会成績– (準決勝17位)

北マケドニア

アーティストVasil
You
言語英語
参加回数20回目
優勝歴
前大会成績7位

キプロス

アーティストSandro
Running
言語
参加回数37回目
優勝歴
前大会成績13位

ギリシャ

アーティストStefania
Supergirl
言語英語
参加回数41回目
優勝歴1度(2005)
前大会成績21位

クロアチア

アーティストDamir Kedžo
Divlji vjetre
言語クロアチア語
参加回数26回目
優勝歴
前大会成績– (準決勝14位)

サンマリノ

アーティストSenhit
Freaky!
言語英語
参加回数11回目
優勝歴
前大会成績19位

ジョージア

アーティストTornike Kipiani
Take Me As I Am
言語英語
参加回数13回目
優勝歴
前大会成績– (準決勝14位)

スイス

アーティストGjon’s Tears
Répondez-moi
言語フランス語
参加回数61回目
優勝歴2度(1988, 1956)
前大会成績4位

スウェーデン

アーティストThe Mamas
Move
言語英語
参加回数60回目
優勝歴6度(2015, 2012, 1999, 1991, 1984, 1974)
前大会成績5位

スペイン

アーティストBlas Cantó
Universo
言語スペイン語
参加回数60回目
優勝歴2度(1969, 1968)
前大会成績22位

スロベニア

アーティストAna Soklič
Voda
言語スロベニア語
参加回数26回目
優勝歴
前大会成績15位

セルビア

アーティストHurricane
Hasta La Vista 
言語セルビア語
参加回数13回目
優勝歴1度(2007)
前大会成績18位

チェコ

アーティストBenny Cristo
Kemama
言語英語
参加回数9回目
優勝歴
前大会成績11位

デンマーク

アーティストBen & Tan
Yes
言語英語
参加回数49回目
優勝歴3度(2013, 2000, 1963)
前大会成績12位

ドイツ

アーティストBen Dolic
Violent Thing 
言語英語
参加回数64回目
優勝歴2度(2010, 1982)
前大会成績25位

ノルウェー

アーティストUlrikke
Attention
言語英語
参加回数59回目
優勝歴3度(2009, 1995, 1985)
前大会成績6位

フィンランド

アーティストAksel Kankaanranta
Looking Back
言語英語
参加回数54回目
優勝歴1度(2006)
前大会成績– (準決勝17位)

フランス

アーティストTom Leeb
The Best in Me
言語英語,フランス語
参加回数63回目
優勝歴5度(1977, 1969, 1962, 1960, 1958)
前大会成績16位

ブルガリア

アーティストVictoria
Tears Getting Sober
言語英語
参加回数13回目
優勝歴
前大会成績-(辞退)

ベラルーシ

アーティストVAL
Da vidna
言語ベラルーシ語
参加回数17回目
優勝歴
前大会成績24位

ベルギー

アーティストHooverphonic
Release Me
言語英語
参加回数62回目
優勝歴1度(1986)
前大会成績– (準決勝13位)

ポルトガル

アーティストElisa
Medo de sentir
言語ポルトガル語
参加回数52回目
優勝歴1度(2017)
前大会成績– (準決勝15位)

ポーランド

アーティストAlicja Szemplińska
Empires
言語英語
参加回数23回目
優勝歴
前大会成績– (準決勝11位)

マルタ

アーティストDestiny Chukunyere
All Of My Love
言語英語
参加回数33回目
優勝歴
前大会成績14位

モルドバ

アーティストNatalia Gordienko
Prison
言語英語
参加回数16回目
優勝歴
前大会成績– (準決勝12位)

ラトビア

アーティストSamanta Tīna
Still Breathing
言語英語
参加回数21回目
優勝歴1度(2002)
前大会成績– (準決勝15位)

リトアニア

アーティストThe Roop
On Fire
言語英語
参加回数21回目
優勝歴
前大会成績– (準決勝11位)

ルーマニア

アーティストRoxen
Alcohol You
言語英語
参加回数21回目
優勝歴
前大会成績– (準決勝13位)

ロシア

アーティストLittle Big
Uno
言語英語
参加回数23回目
優勝歴1度(2008)
前大会成績3位

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー