ユーロビジョン2018、波乱の準決勝後半戦。スウェーデン、ノルウェー、豪など10ヶ国決勝進出


2400 1350 laurus
決勝戦、日本時間5月13日(日)午前4時よりライブ放送

今年は史上最多タイ世界43カ国が闘う世界最大規模の欧州音楽コンテスト「ユーロビジョン2018」(Eurovision Song Contest 2018)がいよいよその幕を開け、ポルトガル首都リスボンのアトランティコ・パビリオンにて、現地時間5月10日、準決勝第2ラウンド(Semi-final 2)が開催されました。

8日の第1ラウンドに続く今回の準決勝後半戦では、残りの18ヶ国が決勝に進めるトップ10を目指し激突。同ラウンド最も注目の北欧スウェーデンノルウェーをはじめ、人気を集めるオーストラリアウクライナが無事突破。オランダデンマークハンガリースロベニアセルビアモルドバが決勝進出を決めました。

一方、ルーマニア、サンマリノ、ジョージア、ポーランド、マルタ、ラトビア、モンテネグロが敗退。また今回、史上初めて強国ロシアが準決勝敗退。ウクライナで開催された前大会では、ロシア代表、車椅子の歌姫ユーリア・サモイロヴァ(Yuliya Samoylova)が、2015年ロシアからクリミア半島にウクライナ法に反し渡っていたことを受け、開催国への入国禁止となり、ロシアは辞退。今年はそのロシアも復帰し、史上最多タイとなる43カ国での祭典となるなか、再び代表となったユーリア・サモイロヴァが「I Won’t Break」(パフォーマンス映像)で準決勝敗退、波瀾の歴史的敗北となりました。

準決勝後半戦の最初に登場し大きな注目を集めたのは、ノルウェー代表、2009年ユーロビジョン覇者のヴァイオリン奏者×シンガーソングライターの31歳アレクサンダー・リーバク(Alexander Rybak)。ユーロビジョン63年の歴史で1500回目となる記念すべきパフォーマンスを、思わず口ずさみたくなる英語曲「That’s How You Write a Song」で後半戦をキックオフします。

2009年ユーロビジョンではノルウェーの民俗音楽からインスパイアされた同国代表曲「Fairytale」で(旧投票方式での)史上最高得点により優勝。その王者の貫禄とともに、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)「That’s What I Like」のMVを彷彿とさせる演出から、アップビートなポップ・サウンドにヴァイオリンで”魔法”をかけ、会場が一つになるエンターテイメントなパフォーマンスで会場を沸かせました。もし彼が優勝することになれば、ユーロビジョンで二度優勝を果たすのは、1980年、1987年に優勝したアイルランド歌手ジョニー・ローガン(Johnny Logan)以来、史上二人目となります。

過去6度優勝している世界最大のポップ音楽大国スウェーデンからは、スウェディッシュハウスマフィア(Swedish House Mafia)のセバスチャン・イングロッソ(Sebastian Ingrosso)のいとこで、今大会イケメンの一人としても話題を呼ぶ20歳シンガー・ソングライター、ベンジャミン・イングロウソ(Benjamin Ingrosso)。元恋人との失恋から前に進もうとする姿を描くキャッチーでレトロ・ヴァイブなダンス・トラック「Dance You Off」をセクシーなダンスと美しい高域の歌声で披露。ヨーロッパ女子の12ポイントを次々に獲得するなか、同パフォーマンスには、「ヨーロッパの他の国とは別次元のようだわ…、オーストラリアが参加してくれてよかったわ」、という声も。

そのオーストラリアは、2015年にはガイ・セバスチャン(Guy Sebastian)、2016年にはダミ・イム(Dami Im)など国民的人気アーティストで挑むなか、今年は日本デビューもしている国民的歌姫ジェシカ・マーボイ(Jessica Mauboy)

オーストラリア先住民族アボリジニの血を引く28歳のポップ・スターは、フロリダ銃乱射事件や胸痛む事件からインスパイアされたという代表曲「We Got Love」をパワフルな歌声と精霊の大地が躍動するダンスで魅了。「こう思っているに違いないわ/私たちに変える力はないと/でも、諦めないで/だって私たちには愛がある/愛があるのだから」、「愛は炎よりも強い/だから諦めないで/だって私たちには愛がある/愛があるのだから」、その愛の力を力強く歌い上げます。

一方、後半戦で最も目を奪う舞台演出を見せたのは、ウクライナ代表のメロヴィン(Mélovin)英語曲「Under the Ladder」。左目(カラーコンタクト)が特徴的なウクライナ版『X-Factor』の2015年覇者の21歳は、ヴァンパイアなピアノの棺からドラマティックに登場。炎上のステージで会場を沸かせました。

決勝戦

まもなく開催の決勝戦(Final)では、準決勝戦から進出を決めた20ヶ国、さらに5カ国の主要国「Big Five」(フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス)及びホスト国(ポルトガル)の計26ヶ国で頂点を争います。順位決定は、50%の(審査員向けパフォーマンスによる)各国の審査員票、及び、ライブ放送で集計される50%の視聴者票で集計。優勝国は来年のホスト国になります。

勝敗を分けることでも注目のファイナル・パフォーマンスの順番は、以下の通り。コンテストのプロデューサーChrister Björkmanが「素晴らしいショー」、「ミュージカルを作る」ように決めたといいます(インタビュー)。恋人同士のロマンチックなスペインの甘美なラブソングを序盤に、中盤には、天上の父に贈る感動曲のドイツ、実話に基づく難民の命を描くフランス。そして今年の顔となったイスラエル、ダークホースのアイルランド、オッズで優勝最有力候補の一つとなっているキプロスをフィナーレに構成します。

【01 ウクライナ】メロヴィン/Mélovin 英語曲「Under the Ladder」
【02 スペイン】アマイア&アルフレッド/Amaia & Alfred スペイン語曲「Tu Canción」
【03 スロベニア】 Lea Sirk スロベニア語曲「Hvala, ne!」
【04 リトアニア】イエヴァ/Ieva Zasimauskaitė 英語曲「When We’re Old」
【05 オーストリア】Cesár Sampson 英語曲「Nobody but You」
【06 エストニア】エリナ・ネチァエヴァ/Elina Nechayeva イタリア語曲「La forza」
【07 ノルウェー】アレクサンダー・リーバク/Alexander Rybak 英語曲「That’s How You Write a Song」
【08 ポルトガル】Cláudia Pascoal ポルトガル語曲「O jardim」
【09 イギリス】SuRie英語曲「Storm」
【10 セルビア】Sanja Ilić & Balkanika セルビア語曲「Nova deca」
【11 ドイツ】マイケル・シュルト/Michael Schulte 英語曲「You Let Me Walk Alone」
【12 アルバニア】Eugent Bushpepa アルバニア語曲「Mall
【13 フランス】マダム・ムッシュ/Madame Monsieur 仏語曲「Mercy」
【14 チェコ】ミコラス・ジョセフ/Mikolas Josef 英語曲「Lie To Me」
【15 デンマーク】Rasmussen 英語曲「Higher Ground」
【16 オーストラリア】ジェシカ・マーボイ/Jessica Mauboy 英語曲「We Got Love」
【17 フィンランド】Saara Aalto 英語曲「Monsters」
【18 ブルガリア】エキノックス/Equinox 英語曲「Bones」
【19 モルドバ】DoReDoS 英語曲「My Lucky Day」
【20 スウェーデン】ベンジャミン・イングロウソ/Benjamin Ingrosso 英語曲「Dance You Off」
【21 ハンガリー】AWS ハンガリー語曲「Viszlát nyár」
【22 イスラエル】ネッタ/Netta 英語曲「Toy」
【23 オランダ】Waylon 英語曲「Outlaw in ‘Em」
【24 アイルランド】ライアン・オショークネシー/Ryan O’Shaughnessy 英語曲「Together」
【25 キプロス】エレニ・フーレイラ/Eleni Foureira 英語曲「Fuego」
【26 イタリア】Ermal Meta & Fabrizio Moro イタリア語曲「Non mi avete fatto niente」

【決勝戦】日本時間5月13日(日)午前4時よりライブ放送開始。(追記)全パフォーマンス映像はこちらの記事で掲載しています。

なおユーロビジョンはYouTube公式チャンネルにて、準決勝戦(前半戦後半戦)、決勝戦ともにライブ配信を行っています。決勝戦は、日本時間5月13日(日)午前4時よりライブ放送開始。準決勝第2ラウンドの決勝進出国のパフォーマンス映像(上記以外)、ミュージック・ビデオは以下の通りです(※現在オッズで人気の高い順で掲載)。

スウェーデン

スウェーデン代表、ベンジャミン・イングロウソ(Benjamin Ingrosso)英語曲「Dance You Off」。

ノルウェー

ノルウェー代表、アレクサンダー・リーバク(Alexander Rybak)英語曲「That’s How You Write a Song」。

オーストラリア

オーストラリア代表、ジェシカ・マーボイ(Jessica Mauboy)英語曲「We Got Love」。

モルドバ

モルドバ代表、DoReDoS 英語曲「My Lucky Day」。

ハンガリー

ハンガリー代表、AWS ハンガリー語曲「Viszlát nyár」。

デンマーク

デンマーク代表、Rasmussen 英語曲「Higher Ground」。

オランダ

オランダ代表、Waylon 英語曲「Outlaw in ‘Em」。

ウクライナ

ウクライナ代表、メロヴィン(Mélovin) 英語曲「Under the Ladder」。

スロベニア

スロベニア代表、Lea Sirk スロベニア語曲「Hvala, ne!」。

セルビア

セルビア代表、Sanja Ilić & Balkanika セルビア語曲「Nova deca」。

関連記事

新着記事

海外の洋楽情報をフォロー