エド・シーラン×ビヨンセ最新デュエット曲「Perfect Duet」サプライズ・リリース、全米・全英他世界各国iTunes第1位


1600 900 laurus
エミネム「Walk on Water」に続き、ビヨンセがコラボで全米iTunes首位

クリスマス彩るロマンチックなミュージック・ビデオとともに、現在全米ビルボード「Hot 100」で第5位(※2017年12月9日付)と順位を徐々に上げている英エド・シーラン(Ed Sheeran)最新曲「Perfect」。そのアコースティック・バージョンで米ビヨンセ(Beyoncé)とのデュエットとなるリミックス版最新シングル曲「Perfect Duet」ダウンロード版)が今週木曜日(現地時間11月30日)、サプライズでリリースされました。

雪の山小屋に響くアコースティック・ギターにのせ、エド・シーランがリードすると、女性の視点から性別を変えた2番の歌詞でビヨンセが、その心情を言葉にします。「男の人を見つけたわ、私の知る誰よりも強い人/彼は私の夢を分かち合い/私はいつか彼と家庭を共にすることを願う」。

「愛を見つけたわ、共に秘密を分かち合い/共に愛を育み、共に私たちの子どもたちを育む/私たちはまだ子どもでも、深く愛し合っている/大きな困難を乗り越えながら/今回はきっとうまくいく」、「あなたの瞳の中に私の未来がみえるわ」

そして裸足のまま暗闇の中で手をとり腕の中で踊ると、エド・シーランとビヨンセが二人で「二人の大好きな歌を聞きながら」、「僕(私)にはふさわしくないよね、darling」、「今夜の君(あなた)は、最高に素敵だ(わ)」。現在同曲は、アメリカ、イギリス、カナダ、フランス、ドイツ、スペイン、オランダ、オーストラリア、ブラジル他、世界各国のiTunes総合ソングで第1位を記録します。

Ed Sheeran×Beyoncé

エド・シーランとビヨンセがタッグを組むのは、2015年『Stevie Wonder: Songs In The Key Of Life — An All-Star GRAMMY Salute』ステージでのスティーヴィー・ワンダーへのトリビュート・パフォーマンス、そして音楽祭Global Citizen Festivalでの「Drunk in Love」に続き、今回で3度目に。「絶対ムリだと思っていたんだけど、(ビヨンセが)いいよって言ってくれたんだ」(ELLEN’S SHOW)と、今回ビッグ・スターとのリミックス版リリースを迎えます。

ビヨンセのコラボレーションとしては、今年9月のJ.バルヴィン(J Balvin)×DJウィリー・ウィリアム(Willy William)「Mi Gente」のリミックス版、先月10日にリリースされたエミネム(Eminem)最新曲「Walk on Water」ダウンロード版)以来。

エド・シーランは今年3月のPeople誌でQueen Beyと共演したことについて「たとえ僕のキャリアが明日終わったとしても、孫たちに自慢できるよ、あのビヨンセと歌うことができたんだよってね。彼女はレジェンドの一人として永遠に語り継がれるアーティストなんだ」。

関連記事

新着記事

海外の洋楽情報をフォロー