Disney+ (ディズニープラス)、6月11日に日本でサービス開始


2445 1375 VOICE Editor

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、2019年11年に北米で開始したディズニーの映像配信サービス「Disney+」(ディズニープラス)を、国内で2020年6月11日に提供開始すると今日発表した(プレスリリース/PDF)。月額700円(税抜)の定額制で、新規加入月は無料。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの最新話題作・名作のほか、「Disney+」のために制作されたここでしか見られないオリジナル長編映画やシリーズなど、豪華なラインアップを揃える。

「Disney+」は、国内ではNTTドコモとの独占的な協業での提供開始となっており、2020年6月11日(木曜)午前8時より、「My docomo」、ドコモショップ、「Disney+」公式サイトなどで申込みが可能(報道発表資料)。申込みにはdアカウントが必要であるが、ドコモ以外のキャリアユーザーも入会できる。支払い方法は、ドコモの携帯電話を利用している人は、携帯電話料金との合算払い、それ以外は、dアカウントに設定したクレジットカード払い。視聴可能機器は、スマートフォン、タブレット、PC、TVで最大5台まで登録が可能、同時視聴は4台まで可能。ダウンロード機能でいつでもどこでも動画を楽しめる。なおディズニーとNTTドコモが昨年3月に共同で提供を開始した「Disney DELUXE」(ディズニーデラックス)の会員は、6月11日から「Disney+」を契約・追加費用無しでそのまま利用できる(※また「ドコモのギガプラン」&「Disney DELUXE」セット割〈最大1年無料〉は継続適用される)。

Disney+(ディズニープラス)日本公式サイト
https://disneyplus.disney.co.jp/

ラインアップ

「Disney+」では、最近の大ヒット劇場公開作品『トイ・ストーリー4』、『ライオン・キング』、『アベンジャーズ/エンドゲーム』から、1955 年に公開された名作アニメーションの実写版『わんわん物語』、ジョン・ファヴローの製作総指揮と脚本で高い評価を得たスター・ウォーズ実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』、世界的な大ヒット『ハイスクール・ミュージカル』をベースにした新シリーズ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』、そして世界各地で数多くの人々に感動を与えてきたディズニーのテーマパークで、企画開発を担当している部署の舞台裏を描いたドキュメンタリー・シリーズ『イマジニアリング~夢を形にする人々』などラインアップ。

またジェームズ・キャメロン監督による『アバター』をはじめ、ジョニー・デップ主演の『シザーハンズ』など、家族みんなで楽しめる作品がラインアップに追加。人々の好奇心を刺激し、感動を呼び起こす、世界最高峰のドキュメンタリー番組を輩出するナショナル ジオグラフィックより、アカデミー賞を受賞した『フリーソロ』やウィル・スミスが番組ホストを務める『宇宙の奇石』なども配信。500以上の映画作品、100以上のTVシリーズ、豊富なオリジナル作品を揃える。

※視聴推奨環境

機器ソフトウェアバージョン等
スマートフォン
タブレット
Android 5以上
iOS 11以上
PCWindows 7以上(対応ブラウザ:Edge、Firefox、Google Chrome)
macOS X以上(対応ブラウザ:Google Chrome、Firefox、Safari)
最新版のブラウザでのご利用を推奨。
スマートテレビAndroid TV搭載のスマートテレビ
セットトップボックスAmazon FireTV、Amazon FireTV Stick(Fire OS 5以上)
Fire TV Stickの第1世代は非対応。
Apple TV(tvOS 11以上)
ドコモテレビターミナル(ビルド番号 M380-601.1.93.107 以上)
ChromecastTM(ご利用になるには上記のスマートフォン/タブレット機器も同時に必要。)

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー