99年ぶり皆既日食横断に全米歓喜、ボニー・タイラー「Total Eclipse of the Heart」全米iTunes首位で「デスパシート」完全覆う


1600 900 VOICE Editor
全米iTunes第1位+豪華客船クルーズでDNCEと披露

現地時間21日月曜日の正午から始まった米国本土38年ぶりとなる皆既日食。アメリカ西海岸オレゴン州から東海岸サウスカロライナ州まで、99年ぶりに米国本土を横断した皆既日食の世紀の瞬間に各地から歓声があがるなか、1983年のボニー・タイラー(Bonnie Tyler)哀愁のバラード曲「Total Eclipse of the Heart / 愛のかげり」ダウンロード版)が、真昼の夜空を仰ぐ人々の心に流れます。

今回のイベントのためにフロリダ州オーランドを出航したロイヤル・カリビアン「Total Eclipse Cruise」の巨大豪華客船オアシス・オブ・ザ・シーズには、66歳となったウェールズのレジェンド、ボニー・タイラー。皆既日食の時間に合わせ、約8分のオリジナルを約2分40秒にした「Total Eclipse of the Heart」を米ジョー・ジョナス(Joe Jonas)率いるバンドDNCEとともに披露。豪華客船上でボニー・タイラーがそのアイコン・ソングを人生の深みある歌声で披露すると、観客も一つになり声を揃えます。

「今夜あなたがどうしても必要だわ/私たちの永遠の始まりを今夜/今夜から」、「昔は恋に落ち/今はただ砕け落ちていくだけだわ/言葉にもできない/ハートの皆既日食だわ(×リフレイン)/お願い振り向いて、蒼い瞳よ」

5thアルバム『Faster Than the Speed of Night』収録曲(1983年)。

若くて、ゴージャスなバンドとパフォーマンスできてとても愉しかったわ。彼らはとても素晴らしい”Total Eclipse of the Heart”のバージョンを披露してくれたわ」とボニー・タイラー。そのDNCEのジョー・ジョナスは「太陽が欠けていくなか、象徴的な歌をレジェント、そして新たな友、ボニーと披露できたことは、夢が叶った瞬間だったよ」。

全米主要メディアに登場

皆既日食直前にはCNN、ABC、NBCなど全米を代表するメディアの生中継に登場。海風にゴージャスなブロンドヘアーをもっていかれながら、各インタビューに応じます。


CNNの司会者から同曲の最も好きな歌詞を尋ねられると、「今までにないほど、あなたが必要だわ/ただ私を抱きしめてくればいい/二度と放すことはしないから」と生歌を披露(CNN)。

米FOX青春ミュージカル・ドラマ『Glee / グリー』シーズン1第17話「Bad Reputation」よりリア・ミシェル(Lea Michele)演じるレイチェル・ベリー(Rachel Berry)らによる「トータル・エクリプス・オブ・ザ・ハート~愛のかげり featuring ジェシー、レイチェル、フィン&パック」(ダウンロード版)。

数多くのカバー曲とともに時代を越えて人々の心を魅了し続ける同曲について、「この曲を歌っていて飽きることは決してないわ。とても素晴らしい曲だわ、みんながその気分に浸ることができるの」とABCニュース(Good Morning America)で語ります。

「デスパシート」遮る

2012年惜しまれながら解散したアイリッシュ・ボーイズ・バンド、ウェストライフ(Westlife)によるカバー曲。2006年アルバム『The Love Album』収録。

リリースから34年を迎え、14州で皆既日食となる世紀のイベントの“暗黙の公式ソング”ともなった不朽の名曲「Total Eclipse of the Heart」は、現在15週連続で全米ビルボード「Hot 100」首位を続けるルイス・フォンスィ(Luis Fonsi)×ダディー・ヤンキー(Daddy Yankee)×ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)による歴史的ヒット曲「デスパシート」(Despacito)を完全に抑え、全米iTunes総合ソングチャートで第1位を獲得。世紀の天体ショーに、「Total Eclipse of the Heart」が束の間「デスパシート」の光を遮ります。

Spotifyでは米国内で2,859%、全世界では827%の上昇となり、米ビルボードチャートを集計しているニールセン・ミュージックによると、20日までに先週12,000ダウンロードを記録し、約500%の上昇セールスとなったことが明らかに(TIMESPIN)。

“心の皆既日食”に日食グラスが必要かどうかCNNで尋ねられたボニー・タイラー。「うまいこと言うわね、勿論あとで見る時はちゃんとかけるわ、でも私の心にはいらないわね…。隠れることはないからね」。

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー