アン・マリー、無敵のバースデーソング「Birthday」シンデレラで祝福


2560 1440 VOICE Editor

2018年ブリティッシュ・ポップにセンセーションを巻き起こしたデビュー・アルバム『Speak Your Mind』からおよそ2年、「2002」のアン・マリー(Anne-Marie)がバースデーソング「Birthday」ダウンロード版)をリリースし2020年を始動。『シンデレラ』をモチーフにハナー・ラックス・デイビス(Hannah Lux Davis)が監督を務めたゴージャスなミュージック・ビデオも併せて公開された(2020年2月7日)。

ピンク色に染める豪華な宮廷風の邸宅を舞台に、パンケーキの塔に囲まれたシンデレラ・ガールのアン・マリーが、誕生日特権を最大限に使い盛大に祝福。映像公開に際し「今日あなたの誕生日だったら、お誕生日おめでとぉ!!!ハッピーで最高の一日を送ってねxxxx」とアン・マリー。「Friends」、「2002」のコミカルで茶目っ気あるパワフルなキャラクターがさらに進化、セレブレーションとエネルギーに溢れるバースデーソングにのせて、アン・マリーが幸せと笑顔を届ける。

(バース1)「また一つ歳を重ねる/あなたのことでもう泣かないわ/うちに来てって友達呼んだ/髪を染めてもらうため/週末でもないけど/買えないドレス着てる/新しい人生を始めるわ/あなたのいない人生」、「バカなことして、タトゥー入れよっかな/何でもする、あなたを忘れるため」

(コーラス)「今日は私の誕生日/好きなことしよっ/好きなもの食べよっ/好きな人にキスしよっ/今日は私の誕生日/好きなことしよっ/好きな服を着よっ/今夜はパーティーだわ/今日は私の誕生日/みんなから愛される/Yeah, yeah, yeah/注目!お金ちょうだい/今日は私の誕生日/みんなから愛される/あなたのことは忘れているわ/今日は私の誕生日」

自然と心と体が踊り出す陽気でキャッチーなポップ・ソング「Birthday」のソングライターは、アン・マリー、そしてデミ・ロヴァート(Demi Lovato)「Sorry Not Sorry」の音楽プロデューサー/コー・ライターOAK、ホールジー(Halsey)「Without Me」のコー・ライターでもあるDelaceyら。正式な発表は現時点ではないものの、セカンド・アルバムに向けたシングルとみられている。映像で魅せた華麗なアクロバティック・シーン(1:13-)に、アン・マリーはSNSでそのテクニックを明かし「絨毯でコケた(笑)」

セカンド・アルバムでは、「2002」に続いて親友エド・シーラン(Ed Sheeran)と再びタッグを組み曲を書いているという。「二人で何曲書いたかわからないけど、もっと増えるわ」(The Sun)とアン・マリー。「彼は素晴らしい人だわ。業界の専門家以外で、彼は私がアドバイスを求める唯一の人だと思う」。セカンド・アルバムについて「1作目より何十倍もいいアルバムになると思うわ。私は”Friends”と”2002″が大好き、今まで私が書いた曲の中で大のお気に入りの曲よ。だからセカンド・アルバムはそうした曲から次のステップとなる作品になるわ」。前作『Speak Your Mind』は、2018年全英アルバム年間チャートで、同年リリースのデビュー・アルバムとしては最もヒットしたアルバムとなった。

現地時間2月8日、アン・マリーはイギリスのダンス・コンペティション番組『The Greatest Dancer』に登場。キレキレのダンサーらとともに新曲「Birthday」のライブ・パフォーマンスを初披露し、ピンクのドレスで誕生日を全英に宣言した。ちなみにアン・マリーの誕生日は4月7日、とびっきり早めのセレブレーションとなった。

この投稿をInstagramで見る

I’M BACK! #AM2

ANNE-MARIE(@annemarie)がシェアした投稿 –

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー