ロディ・リッチ「The Box」全米5週連続首位、ダンスモンキー初のトップ5に登る


2560 1440 VOICE Editor

今週の全米ビルボード総合ソングチャート「Hot 100」が発表され、TikTokから全米を席巻している米新鋭ラッパー21歳Roddy Ricch(ロディ・リッチ)の「The Box」が首位を守り、5週連続に首位記録を更新した(Billboard、※2020年1月18日付-2月15日付)。

デビュー・アルバム『Please Excuse Me for Being Antisocial』に収録される「The Box」は、ニールセン・ミュージックによると2月6日までに米国内週間ストリーミング6320万回(前週比6%減)でストリーミング・ソング・チャート6週連続首位。ダウンロードでは前週比7%増の12,000でデジタル・ソング・セールス・チャート第9位(先週第16位)、ラジオ・エアプレイでは前週比34%増でラジオ・ソング・チャート第15位(先週第25位)となり、「Hot 100」で首位をキープした。

今週注目の「Hot 100」では、世界にセンセーションを巻き起こしたオーストラリア新星シンガー・ソングライターTones And I(トーンズ・アンド・アイ)のバイラル・ヒット「Dance Monkey」(邦題:ダンス・モンキー / Warner Music Japan)が先週の第7位から順位を上げ、第5位となり、同曲初の「Hot 100」トップ5入りを果たした。「Dance Monkey」は昨年、全英シングルチャートで11週連続首位となり、10週首位のホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)の「I Will Always Love You」(1992)及びリアーナ(Rihanna)の「Umbrella」(2007)の記録を破り、女性アーティスト曲として史上最長首位記録を樹立した(記事、”Tones and I’s Dance Monkey sets new chart record as longest-running Number 1 single by a female artist“、”The songs that spent the longest at Number 1″ – Official Charts、※2019年10月10日付-12月19日付)。また母国ARIAシングルチャートでは、21週連続首位含む通算24週の首位となり(ARIA、※2019年8月5日付-12月23日付の21週連続首位,2020年1月6日付-1月20日付の3週連続首位)、15週首位のエド・シーラン(Ed Sheeran)「Shape Of You」の最長首位記録を破り、ARIA史上最多首位記録となった。

「Dance Monkey」はTones And I、本名トニー・ワトソン(Toni Watson)単独で書かれたもの。Billboardによると、女性一人で書いた曲が「Hot 100」でトップ5入りを果たすのは約8年ぶりだという。ホイットニー・ヒューストンがカバーしたドリー・パートン(Dolly Parton)作詞作曲の「I Will Always Love You」以来で、同曲はホイットニー・ヒューストンが亡くなったあと2012年3月に第3位となった(※なお同曲は1992年から93年にかけて14週で首位)。それ以前では、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)の「Mine」(※2010年8月第3位)、「Today Was a Fairytale」(※2010年2月第2位)だといい、男性アーティストも含め単独の作詞作曲による曲が全米トップ5入りを果たすのは、非常に珍しいという。

今週の全米ビルボード総合アルバムチャート「Billbaord 200」では、先月31日にリリースされたリル・ウェイン(Lil Wayne)通算13枚目のスタジオ・アルバム『Funeral』がアルバム相当数139,000で初登場第1位を記録(Billboard、※2020年2月15日付)。内訳ではストリーミング換算「SEA」が99,000で大部分を占め、リル・ウェインにとって5枚目の全米首位アルバムとなった。

また1月31日にリリースされたケシャ(Kesha)の通算4枚目となるスタジオ・アルバム『High Road』がアルバム相当数45,000で初登場第7位。内訳では純粋なアルバム売上が35,000枚で大部分を占め、2017年に全米首位となった前作『Rainbow』を含め、4作連続でトップ10入りを果たした。

そして1月31日にリリースされたルイ・トムリンソン(Louis Tomlinson)のデビュー・アルバム『Walls』がアルバム相当数39,000で初登場第9位。内訳では純粋なアルバム売上が35,000枚で大部分を占めた。ワン・ダイレクション(One Direction)出身のアーティストとしては、最後(5人目)のデビュー・アルバム。ゼイン(Zayn)の2016年デビュー・アルバム『Mind of Mine』は第1位、ハリー・スタイルズ(Harry Styles)の2017年デビュー・アルバム『Harry Styles』は第1位、ナイル・ホーラン(Niall Horan)の2017年デビュー・アルバム『Flicker』は第1位、リアム・ペイン(Liam Payne)の2019年デビュー・アルバム『LP1』は第111位だった。

今週の「Hot 100」トップ10
第1位 ロディ・リッチ/Roddy Ricch「The Box」〈0〉
第2位 フューチャー/Future「Life Is Good」feat. ドレイク/Drake〈0〉
第3位 ポスト・マローン/Post Malone「Circles」〈0〉
第4位 マルーン5/Maroon 5「Memories」〈0〉
第5位 トーンズ・アンド・アイ/Tones And I「Dance Monkey」〈+2〉
第6位 ルイス・キャパルディ/Lewis Capaldi「Someone You Loved」〈-1〉
第7位 Arizona Zervas「Roxanne」〈+1〉
第8位 ダン+シェイ/Dan + Shay, ジャスティン・ビーバー/Justin Bieber「10,000 Hours」〈-2〉
第9位 デュア・リパ/Dua Lipa「Don’t Start Now」〈0〉
第10位 ビリー・アイリッシュ/Billie Eilish「Everything I Wanted」〈0〉
※2020年2月15日付、Billboard

今週の「Billboard 200」トップ10
第1位 リル・ウェイン/Lil Wayne『Funeral』〈初〉
第2位 ロディ・リッチ/Roddy Ricch『Please Excuse Me For Being Antisocial』〈-1〉
第3位 エミネム/Eminem『Music to Be Murdered By』〈-1〉
第4位 Russ『Shake the Snow Globe』〈初〉
第5位 ポスト・マローン/Post Malone『Hollywood’s Bleeding』〈0〉
第6位 ビリー・アイリッシュ/Billie Eilish『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』〈-3〉
第7位 ケシャ/Kesha『High Road』〈初〉
第8位 ホールジー/Halsey『Manic』〈-4〉
第9位 ルイ・トムリンソン/Louis Tomlinson『Walls』〈初〉
第10位 ヨー・ガッティ/Yo Gotti『Untrapped』〈初〉
※2020年2月15日付、Billboard

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー