アンドレア・ボチェッリ、復活祭に無観客のミラノ大聖堂コンサート ライブ配信


2560 1440 VOICE Editor
Amazon 5日間のBig Sales
11/27[金]9:00 ─ 12/1[火]23:59
第1弾ブラックフライデー開催中

イエス・キリストの復活を祝う復活祭の日、イタリア至高の世界的テノール歌手アンドレア・ボチェッリ(Andrea Bocelli)が、ミラノのシンボルである歴史的大聖堂ドゥオーモで無観客のソロ・パフォーマンス『Andrea Bocelli: Music for Hope』を行う。同模様はYouTubeを通じて世界にライブ配信され、日本時間4月13日午前2時(現地時間2020年4月12日午後7時)より配信開始。愛と癒やし、希望のメッセージをイタリア全土、そして全世界の人々に届ける。”命の祝福”、その予告編に早くも感涙の声が次々に寄せられている。

ボチェッリは声明で「私は共に祈ることの力を信じています。私は復活祭を信じています。それは普遍的な復活の象徴であり、クリスチャンであるかに関わらず、全ての人が今必要としているものです」。新型コロナウイルスの感染拡大により現在閉館中の大聖堂ドゥオーモで、今回特別にアンドレア・ボチェッリが無観客のなか、「Ave Maria」(バッハ/グノー、邦題:アヴェ・マリア)、「Sancta Maria」(マスカーニ、邦題:聖なるマリアよ)などを披露する。伴奏はドゥオーモ専属のオルガン奏者Emanuele Vianelliのみ、世界最大級のパイプオルガンで演奏される。Universal Music Groupの発表によると、「生命復活の象徴の日にふさわしい高揚感溢れる聖楽から選曲され、独唱とオルガンのためにアレンジされたもの」だという。

今回のコンサートは、ボチェッリがミラノ市、大聖堂ドゥオーモから招聘を受けたもので、完全なプロボノとなっている。「命の勝利を信じ祝う復活祭の日に、”Sì”と答えられることを名誉に思い、幸せに思います」とボチェッリ。「世界中の人々が輪になり一つになれる音楽とライブ配信で、私たちはこの傷ついた地球の鼓動、そしてイタリアの誇りであるこの素晴らしい世界的な鍛冶場を抱きしめようではありませんか」。「寛大で、勇敢、前向きなミラノとイタリアが再び、皆の願いである勝者のモデル、ルネッサンスの原動力となる日は、目の前です」、「生命誕生と復活の神秘を祝う復活祭の日、大聖堂ドゥオーモでそれを目にし、喜びの日になるでしょう」。

またミラノ市長Giuseppe Salaは声明で、「私たちの申し出をアンドレアが受け入れて下さったことを大変嬉しく思います。今年の復活祭は、私たちにとって全く違った日になるでしょう。いつもでしたら喜びに溢れたうららかな日ですが、今年はパンデミックによって苦難の日が続いています。ボチェッリの比類なき歌声が、日常からなくなっている力強い特別な抱擁となり、ミラノ、イタリア、そして世界のハートを温かく包んでくれるでしょう」。

そして大聖堂ドゥオーモの主席司祭Monsignor Gianantonio Borgonovoは、今回のコンサートの意味について次のように語っている。「”ハレルヤ”は、40日前の方舟にありました。その後洪水が全てを飲み込み、復活際の喜びを表現することも私たちは忘れかけたのです。アンドレア・ボチェッリの歌声と言葉は、希望が私たちから生まれるものではなく、神からの贈り物であることを、思い出させてくれます。これこそが伝えたいものです、ミラノの人々の家であるドゥオーモから、そしてボチェッリの歌声を通して。復活の十字架の霊は、必ずや神の王国へと日々私たちを導くものとなるでしょう。主は、新しい人間性と団結、兄弟愛を望まれたのです」。

今回のコンサートとは別に、現在ボチェッリは自身の基金「The Andrea Bocelli Foundation」(ABF)で、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のため働く医療従事者を支援するため、緊急の募金活動(GoFundMe)を行っている。既に14.5万ドル(約1583万円)の寄付を集め、イタリアの医療現場に防護服などを提供している。またボチェッリは、WHO(世界保健機関)とGlobal Citizenによるバーチャル慈善コンサート『One World: Together At Home』(記事)に出演する予定となっている。

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー