レディー・ガガ、アルバム『Chromatica』リリース延期を発表


2228 1253 VOICE Editor

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、来月4月10日にリリースを予定していたレディー・ガガ(Lady Gaga)通算6枚目のスタジオ・アルバム『Chromatica』のリリース延期が発表された。新たなリリース日は「2020年リリース」とされており、詳細は改めて発表するという。

現地時間3月24日に自身のSNSで延期を発表したレディー・ガガは、「あらゆることを慎重に検討し、アルバムChromaticaのリリースを延期する苦渋の決断に至りました」。「アートは、こういう時に大変心強いものであり、私たちは楽しみを提供し、互いを癒やす必要がありますが、この世界的流行のなかで起きている全てのことを考えると、私のアルバムをリリースすることは、正しい判断ではないと感じました」。アルバム『Chromatica』について、ガガはApple Musicのインタビュー(Zane Lowe – 2/28/2020)で「私は、クロマティカに住んでいる、そこが私の住んでいる場所だわ。私は地球を発見し、削除した。地球はキャンセルされたわ。私はクロマティカに住んでいる」と語っている。

CDCのガイドラインに従い、ガガは4月30日から5月11日までのラスベガスでのレジデンシー公演の延期を併せて発表。その後の5月13日・15日・16日公演、そして今年7月から予定しているツアー「The Chromatica Ball」は、予定通り開催できることを願っているという。

「私は皆さんと一緒に祝える数多くの楽しいことを計画していました。コーチェラ(※延期が決定)でのサプライズ・ライブを予定していましたし、楽しいサプライズをたくさん計画していました。そのうちのいくつかは、まだ計画中でまもなく皆さんと分かち合えるわ!Chromaticaはもうまもなく、待てないわ」。「アルバムがリリースされたら、一緒に踊り、ハグやキスをして、史上最大のセレブレーションにしましょう」。アルバム『Chromatica』からは、これまでにリード・シングル「Stupid Love」を先月リリース。全米ビルボード総合ソングチャート「Hot 100」で初登場第5位を記録した(記事、※2020年3月14日付)。

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー