ジャスティン・ビーバー最新作『ビリーヴ』、マルーン5「Payphone」自身初全英チャート初登場第1位


150 150 VOICE Editor

全英アルバム・チャート(Official UK Albums Top 100 – 30th June 2012)

世界を席巻したプロモーション・ワールド・ツアーを経て先週米国時間6月19日(火)にリリースされたカナダのジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)待望の3rdスタジオ最新アルバム『Believe(※国内盤『ビリーヴ』)が、英国時間6月24日(日)発表の全英アルバム・チャートで、3枚連続初登場第1位記録が期待されていた英国民的人気歌手シェリル・コール(Cheryl Cole)初登場3rdアルバム『Million Lightsを3,000セールスの差で抑えて、38,000セールス記録により初登場第1位を獲得しました。

先週全英シングル・チャート初登場第1位を記録した「Call My Name」をリードシングル曲とするシェリル・コールの『A Million Lights』の初登場首位獲得を阻止したジャスティン・ビーバーは、そのアルバム『Believe』により、全英アルバム・チャートで自己最高位第3位のデビュー・アルバム『My World 2.0』の記録を大きく更新し、自身初となる初登場第1位の快挙を達成。

また英国時間今月18日自身初めてとなる全英デビュー・アルバム『Blown Away』をリリースし、同21日、英国が誇る歴史的劇場ロイヤル・アルバート・ホールにて自身初の全英デビュー・パフォーマンスを披露した米キャリー・アンダーウッド(Carrie Underwood)は、最新4thアルバム『Blown Awayで、全英アルバム・チャートで初登場第11位を記録し、自身初めてとなる全英アルバム・チャートのランクインを果たしました。

全英シングル・チャート(Official UK Singles Top 100 – 30th June 2012)

一方、全英シングル・チャートでは、米マルーン5(Maroon 5)が本日リリースの4thアルバム『Overexposed』リード・シングル曲で、全米ビルボード総合シングル曲ランキング「Hot 100」で第2位を記録した大ヒット曲「Payphone」初登場第1位を記録。

昨年秋、クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)フィーチャリングによる「Hot 100」第1位曲「Moves Like Jagger」で120万セールスを記録し、7週に渡り第2位を記録していたものの、首位獲得には至らなかったマルーン5は、その「Payphone」で悲願の自身初となる首位獲得を果たしました。

(記事)”Justin Bieber, Maroon 5 Top U.K. Charts” on Billboard
(記事)”Maroon 5 Claim Their First UK No 1 Single” on 英MTV
(参考)”Official Charts: Maroon 5 claim first UK Number 1” on imediamonkey

米ビルボードよりも一足早く発表された全英チャート、明日にも発表される全米ビルボードでは、先週21日に米MTVで報じられた音楽関係者の話によると、ジャスティン・ビーバーの『Believe』がチャート締め切りの日曜日までに410,000から440,000のセールスが予想されており、もしこの予想通りのセールスを記録すると、ジャスティン・ビーバーのデビュー・アルバム『My World 2.0』の291,000セールスを大きく上回り、自身最多リリース第1週セールスを記録すると共に、359,000セールス記録により現時点で今年最多リリース第1週セールスを記録しているマドンナの『MDNA』を上回り、今年最高のリリース第1週セールスを記録することとなることが予想されています。

(記事)”Justin Bieber Headed For Year’s Biggest Debut With Believe” on 米MTV
(記事)”Justin Bieber’s ‘Believe’ Now Aiming For 390-410k Debut Week” on Billboard

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー