再結成ジョナス・ブラザーズ約6年ぶり新曲「Sucker」MV サンサ・スタークら豪華ジョナス家集結


1600 900 VOICE Editor
約10年ぶりアルバム『Happiness Begins』2019年6月7日リリース

2013年10月に解散したジョナス・ブラザーズ(Jonas Brothers)が約6年ぶりに待望の再結成、その第1弾となるニュー・シングル「Sucker」ダウンロード版)が現地時間3月1日、ミュージック・ビデオとともにリリースされ「S.O.S.」のファンらを歓喜に包みました。ジョー・ジョナスはSNSで「家族が集まりイングランドで撮影したんだ、すごく楽しかったよ。みんなが気に入ってくれたらと願ってる。戻ってきて最高の気分だよ」。

華麗な宮廷を舞台にしたミュージック・ビデオには、26歳となった三男ニック・ジョナス(Nick Jonas)、29歳次男ジョー・ジョナス(Joe Jonas)、31歳長男ケビン・ジョナス(Kevin Jonas)。さらに2018年12月にニックと結婚したインドのトップ女優プリヤンカー・チョープラー(Priyanka Chopra)、2017年10月にジョーと婚約したHBO『ゲーム・オブ・スローンズ』サンサ・スターク役で知られる『X-MEN: ダーク・フェニックス』の英女優ソフィー・ターナー(Sophie Turner)、2009年にケビンと結婚したダニエル・ジョナス(Danielle Jonas)ら豪華ジョナス家が集結。メンバーそれぞれ成長した姿をみせながら、色気のあるファルセットに乗せ夢中な恋を描くアップビートなラブソングを華やかなシーンで彩り、新たな幕を開けます。

「共に歩もう/似た者同士以上の関係、君と僕/僕たちは天気を変える、yeah/君がそばにいる時は12月だって熱くなる」、「僕はずっと車の上で踊り、バーから酔い潰れ出てきた/どんな困難も乗り越え君のそばにいる、それでも足りない/君は薬であり痛みであり、そして僕の脳に刻まれたタトゥー/そしてbaby、君にはバレバレだよね」(コーラス)「僕は君に夢中だ/君が言うなら構わずどこだって行く/君に夢中なんだ、yeah/君のどんな道にも、僕を見つけるだろう/無意識に感じる全てに夢中/誰も君のことを知らない、君のことを/君は僕らしさを作り僕のルールを変えた/本当のことだ、僕は君に夢中なんだ」

歴史とモダンが調和しスタイリッシュに描く映像の監督を務めたのはリアーナ(Rihanna)「Diamonds」などで知られる映像監督アンソニー・マンドラー(Anthony Mandler)。映画『女王陛下のお気に入り』(2018年、原題:The Favourite)を思い起こさせる壮麗な宮殿内部、優雅な庭園シーンは、実際に同映画で使用されたイングランド東部ハートフォードシャーにある17世紀建造のハットフィールド・ハウスで撮影されたものだといい、映画『恋におちたシェイクスピア』(1998年、原題:Shakespeare in Love)、映画『英国王のスピーチ』(2010年、原題:The King’s Speech)などの映画ロケ地ともなっています。

今回Republic Recordsからの新たな出発となった「Sucker」のソングライターには、ジョナス・ブラザーズに加え、同曲音楽プロデューサーであるワンリパブリック(Onerepublic)のフロントマン、ライアン・テダー(Ryan Tedder)と、カミラ・カベロ(Camila Cabello)「Havana」のフランク・デュークス(Frank Dukes)ら。ジョナス・ブラザーズの再結成は、現地時間2月28日、ジェームズ・コーデン(James Corden)のCBSトークバラエティ番組『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』(The Late Late Show with James Corden)の「Carpool Karaoke」ティーザーで正式に発表されました。

同映像で3兄弟は次々に車に乗り込み、ジェームズ・コーデンが「あれ、ちょっと待って、これって私が思っていることが起きちゃってるの?」、3人が声を合わせ「そうだよ、戻ってきたよ!」再結成は7、8ヶ月ほどシークレットになっていたといい、「ついに発表できて嬉しいよ」とニック。ジョナス・ブラザーズは来週4日月曜日から7日木曜日まで(現地時間)『レイト×2ショー』に出演、各コーナーに登場する他「Sucker」のパフォーマンスをTV初披露する予定です。

View this post on Instagram

Midnight ET #Sucker

A post shared by Jonas Brothers (@jonasbrothers) on


※追記、現地時間4月22日、前作『Lines, Vines and Trying Times』よりおよそ10年ぶりとなる通算5枚目のスタジオ・アルバム『Happiness Begins』を発表。「Sucker」、「Cool」などを収録したアルバム『Happiness Begins』は2019年6月7日にリリース。「別々の人生を過ごしそれぞれの道のなかで自分自身を見出した7年を経て、私たちはみんなに私たちのジャーニーをアルバムという形でお伝えするため戻ってきました」とケビン・ジョナス(SNS)。同アルバムにはジョー・ジョナスがソフィー・ターナーに宛てたラブレター「Hesitate」、ニック・ジョナスとプリヤンカー・チョープラーのラブロマンスを映す「I Believe」など収録。ケビン・ジョナスは「私たちが作ってきた全てのアルバムの中で、このアルバムは最も誇らしく思っています。今すぐみんなに手渡すことができればと思いますが、もうちょっと待ってて下さい」。

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽の新着・更新情報をお届け