ジャッキー・エヴァンコ最新作『Two Hearts』至高のアリア、涙のバラード曲


1600 900 VOICE Editor
2つのハート、ジャッキー・エヴァンコの新境地

今年1月20日に行われた米国ドナルド・トランプ大統領就任式で弱冠16歳にして国歌斉唱の大役を果たした米クラシカル・クロスオーバー・ソプラノ歌手ジャッキー・エヴァンコ(Jackie Evancho)。その最新アルバム『Two Hearts』輸入盤 | 国内盤)が今週3月31日にリリースされ、同アルバムに収録される伊ピエトロ・マスカーニ(Pietro Mascagni)による歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ(田舎騎士道)」間奏曲「Attesa」のミュージック・ビデオが同日公開されました。

愛する男性と別れる苦悩、そして再び彼のもとに戻る切望の曲だわ」と米FOXに話す16歳。当時10歳にして米NBCタレント・オーディション番組『America’s Got Talent』で準優勝を果たし瞬く間に世界を席巻した歌姫は、雨降りしきる暗いスクリーンをバックに、真紅のドレスを身に纏うと見違えるほど大人の姿へ。「天使の歌声」の揺るぎない代名詞的存在として心に触れる比類なき美しい歌声と成熟さを増す深い表現力でしっとりと歌い上げます。

私は2年間付き合っていた人がいて、…ものすごい辛い失恋を経験したの」と米ビルボード誌に明かします。「自分の世界が終わったような気持ちだったわ、それは収録曲”Apocalypse”が表すものだわ。彼はスナップチャットで私をフッたのよ!彼は浮気をしていたの、二人もよ。何とかしようと家族と友達と過ごしたり、ショッピングしたりNetflixを観ていたわ」。

2016年4月にシングル・リリースされた”黙示録”と題する収録曲「Apocalypse」では、これまでのクラシカル・クロスオーバー・スタイルの歌声とは一線を画し、新たな”ポップ版ジャッキー”の心震わす美しいコンテンポラリー・ヴォイスで、愛する人を失った深い心痛とそれによって崩壊していく姿をリスナーの心に刻みます。

初めての真のポップ路線」の楽曲として送り出し、終焉の世界で深い悲しみが静かに響く同曲のミュージック・ビデオには、「この曲はものすごく美しいわ。…、最後には涙がこぼれたわ。本当に素晴らしいわ」、「信じられないほど才能に溢れ美しい。神からの贈り物だよ」、「アテッサの新しいミュージック・ビデオを観て、ポップ・ヴォイスを聴くためこの曲に来たんだ。こんなにも声が違うのに、どうしてジャンルを超えてこんなにも素晴らしいのだろう」など、オペラをルーツに培われた多彩な歌声に驚きと称賛の声が寄せられます。

メジャー・デビュー・アルバム『Dream with Me』からおよそ5年、「このアルバムにはたくさんのものが込められており、私にとってとても大きな意味のあるものなの。初めて自分で楽曲を制作して、それらが収録されているわ、だからとても緊張しているわ」と米シアトル・タイムズ誌に語るジャッキー・エヴァンコの意欲作『Two Hearts』では、あえて2枚に分けて収録。

1.クラシカル・クロスオーバー

2つのハートと題するアルバムのディスク1では、ルーチョ・ダッラ(Lucio Dalla)のバラード「カルーソ」(Caruso)「Attesa」のクラシック・ナンバー、スウェーデン賛美歌「輝く日を仰ぐとき」(How Great Thou Art)をはじめ、映画『ロード・オブ・ザ・リング』のエンヤ(Enya)主題歌「May It Be」、映画『追憶』のバーブラ・ストライサンド(Barbra Streisand)主題歌「The Way We Were」セリーヌ・ディオン(Céline Dion)「Have You Ever Been In Love」など、計10曲をこれまでのクラシカル・クロスオーバー・スタイルでカバー。

映画『ハンガー・ゲーム』の大ファンでもあるジャッキー・エヴァンコが2015年にカバーしたテイラー・スウィフト(Taylor Swift)「Safe & Sound」、2016年にカバーした映画『007 スペクター』のサム・スミス(Sam Smith)主題歌「Writing’s on the Wall」の他、昨年11月、米オペラ歌手フェルナンド・ヴァレーラ(Fernando Varela)の『Coming Home PBS Special』コンサートでデュエットした映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1』クリスティーナ・ペリー(Christina Perri)主題歌「A Thousand Years」のライブ音源もディスク1に収録。

2.ポップ音楽

追記、2017年4月28日ポップ・ソング「Pedestal」ミュージック・ビデオが公開。

一方、ディスク2ではジャッキー・エヴァンコの新たなポップ・スタイルでの歌声を披露。同アルバムを手がけるDina FanaiとHeather Holleyと共に今回ジャッキー・エヴァンコが初めて楽曲を制作したオリジナル曲「The Haunting」を含む4曲と、Peter Zizzoが書き下ろした「Apocalypse」のポップ・ミュージックの計5曲が収録されます。

日本をこよなく愛するジャッキー・エヴァンコの国内盤アルバムでは、日本盤ボーナス・トラックとして米トランプ大統領就任式の際リリースされたシングル曲「星条旗」、「アメリカ・ザ・ビューティフル」、「ゴッド・ブレス・アメリカ」の3曲も特別収録。

大統領就任式・国歌斉唱

その歴史的式典の大役へ導かれることとなったのは、彼女がクリスマスアルバム『Someday at Christmas』のプロモーションのためNYに滞在していたとき。トランプ大統領関係者とのミーティングから帰ったマネジャーから「そうだ、大統領就任式で歌ってみない?」と唐突に尋ねられ、「ええ、それはとっても素晴らしいことだわ」と快諾したことを米ビルボード誌に明かします。

私は政治のことやトランプ大統領のために決めたのではなく、国のために決めたの。その決意を誇りに思っているわ」と語る16歳。しかし国歌斉唱アーティストの発表以来、全米で過激化する反対派ヘイターによるトランプ炎上の飛び火を受ける日々に。

大統領就任式1週間前から体調を崩し、大統領就任式当日、熱と鼻風邪をひいていたジャッキー・エヴァンコ。その後2週間も続いたという体調不良のなか、「どうしよう、どうやって体を温め続けたらいいんだろう?2時間も寒い中、外で座り待ち続け、音も立てることできずに…、それが私が歌う前ずっと考えていたことだわ」と米ビルボード誌に明かします。

1993年ビル・クリントン元大統領就任式マリリン・ホーン(Marilyn Horne)、1997年ビル・クリントン元大統領就任式サンティータ・ジャクソン(Santita Jackson)、2013年バラック・オバマ元大統領就任式ビヨンセ(Beyonce※収録音源となった)。その他歴代アーティストはこちら英文記事参照

人々で埋め尽くす大海原が私を見つめていたわ」と振り返る16歳は、米大統領、オバマ元大統領をはじめ、全米が見守る中、神聖な大統領就任式でその大地に響き渡る美しい歌声を披露。オバマ元大統領も「本当によくやった」という声が聞こえてきそうな表情を浮かべ称賛を贈ります。

トランスジェンダーの姉

今年2月、オバマ元大統領によるトランスジェンダー保護通達(※自認する性別に応じてトイレや更衣室を使用できるにさせるよう公立学校に指示した通達)をトランプ大統領が撤回した際には、トランスジェンダーで現在18歳の姉(ジュリエット、元ジェイコブ)をもつジャッキー・エヴァンコが強く抗議。姉がさらされてきた非情な現実をトランプ大統領に伝えたいと訴えます。

そして今月2月27日、エヴァンコ家族の係争中の訴訟で、連邦裁判所は仮差止請求を認め、ジュリエット含む3名のペンシルバニア州パイン・リッチランド高校のトランスジェンダーの生徒が、同高校で自認する性別に応じてトイレや更衣室を使用できることに。一時的に勝利を勝ち取る一方、「私の姉や、姉のような人々を守ることができる連邦法を模索できたらと思っているわ」と米シアトル・タイムズ誌に語ります。

一方、母が好きな米CBSドラマ『クリミナル・マインド』や米NBCドラマ『ロー&オーダー』を観て育った16歳の高校生(Junior Year、11学年)は、大学では犯罪心理学を勉強したいと明かします。

デイヴィッド・フォスターが見い出す今注目の若手テノール歌手フェルナンド・ヴァレーラ(Fernando Varela)の最新アルバム『Vivere』が先月3月10日リリース。同収録曲「A Thousand Years」はフェルナンド・ヴァレーラのみ。デュエット版(ライブ音源)はジャッキー・エヴァンコ『Two Hearts』に収録される。

もうすぐ大学生、その表現力に深みを増すと共に純ポップ音楽の新たな領域へ挑戦するジャッキー・エヴァンコ。「今日ウォールマートに行ったよ。見つけちゃったの見て❤❤、#TwoHearts よ! みんなも手にしてくれたら嬉しいな。みんなはどんな曲が好き?ぜひ聞かせてね」とすっかり大人になったドレス姿のアルバムを手にする16歳。そこには10歳の少女がみせた優しく愛らしい笑顔をそっと覗かせるもう一人の16歳が写ります。

(記事)“EXCLUSIVE: Jackie Evancho releases music video for ‘Attesa,’ song about lost love” on FOX
(記事)“‘I Don’t Like Politics’: Jackie Evancho on Trump, Internet Haters and Why Playing the Inauguration Was a ‘Huge Honor'” on Billboard
(記事)“Jackie Evancho on How Being Dumped on Snapchat Influenced Her New Album” on Billboard
(記事)“In politics and music, Jackie Evancho is pulled in two directions “ on The Seattle Times
(記事)“Ruling Favors Jackie Evancho’s Transgender Sister in Bathroom Case” on The New York Times
(記事)“Jackie Evancho moving toward pop on new album ‘Two Hearts'” on Pittsburgh Post Gazette
(記事)“BREAKING: Teen Singer for Trump Inauguration Just Got Life-Changing News” on Conserva Tivetribune
(記事)“Jackie Evancho Takes on Trump After Inauguration Performance: I Want to Tell Him ‘the Horrors’ My Trans Sister Has Faced” on People

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー