ドレイク、「God’s Plan」で2度目の全米10週首位、男性ソロアーティスト史上初の記録


2400 1350 laurus

今年1月に全米ビルボード「Hot 100」で初登場第1位(※2018年2月3日付)となったドレイク(Drake)の曲「God’s Plan」が今週発表の同チャートで、先週に続いて第1位を記録(※2018年4月7日付)。これにより10週連続首位を記録したドレイクは、2016年に通算10週で第1位となった曲「One Dance」(fea. WizKid, Kyla)に加え、2度目の全米10週首位を達成。「Hot 100」で10週首位を2度以上獲得した史上初のリード・ソロ男性アーティストとなったことが発表されました(Billboard)。

「Hot 100」で10週以上首位を2度以上獲得しているのは、わずか6組のアーティスト/グループのみ。ボーイズIIメン(Boyz II Men)がマライア・キャリーとの「One Sweet Day」で16週首位(1995-96年)、「I’ll Make Love to You」で14週首位(1994年)、「End of the Road」で13週首位(1992年)により、最高3度の獲得。マライア・キャリー(Mariah Carey)ブラック・アイド・ピーズ(The Black Eyed Peas)サンタナ(Santana)らに続いて、ドレイクは史上6組目の偉業となり、リード・ソロ男性アーティストとしては初となる歴史的瞬間を迎えます。

また「Hot 100」で10週以上第1位となった楽曲としては、1958年より統計開始以来、36曲目で、全米首位曲のわずか3%のみが到達した記録であるといいます(Billboard)。

God’s Plan

今年1月リリースのドレイク最新EP『Scary Hours』収録の曲「God’s Plan」は、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)が最新アルバム『Reputation』リード曲「Look What You Made Me Do」で打ち立てたSpotify米国内24時間再生回数を破った他、 Apple Musicでは1400万回超のストリーミングにより、初日ストリーミング数の新記録を樹立。

俺のキャリアのなかで最も大切なもの」(SNS)と語る「God’s Plan」のミュージック・ビデオ冒頭では、「この映像の製作費は996,631.90ドル(約1億円)だ」、「我々は全てそれらを寄付した。レーベルに言っちゃダメだぞ」。実際にマイアミ高校($25,000)、女性と子どものホームレスのためのシェルターを運営するマイアミの団体($50,000)、マイアミの消防隊、助けを必要としているか否かを問わず街の人々、家族らに寄付をする姿をとらえます。

This happened today. I applied to scholarships last year for which I had to write an essay. I received those scholarships and thought that was the end of it. Apparently, my essay and my story made it to other departments. I was contacted this weekend about doing a video speaking about where I come from, things I've been through, and why it is so important for scholarship donors to continue to donate. This was the surprise the whole time. Drake told me that he has read great things about me and appreciates how hard I've worked through so many trials and decided to give me $50K for my tuition. @champagnepapi THANK YOU SO MUCH!!' You don't understand what this means to me! I would've never imagined this happening to me. I'm just a girl from Denmark, SC that wants to MAKE IT and be somebody and for you to see my hard work means the world. Thank you so much. God I thank you. You are so great and amazing! Thank you for blessing me when I thought my hard work was going unnoticed. I'm living out my dreams. God's Plan 🙏🏾

A post shared by Destiny Paris James (@_destinyparis) on


50,000ドルの小切手を手渡されたのは、奨学金制度で苦心しながらマイアミ大学に通う31歳の女子大生デスティニー・ジェームズ(Destiny James)。デンマークから夢を叶えるために渡ったというデスティニーは「本当にありがとう!!これが私にとってどれほどのことか言葉に出来ないわ!こんなこと想像もしてなかったわ」、マイアミのキャンパスで授業料にと50,000ドルの小切手をトロントの31歳のラッパーから手渡されます。

トロント出身の映像監督カリーナ・エバンス(Karena Evans/Director X)が監督を務めるミュージック・ビデオの最後には、「お袋がいるからこそ、我々がいる、ありがとう」。そして少年には「お袋の面倒ちゃんと見なきゃダメだぞ、何としてもな」。「God Bless You」(神のご加護を)で「God’s Plan」を締めくくる同映像は、まだ公開から2ヶ月も経たぬなか、3億2000万回を超える動画再生回数を記録します。

Hot 100

今週の「Hot 100」では、米ビービー・レクサ(Bebe Rexha)と米カントリー人気デュオ、フロリダ・ジョージア・ライン(Florida Georgia Line)のコラボ曲「Meant to Be」が先週に続いて第2位。カントリー・デュオ/グループとしては、2010年のレディ・アンテベラム(Lady Antebellum)「Need You Now」(第2位)以来の全米最高位を記録中。先週のエド・シーラン(Ed Sheeran)「Perfect」に代わり、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)カーディ・B(Cardi B)によるリッミクス曲「Finesse」が第3位に浮上します。今週の全米ビルボード「Hot 100」トップ10は以下の通りです。

今週の全米ビルボード「Hot 100」トップ10
第1位 ドレイク「God’s Plan」
第2位 ビービー・レクサ「Meant to Be」ft.フロリダ・ジョージア・ライン
第3位 ブルーノ・マーズ&カーディ・B「Finesse」
第4位 ポスト・マローン/Post Malone「Psycho」ft. タイ・ダラー・サイン/Ty Dolla $ign
第5位 エド・シーラン「Perfect」
第6位 ブロックボーイ・JB/BlocBoy JB「Look Alive」ft.ドレイク
第7位 ゼッド/Zedd、マレン・モリス/Maren Morris、グレイ/Grey「The Middle」
第8位 リル・ディッキー/Lil Dicky「Freaky Friday」ft.クリス・ブラウン/Chris Brown
第9位 XXXTentacion「SAD!」
第10位 カミラ・カベロ/Camila Cabello「Havana」ft.ヤング・サグ/Young Thug
Billboard、2018年4月7日付

関連記事

新着記事

海外の洋楽情報をフォロー