ジャスティン・ビーバー×豪華ラッパー集結、DJキャレド最新曲「I’m the One」ミュージック・ビデオ公開


1440 810 VOICE Editor
生後6ヶ月ベイビー・アサド君がエグゼクティブ・プロデューサー

「チャンスか、よかった、元気か?頼み事していいか、…、ジャスティン・ビーバーとリル・ウェイン、クエヴォに伝えてくれないか、俺の家だ。人生を祝おうじゃないか!成功を!そして全ての祝福を!」

そのDJキャレド(DJ Khaled)の長男で現在生後6ヶ月のアサド君(Asahd Tuck Khaled)がエグゼクティブ・プロデューサーを務める(という)DJキャレド最新曲「I’m the One」のミュージック・ビデオが、今週(現地時間4月28日)公開されました。

「それ相応のキャリアを築いたと感じるまで、ジャスティン・ビーバーにコラボをお願いするのはできないって自分に言い聞かせていたんだ」とBigBoyTVに語るDJキャレド。その最新シングル曲「I’m the One」では、彼が「メガスター」と語るジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)をフィーチャリングに迎える他、米リル・ウェイン(Lil Wayne)、ミーゴズ(Migos)のクエヴォ(Quavo)、そして今年のグラミー賞でアデル(Adele)と共に最多タイ3冠に輝いたチャンス・ザ・ラッパー(Chance the Rapper)らヒップホップ界のスターが集結。

人生のセレブレーション・ソングとなる「I’m the One」のミュージック・ビデオでは、今年2月カリフォルニアの豪華邸宅で撮影され、インスタグラムで話題のアサド君のカメオ出演も。

×ジャスティン・ビーバー

プエルトリコのスター、ルイス・フォンスィ(Luis Fonsi)×ダディー・ヤンキー(Daddy Yankee)最新シングル曲「Despacito」のリミックス版でコラボし、20年ぶりにスペイン語曲が全米ビルボード総合ソングチャート「Hot 100」トップ10入りを果たす歴史的記録を樹立させたばかりのジャスティン・ビーバー、その成熟したテンダーなヴォイスのフックで始まると、クエヴォとチャンス・ザ・ラッパーのミッド・テンポのバースと共に「今年一番のサマー・ソング」と早くもその名が上がるヴァイブで盛り上げます。

ビヨンセ(Beyoncé)&ジェイ・Z(Jay Z)夫婦とのコラボレーション・シングル曲「Shining」をリード・シングル曲に、2ndシングル曲「I’m the One」が収録されるDJキャレド通算10枚目スタジオ・アルバム『Grateful』は、今年にもリリース予定。同アルバムのエグゼクティブ・プロデューサーには、アサド君を迎えることが報じられています。

(記事)“DJ Khaled Enlists Justin Bieber, Lil Wayne for Jubilant ‘I’m the One’ Video” on RollingStone
(記事)“The ‘Despacito’ Remix was Actually Justin Bieber’s Idea” on PEOPLE

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー