デミ・ロヴァート最新曲「Sorry Not Sorry」MV、豪華プール・パーティにパリス・ヒルトン他ハリウッドスターも登場


1600 900 VOICE Editor
やりすぎちゃうハウス・パーティに警察車両やヘリも

「この曲はみんなが思うほど刺激的なものではなくって、陽気な歌だわ、だからミュージック・ビデオも陽気なものになるわ」、先日のインタビュー(Amazon Music)でそう予告していたデミ・ロヴァート(Demi Lovato)による最新6thアルバムのリード・シングル曲「Sorry Not Sorry」ダウンロード版)のミュージック・ビデオが昨日(現地時間7月19日)公開されました。

思ってもみないほど、とっても楽しかったの」と、自身が先月29日にカルフォルニア邸宅にて開いたハウス・パーティを振り返り、その模様を再現したという同映像では、パリス・ヒルトン(Paris Hilton)に、米俳優ジェイミー・フォックス(Jamie Foxx)の豪華セレブをはじめ、米ラッパー、ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)も登場。真夏のカリフォルニアの夜の下、パーティ・キスにダンスと賑やかな若者たちで溢れ返る鮮やかな豪華プールサイドを、”Cool for the Summer”なパーティーでその夜を盛り上げます。

アリアナ・グランデ(Ariana Grande)「Side to Side」をはじめ数々のヒット曲のMVを手がける米音楽映像監督ハナー・ラックス・デイビス(Hannah Lux Davis)が「Cool for the Summer」に続いてメガホンを取るミュージック・ビデオは、その夏の第2幕へ。高級車ジャガーのオープンカーから登場したデミ・ロヴァートは、カラフルなネオンカラー照らすなホットタブで、そのパンチの効いた力強い歌声とともにヘイターに宛てたと自身が語る(Amazon Music)再起と打倒のアンセムを歌い上げます。

Baby、悪く思ってなくってごめんね/Baby、残念に思ってなくってごめんね/とっても悪い子って、最高の気分だわ

More Confident

前作『Confident』より約2年、苦難から”Skyscraper”の如く立ち上がり、小さな愛犬の大きな”Lionheart”に支えられ”Confident”を胸にする24歳は「この曲を聞いて椅子から立ち上がり、今までないくらいにダンスをする曲になると嬉しいわ。この歌は今までずっと嫌われていた人が、そこから立ち上がるアンセムだわ」と自身のSNSで語ります。


元ディズニー・スターから「力強い女性像」の象徴的存在へ。「これまでよりもソウルフルで、さらにR&Bなものになるわ」と今年5月の米ビルボード誌でのインタビューで明かす今年中にリリース予定の最新6thアルバムを控えるなか、「これまで以上に元気づけインスパイアする音楽制作に戻ることができてとても幸せだわ。私の全て、それ以上のものを、この新しい章に注ぎ込むことができたら嬉しいわ」とファンらに感謝の言葉とともに力強いメッセージを送ります。

Demi Lovato - Sorry Not Sorry

Demi Lovato – Sorry Not Sorry

これまで撮影した私のミュージック・ビデオの中で最も楽しいビデオになったの!!」(twitter)とハウス・パーティを最高に楽しむ動画の最後では、警察車両のサイレンの音とともに、頭上からは警察のヘリコプターのサーチライトがプールサイドを照らすなか、「警察が私たちのパーティを止めに来たわ!でも構うもんか!」とノリノリなデミ・ロヴァート。「というのは全くの冗談よ。警察の方々に心から敬意を払います」と”Sorry”な一面でお開きとなるパーティ会場からは笑いがこぼれます。

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー