カミラ・カベロがこの夏贈る二大サマー・ソング最新曲「Havana」、「OMG」同時リリース


1600 900 VOICE Editor
デビューアルバムよりサマー・ソングをリリース

来月にソロデビュー・アルバム『The Hurting. The Healing. The Loving.』のリリースを予定するなか、昨日(現地時間8月3日)、「夏の二大ソング」と自身が予告していた米カミラ・カベロ(Camila Cabello)の最新シングル曲「Havana」及び「OMG」が同時リリースされました。

キューバ東ハバナで生まれた元フィフス・ハーモニー(Fifth Harmony)のシンガー・ソングライターの故郷をタイトルにした最新シングル曲「Havana」(iTunes)では、ロマンスをあとに緩やかなラテンのビートに乗せ、郷愁に想いを寄せる歌に。

「私の心の半分はハバナに、oh na na」、米ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)をライターに、米ヤング・サグ(Young Thug)をゲスト・ヴォーカルに迎えるなか、思いを馳せるラテンの故郷へのノスタルジーが流れます。

OMG

その半分の心をアメリカに残す20歳のもう一方の最新曲「OMG」(iTunes)では、今年6月に米メジャー・レイザー(Major Lazer)最新曲「Know No Better」(ダウンロード版)でコラボレーションしたMigosの米ラッパー、クエヴォ(Quavo)をそのラップに迎え、ミッド・テンポのヒップホップ・サウンドでこれまでのポップ・ソングとは異なる新たな側面を垣間見せる20歳。

先日リリースしたばかりの最新曲「Boys」のイケメン溢れるMVがヴァイラルとなっているチャーリーXCX(Charli XCX)が楽曲制作に加わり、イケてる男の子に絡む「ガール・スクワッド・アンセム」と自身が語る同曲について、「重い感じじゃなくって、何か楽しい曲にしたかったの」とApple’s Beats1 radio(YouTube)のインタビューで明かします。「楽しく、大胆に」、「ガール・スクワッドを描いているような曲、男の子たちを捕まえて盛り上がっているの」。

「Crying in the Club」をリード・シングル曲(記事『カミラ・カベロ、待望ソロデビュー曲「Crying in the Club」で艶美なMV、涙をエクスタシーに』)とするデビュー・アルバム『The Hurting. The Healing. The Loving.』の厳密なリリース日について現時点では正式発表はないものの、来月中にそのリリースを迎える予定であるとカミラ・カベロは語ります。

【記事】カミラ・カベロ、デビューアルバム『Camila』発表、来年1月12日リリース

現地時間9月25日、米NBC『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』にてセクシーヴァイブ揺蕩う「Havana」を披露。祖母の大のお気に入りの曲になっていると明かすカミラは、祖母に歌うとても特別な曲であると明かす(YouTube動画)。

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー