アリアナ・グランデ、「Thank U, Next」自身初の全米Hot 100首位 女性曲初登場首位アデル以来


2400 1350 VOICE

今月3日にリリースされたアリアナ・グランデ(Ariana Grande)新曲「Thank U, Next」ダウンロード版)が今週の全米ビルボード総合ソングチャート「Hot 100」で初登場第1位を記録した(Billboard、※2018年11月17日付)。アリアナ・グランデが「Hot 100」で全米首位を獲得するのは今回が初めて。Billboardによるとこれまでアリアナ・グランデは2014年曲「Problem」での第2位が自身最高位、前回のチャートイン曲「God Is a Woman」は第8位がピークとなっていた。アリアナ・グランデが「Hot 100」に初めてチャートインを果たしたのは、2013年4月、マック・ミラー(Mac Miller)とのコラボ曲「The Way」(最高第9位)だったという。

ニールセン・ミュージックによると「Thank U, Next」は集計締め切りの11月8日までに米国内ストリーミング5550万回、81,000ダウンロードを記録。これにより「Hot 100」に加えて、「ストリーミング・ソング」部門で自身初首位となった他、「デジタル・ソング・セールス」部門で自身4曲目のトップとなった。「Hot 100」で女性アーティスト曲が初登場第1位となるのは、アデル(Adele)の「Hello」(※2015年11月14日付)以来、およそ3年ぶりの記録だという。「Hot 100」で女性アーティストが単独で第1位に輝くのは、昨年のカーディ・B「Bodak Yellow (Money Moves)」(※2017年10月21日付〜)以来、約1年ぶりとなっている。

元カレたちに宛てた失恋アンセム「Thank U, Next」では、これまでアリアナが実際に交際してきた男性、ビッグ・ショーン(Big Sean)、元バックダンサーのリッキー・アルバレス(Ricky Alvarez)、マック・ミラー、ピート・デイビッドソン(Pete Davidson)らexの名前が歌詞に入る。Nextとexをかけながら、失恋の良き面を見出し、感謝とともに振り切って前に進んでいこうとする姿を描く。

「ショーンと添い遂げると思ってた/でも違った/リッキーの曲も何曲か書いた/今聞くと笑っちゃう/ほぼ結婚するとこだった、/ピートへ、すごく感謝してる/マルコムに”ありがとう”って伝えられたと思う/彼は天使だった」、「愛を私に教えてくれた人/我慢を教えてくれた人/そして痛みを教えてくれた人/今、私はとっても素晴らしいわ/私は愛し、失った/でもそうじゃない/見て、私が得たものを/見て、あなた達が私に教えてくれたもの/だから私は伝えたい」

「ありがとう、次いこう(×リフレイン)/私の元カレたちにチョー感謝/ありがとう、next(×リフレイン)/I’m so fuckin’—」、「いつかヴァージンロードを歩こう/ママの手を握って/パパに感謝しよう/アリはそのドラマから育ったのだから/結婚は1回だけでいい、最高のやつ」

アリアナ・グランデの交際相手をめぐってはメディアなどで注目を集め、今年5月におよそ2年間交際していたマック・ミラーとの破局が報じられると、同月にはピート・デイビッドソンとの交際が報じられ、翌月に二人は婚約。そうしたなか今年9月7日マック・ミラーがロサンゼルスの自宅で急死した(享年26歳)。「Sad!」のXXXTentacionに続きスターのラッパーの若き死は衝撃的ニュースとなり、先月14日にはピートとの婚約解消が報じられた。通常の新曲リリースのタイミングと異なり、「Thank U, Next」は11月3日土曜日、ピート・デイビッドソンが出演するNBC『サタデー・ナイト・ライブ』放送45分前にリリース。翌月曜日(11月5日)にはマック・ミラーの死因が発表され、フェンタニルとコカインとアルコールの混合過剰摂取によるものだとロサンゼルス郡検死局が発表した。翌6日には、今年のBillboard「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」(2018 Woman of the Year)にアリアナ・グランデの受賞が発表。翌7日には『エレンの部屋』(The Ellen DeGeneres Show)に登場し、結婚式場なステージで映画『ファースト・ワイフ・クラブ』にインスパイアされたという「Thank U, Next」のパフォーマンスなど披露。途中アクシデントに笑いをこらえきれないシーンを見せながらも、両親への歌詞で声をつまらせる場面もあった。アリアナの両親は彼女が8歳の時に離婚している。そうした一連の出来事を受けながら、自身の愛の軌跡、感謝と新たな出発、未来への決意を同時に描く「Thank U, Next」は近々リリースされるというアルバム『Thank U, Next』(※リリース日未発表)のタイトル・トラックとなっている。

今週の「Hot 100」では、「Thank U, Next」がこれまで7週連続で首位となっていたマルーン5(Maroon 5)とカーディ・B(Cardi B)による「Girls Like You」を第2位に抑えた。昨年アメリカ音楽ではヒップホップが初めてシェアトップとなり今年もその主流を占めるなか、先週までラッパーを含む曲が「Hot 100」42週連続で首位を独占していた。「Thank U, Next」はエド・シーラン(Ed Sheeran)の「Perfect」(※2018年1月20日付)以来、初めてラッパーを含まない曲での首位獲得となった。ポップ・ソングとしては、カミラ・カベロ(Camila Cabello)とヤング・サグ(Young Thug)の「Havana」(※2018年1月27日付)以来の首位獲得となる。なお今週の「Hot 100」トップ10は以下の通り。

今週の「Hot 100」トップ10
第1位 アリアナ・グランデ/Ariana Grande「Thank U, Next」
第2位 マルーン5(Maroon 5)「Girls Like You」feat.カーディ・B/Cardi B
第3位 トラビス・スコット/Travis Scott「Sicko Mode」
第4位 マシュメロ/Marshmello & バスティル/Bastille「Happier」
第5位 ジュース・ワールドJuice WRLD「Lucid Dreams」
第6位 ホールジー/Halsey「Without Me」
第7位 ポスト・マローン/Post Malone「Better Now」
第8位 コダック・ブラック/Kodak Black「ZEZE」feat.Travis Scott & Offset
第9位 シェク・ウェス/Sheck Wes「Mo Bamba」
第10位 リル・ベイビー/Lil Baby & ガンナ/Gunna「Drip Too Hard」
※2018年11月17日付

関連記事

新着記事

海外の洋楽情報をフォロー