アリアナ・グランデ「No Tears Left To Cry」TV初披露、アルバム『Sweetener』今夏リリース


2400 1350 VOICE Editor
アルバム『Sweetener』8月17日リリース(追記)

現地時間5月1日、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)が米NBC人気トーク番組『ザ・トゥナイト・ショー』(The Tonight Show Starring Jimmy Fallon)に出演。先月に新曲「No Tears Left To Cry」(ノー・ティアーズ・レフト・トゥ・クライ)をリリースした24歳は、TV初となる同曲のパフォーマンスを披露。可愛らしいピンクのドレスにプラチナ・ブロンドを輝かせ、進化を続けるその美しい歌声でファンらを沸かせます。

「No Tears Left To Cry」は、4月26日までに3690万再生回数及び100,000ダウンロード配信を記録し(※ニールセン・ミュージック調べ)、今週の全米ビルボード総合ソングチャート「Hot 100」初登場第3位となった他、デジタル・ソング・セールス・チャートで第1位を記録(※2018年5月5日付)。アリアナ・グランデが「Hot 100」で初登場トップ10を記録するのは、今回で6度目。

同記録は、「Hot 100」チャート59年の歴史のなかで14度記録のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)、ドレイク(Drake、12度)、エミネム(Eminem、8度)、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber、7度)、リル・ウェイン(Lil Wayne、7度)に次いで、史上6番目の記録となり、レディ・ガガ(Lady Gaga)、リアーナ(Rihanna)と並びます。

またアルバムのリード・シングル曲としては、4作連続で「Hot 100」初登場トップ10を記録。「The Way」、「Problem」、「Dangerous Woman」で3作連続のリード・シングル曲「Hot 100」初登場トップ10を記録し、史上初の記録を樹立していたアリアナ・グランデは同記録を更新。また「Hot 100」初登場記録としては、2014年「Problem」と並んで自身最高記録となります。

なおアリアナ・グランデの「Hot 100」トップ10シングル曲としては、今回で9曲目。今週の「Hot 100」ではドレイク「Nice for What」が3週目の首位、またドレイクの「God’s Plan」が第2位となりました。

Sweetener

パフォーマンス前の『ザ・トゥナイト・ショー』のトーク・コーナーでは、2016年アルバム『Dangerous Woman』に続く、通算4枚目となる最新スタジオアルバム『Sweetener』(スイートナー)を発表。同タイトルについてアリアナ・グランデは、「ある状況、あるいは誰かの人生へ光をもたらすものだわ。あるいは、あなたの人生に光を注ぎ込んでくれる人について、あるいはその甘い関係を表すものだわ」。

『My Everything』、『Dangerous Woman』の音楽プロデューサー、マックス・マーティン(Max Martin)イリア・サルマンザデ(Ilya Salmanzadeh)Savan Kotechaをはじめ、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)らが手がけるアルバム『Sweetener』には、リード・シングル曲「No Tears Left To Cry」、イントロ・トラック「Raindrops」他、「R.E.M.」、「The Light Is Coming」等を収録。ファンらから一際大きな歓声が上がったのは「God Is A Woman」。同曲についてアリアナ・グランデは、同アルバムで自身の祖母の一番のお気に入りになっていることを同トーク番組で明かします。

「One Last Time」歌うファンにアリアナがドッキリで登場!

またアルバム『Sweetener』リリースまでに毎月20日、”特別なこと”をすると発表。今月5月20日には、ケリー・クラークソン(Kelly Clarkson)が司会を務め米ラスベガスにて開催される「2018年ビルボード・ミュージック・アワード」(2018 Billboard Music Awards)でライブ・パフォーマンスを行うことを明かします。同アワードでは、カミラ・カベロ(Camila Cabello)、デュア・リパ(Dua Lipa)、ショーン・メンデス(Shawn Mendes)らもパフォーマンス予定。アルバム『Sweetener』リリース時期について本人は「今年の夏」と言及(※追記、2018年8月17日リリースと発表)。

同番組では、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)「HUMBLE.」、ドレイク「God’s Plan」のジャンルを変えたカバーに挑戦したアリアナ・グランデ。ゴシック・ロック版「HUMBLE.」では、エイミー・リー(Amy Lee)な歌声で、「God’s Plan」では、90年代ディーバの歌声で沸かせました。

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー