甘美な夢世界、アマイア×アルフレッド「Tu Canción」ユーロビジョン2018スペイン代表曲


2400 1350 laurus

今年で63回目を迎える世界最大規模の欧州音楽コンテスト「ユーロビジョン2018」(Eurovision Song Contest 2018)がいよいよ来月に開幕を迎えます。各国代表曲も出揃い、頂上決戦を前にお祭りムードも高まる一方、「情熱の国」らしからぬ美しくロマンチックなバラードでヨーロッパをうっとりさせてしまっているというスペイン代表曲。

19歳の歌姫アマイア・ロメロ(Amaia Romero)と21歳歌手アルフレッド・ガルシア(Alfred García)の若き二人のデュエットで贈るスペイン代表曲「Tu Canción」(君のうた)ダウンロード版)には「まるで恋愛映画みたい」、「信じられないくらい美しくって、純粋」、「聞く度に心が溶けちゃうわ」、「美しくって涙が出てくるわ」、スペインが恋に落ちたその代表曲にヨーロッパ中から感動の声が次々に寄せられます。

あなたは世界を180度変えた、私の額にキスをする時/その理由がわかる」、ノスタルジック揺蕩うピアノの旋律美に、アルフレッドのテンダーな歌声とアマイアの純真に触れる美しい歌声が魔法のようにケミストリーを起こすと、愛と歓喜は重力から解き放ち、甘美な世界に手を取り合う二人。

私(僕)はただ、あなた(君)の歌になりたい/oh, oh, oh、Oh, oh, oh, oh」、二人を祝福するように煌めく無数の小さな光が星屑のように舞い上がり降り注ぐと、ロマンチックなラストシーンへ。「まるで初めてダンスをしているようだわ/あなたといると」。

当初のピアノ主体によるアコースティック版から変更された最終的なユーロビジョン・バージョンでは、幾層ものインストルメンタルが加わり、ドラマティックな弦楽器が壮大なクライマックスを演出。感情の移り変わりを躍動的に映すシネマティックなバラードは、オーディエンスのなかの記憶を呼び起こし共振させていきます。

Tu Canción
Produced by Pablo Cebrián
Written by Raúl Gómez, Sylvia Santoro

(バース1)
アルフレッド:
想像したこともなかった
月まで飛ぶことを

アマイア:
あなたは世界を180度変えてくれた
あなたが私の額にキスをする時、その理由がわかる

アルフレッド:もうこれ以上
アマイア:偽れない

(コーラス)
二人:まるで初めてダンスをしているよう
あなたはアート、肌を甘くする
アルフレッド:僕の冒険心は、君の足跡に導かれる
二人:まるで初めてダンスをしているよう
あなたといると

(バース2)
アマイア:あなたの中に見つける声は
私を包み込む、空が険しくなる時も

二人:全てが完全になる、もしあなたがそばにいてくれたら
私(僕)と新世界を築きながら

(コーラス)
二人:まるで初めてダンスをしているよう
あなたはアート、肌を甘くする
アルフレッド:僕の冒険心は、君の足跡に導かれる
二人:まるで初めてダンスをしているよう
あなたといると

アマイア:もうこれ以上
アルフレッド:偽れない
アマイア:私はただ
二人:あなたの歌になりたい
oh, oh, oh
oh, oh, oh, oh

(コーラス)
まるで初めてダンスをしているよう
あなたはアート、肌を甘くする
僕の冒険心は、君の足跡に導かれる
まるで初めてダンスをしているよう
あなたといると

Tu Canción 君のうた

今年のスペイン代表曲を決する全国大会となったのは、6年ぶりに復活したスペインの才能発掘音楽コンペティション番組『Operación Triunfo』シーズン9(2017年)のファイナル。2004年以来の代表選出方法となるなか、12週を超える闘いを経て残ったファイナリストは、音楽家系で育ちピアノ、ウクレレ奏者でもあるアマイア、そしてアルフレッド含む5名。

そのオリジナル曲の9曲から代表曲を決する「Gala Eurovisión」が現地時間1月29日に行われ、(各国の審査員票はなく)オーディエンスの一般票のみ(テレボート、SMS、アプリ)により43%の支持を得て、アマイアとアルフレッドのデュエット曲「Tu Canción」を代表曲に選出します。その翌週行われたグランド・ファイナルでは、番組史上最高となる満点の審査員得点を叩き出して注目されていたアマイアが優勝。一方アルフレッドは第4位で終えます。

映画『ラ・ラ・ランド』主題歌「City of Stars」をアマイアとアルフレッドが互いに見つめ合いながら歌う姿を見て「Tu Canción」のメロディが浮かんだと明かすのは、同曲の作詞作曲を手がけた新進気鋭のソングライターラウル・ゴメス(Raúl Gómez)。アマイアとアルフレッドは、同番組での出会いをきっかけに恋に落ち交際に発展したといいます。「この曲は初めて恋に落ちた時のこと、一目見た時に生まれた感情、初めて肌に触れた時のことを描いているんだ」(EL PAÍS)とラウル・ゴメス。

ラウル・ゴメスと共に作詞を手がけた彼の叔母でCCMアーティストのシルビア・サントロ(Sylvia Santoro)は、「コーラスで中心となっているのは、”初めてのダンスのように感じる”という歌詞の部分で、多くの意味を含んでいるわ」、「初めて恋に落ちた時、あるいは以前恋した人がいても、初恋のように感じるとても特別な感情を表現しているものだわ」(PROTESTANTE)。

ユーロビジョン2018

現在最も注目を集めるのは、#MeTooムーブメントにインスパイアされたというイスラエル代表25歳ネッタ(Netta Barzilai)「Toy」(ミュージック・ビデオ)。メッセージ性に加え、強烈なインパクトと中毒性があるというキャッチーなソングで20年ぶりの優勝を狙う。43ヶ国の代表曲を収録した『Eurovision Song Contest 2018』は今月6日にデジタル・リリース、2枚組となるCD版は今月20日リリース予定。

主要国「Big 5」としてスペインは決勝戦進出は確定しているものの、初参加の1961年以来毎年参加しているスペインがこれまでに優勝したのは、2度(1968年、1969年)。1995年以来、20年以上一度もファイナル・トップ5のランクインを果たしておらず、昨年は最下位、非常に厳しい闘いが続きます。

デュエットでスペインが挑むのは、1975年以来。「今年のスペインはなんか違う」、そんな声もあがるなか、今年で58回目の挑戦となるスペインがもし優勝すれば約50年ぶりの快挙に。悲運のスペインは、若き二人のイノセントな愛の歌にその奇跡を託します。

政治的問題から昨年棄権したロシアも復帰し、2011年以来史上最多タイとなる43カ国が盛大に賑わせる今大会のスローガンは「ALL ABOARD!」(さぁみんな乗って、出発だ!)。昨年の覇者国ポルトガル首都リスボンを舞台に、「ユーロビジョン2018」は来月、5月8日に準決勝開幕。同12日に決勝戦を迎えます。

関連記事

新着記事

海外の洋楽情報をフォロー