テイラー・スウィフト最新曲「Never」、米カントリー史32年ぶりとなる全米ビルボード3週第1位記録


150 150 VOICE Editor
Amazon 5日間のBig Sales
11/27[金]9:00 ─ 12/1[火]23:59
第1弾ブラックフライデー開催中

「Taylor Swift’s ‘Never’ Is Hot 100’s Longest-Leading Country Song Since 1980」on Billboard

リリース第1週デジタル・セールス記録として、女性アーティストとして洋楽史上最高の第1週セールス記録を樹立したテイラー・スウィフト(Taylor Swift)新曲「We Are Never Ever Getting Back Together」が、今週水曜日発表の米ビルボード総合シングル曲ランキング「Hot 100」第1位を記録(※2012年9月22日付)し、通算3週首位を記録。

同記録は、米R&Bシンガーソングライター、ライオネル・リッチー(Lionel Richie)プロデュースのもとリリースされた米カントリー界大御所ケニー・ロジャース(Kenny Rogers)代表曲「Lady」が1980年11月15日付「Hot 100」より6週に渡り第1位となった1980年以来となる最高記録で、米カントリー史32年ぶりの記録となったことが、米国時間昨日、米ビルボードより発表されました。

また同記録は、女性アーティストによるカントリー・チャートインソングとして、デビー・ブーン(Debby Boone)が1977年に「Hot 100」で10週第1位(※カントリー部門最高第4位)を記録した「You Light Up My Life」以来となる記録。

1980年のケニー・ロジャース「Lady」からテイラー・スウィフト「We Are Never Ever Getting Back Together」の現在までにカントリーソングが「Hot 100」で第1位を記録したのは、1981年米カントリー界大御所ドリー・パートン(Dolly Parton)の2週第1位「9 to 5」1983年ケニー・ロジャース(withドリー・パートン)の2週第1位「Islands in the Stream」2000年米カントリー・バンド、ローンスター(Lonestar)の2週第1位シグネチャーソング「Amazed」2005年キャリー・アンダーウッド(Carrie Underwood)の1週第1位「Inside Your Heaven」のわずか4曲にとどまることが報じられています。

また先週7日に放送された全米チャリティ番組『Stand Up To Cancer 2012』で、ガンで亡くなった3歳のローナンくんに捧げたテイラー・スウィフトのチャリティ・シングル曲「Ronan」が、今週発表の「Hot 100」で初登場第16位を記録し、デジタル・ソング部門では、初登場第2位を記録。

「Digital Songs」on Billboard

これによりデジタル・ソング部門で「We Are Never Ever Getting Back Together」で第1位、チャリティ・シングル曲「Ronan」で第2位と、第1位・第2位をデジタル・ソング部門で同時に独占したテイラー・スウィフトは、ケシャ(Ke$ha)が記録した2010年以来となる記録。デジタル・ソング史上第1位・第2位を同時独占した他のアーティストは、2009年2週に渡り独占したブラック・アイド・ピーズ(Black Eyed Peas)、2008年ビヨンセ(Beyonce)、2005年マライア・キャリー(Mariah Carey)のわずか3アーティストに過ぎないことが報じられています。

また「We Are Never Ever Getting Back Together」と「Ronan」は各々200,000以上の配信数を同じ週で記録、同一カントリー・アーティストによる2つのカントリー・ソングが各々200,000以上の配信数を記録するのは米カントリー界史上初の記録となる歴史的快挙となったようです。

(記事)”Taylor Swift’s ‘Never’ Is Hot 100′s Longest-Leading Country Song Since 1980” on Billboard

なお現在米国内のみのリリースとなっているチャリティ・シングル曲「Ronan」は、レーベル「Big Machine」発表の情報によると、テイラー・スウィフト待望の4thアルバム『Red』には現在収録されない見通しであることが報じられています。

(動画)Taylor Swift - 'Red' Represents The Intensity Of 'Mad Love' on MTV

(動画)Taylor Swift – ‘Red’ Represents The Intensity Of ‘Mad Love’ on MTV

『Red』の他の収録曲についてテイラー・スウィフトはMTVのインタビューにおいて、「We Are Never Ever Getting Back Together」は、必ずしもアルバム全体の象徴的楽曲ではなく、「“We Are Never Ever Getting Back Together”のような(感情を表現した)楽曲は他にアルバムに収録されて」おらず、「それぞれの曲が私が感じた激しい感情(intense emotion)のようなものを表した楽曲になっているわ」とMTVで明かします。

(記事)”Taylor Swift Red With Emotion On New Album” on MTV

その各々“赤い”感情が綴られ、「新しい方向性」として注目が集まるアルバム『Redは、来月米国時間10月22日にリリースされる予定です。

(参考)” Taylor Swift Says ‘We Are Never Ever Getting Back Together’ Isn’t Representative of ‘Red’” on PopCrush

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー