テイラー・スウィフト、涙こらえ新曲「Ronan」をガンで亡くなった3歳のローナンくんに捧ぐ


150 150 VOICE Editor
Amazon 5日間のBig Sales
11/27[金]9:00 ─ 12/1[火]23:59
第2弾サイバーマンデー開催中

Stand Up To Cancer 2012 © NBC

今年で3回目を迎えたガンの研究のために資金を集う米チャリティ番組『Stand Up To Cancer 2012』が米ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムにて開催され、米国時間今月7日午後8時(ET/PT)より、米ABCCBSFOXNBCの米4大主要テレビ局他、全米各テレビ局で全国大規模放送。

グウィネス・パルトロージュリア・ロバーツマット・デイモンマイケル・ダグラスサミュエル・L・ジャクソンら名だたるハリウッド・スターをはじめ、全米各界の著名人が集結する中、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)が未発表曲となる新曲「Ronan」を披露しました。

最新曲「We Are Never Ever Getting Back Together」で華やかにトリを飾った先日の「MTV Video Music Awards 2012」とは対照的に、涙をこらえるように静かにアコースティックで披露したテイラー・スウィフトのチャリティ・シングル曲「Ronan」は、昨年4歳の誕生日を迎える3日前に神経芽細胞腫小児がんにより亡くなった3歳の少年ローナン(Ronan)くんへ捧げる曲となっており、天国のローナンくんへ宛てた母親の深い思いが込められます。

ブログ「Rockstar Ronan」by Maya Thompson

ガンの病いと懸命に闘いながらもわずか4年という短すぎる命でこの世を去ったローナンくんの母親マヤ・トンプソン(Maya Thompson)が、天国のローナンくんに話しかけるようにその日の出来事やローナンくんへの思い、天国で無事元気でいてほしいと願いを日々綴るブログ「Rockstar Ronan」(ロックスター、ローナン)。

それを読み胸を打たれたテイラー・スウィフトがローナンくんとその家族のために作詞作曲、その母親の言葉と共に綴られた「Ronan」には、亡くなったわが子への母親の溢れるばかりの思いが切なくも温かい言葉で描かれます。

「Ronan」
written by Taylor Swift, Maya Thompson
song by Taylor Swift
日本語訳歌詞・和訳

(バース1)
思い出す、廊下を歩くあなたの裸足
思い出す、あなたの小さな笑い声
キッチンの床で遊んでいたカーレース
プラスチックの恐竜たち

お月様まで行って戻ってくるくらい、
あなたのことを愛しているわ

僕たちだけの秘密の世界があるんだよって、
そういう風に私を覗きこむあなたの蒼い瞳を思い出す
ベッドタイムの前に踊って、そして朝私を起こそうと
私の上で飛び跳ねていたことを思い出す

まだ感じるわ、あなたが私の手を握ってる
小さな男の子、私があなたと出会ったときから
あなたは軍人さんのように必死に戦っていたわね
思い出す、あなたに寄りかかり、ささやいていたのを

(コーラス)
さあ私と一緒に
一緒に羽ばたいていこう、この場所から
あなたは私の、人生で最高の4年間

(バース2)
思い出す、家に帰る時のこと、希望を失った日に
泣きながら叫んだわ、「どうして」って
たくさんの花束が積み重ねられる
亡くなった小さな愛らしい男の子について話す言葉は誰も見つからない

もうすぐハロウィンだわ
もしあなたがここにいてくれたのなら、
あなたは望むどんなものにもなりきっていいわよ
あなたの顔にキスをした最後の日を思い出す
あなたの耳元でこうささやいたわ

(コーラス)
さあ私と一緒に
一緒に羽ばたいていこう、この場所から一緒に
このカーテンで包まれた病院の部屋から飛び出して
私たちは一緒に旅立つのよ

さあ私と一緒に
一緒に羽ばたいていこう、この場所から一緒に
あなたは私の、人生で最高の4年間

(ブリッジ)
もしあなたに話しかけようと、あなたの部屋の中に居続けたらどうなるだろう?
もしあなたの洋服を捨てずに持っていたら、あなたは大きくならなくなってしまう?
もし心から望んだら、私たちの間に奇跡が起こる?
でももしその奇跡で、たった一度でもあなたと一緒にいることができるのならば、

(コーラス)
さあ私と一緒に
一緒に羽ばたいていこう、ここから一緒に

さあ私と一緒に
一緒に羽ばたいていこう、ここから一緒に

あなたは私の、人生で最高の4年間

思い出す、廊下を歩くあなたの裸足
お月様まで行って戻ってくるくらい、
あなたのことを愛している

アリゾナ州フェニックスの自宅からこの日、夫と2人の9歳の子供と共に初めて「Ronan」を聞いた母親マヤ・トンプソンは、「今まで私の人生の中で、最も美しい曲だったわ…胸が張り裂けるような、ビタースウィートで、でもそれは完璧で…。彼女は私の言葉を曲に込めて、それらを最も美しい方法で表現してくれているわ」とその後放送された米FOXのニュースでのインタビューで明かします。


»(追記)インタビューが今週11日米FOXニュースKSAZ-TVで放送。30秒後始まります。

テレソン放送2週間前にテイラー・スウィフトから直接電話があり、ローナンくんのために曲を作ったこと、そしてローナンくんの最後の日の懸命の闘いの精神に胸を打たれたことを告げられた母親マヤ・トンプソンは、インタビューで涙を流しながら「ローナンは決して闘うことを止めようとしなかったわ。私がローナンにその言葉をかけるまで。ローナンは私からその言葉を聞く必要があったのだと思う。”もう大丈夫だよ”って。」と振り返ります。

曲「Ronan」に書き記された言葉、「Come on baby with me we’re gonna fly away from here. Out of this curtained room in this hospital gray. We’ll just disappear.」(さあ私と一緒に/ここから一緒に羽ばたいていこうね/このカーテンで包まれた病院の部屋から飛び出して/私たちは一緒に旅立つのよ)。「それはローナンの最後の最後に私がローナンにかけた言葉です。そしてローナンは息を引き取りました。」と涙ながら語ります。

(記事)”Mother co-writes song about son with Taylor Swift” on FOX

そのエモーショナルなパフォーマンスで全米の心を動かした同曲には、数多くの涙の声が寄せられているようです。

涙が止まらない…

テイラー、この後涙を流していたわ。

彼の小さな顔がスクリーンに映し出された時、泣き崩れてしまったよ。こんなにも素晴らしい曲をありがとう、テイラー。ローナンくん、安らかな眠りを。

涙がこぼれたわ。幼い子がその病気のためにこんなにも早くこの世を後にしなければならないなんて、とても悲しいことだわ。…、テイラー、ずっと涙をこらえながら歌っていて、でも涙を流して歌を中断させることはしなかったわ。ステージを降りるまでこらえていたわ。

永遠の命を、ローナンくん。彼は私の人生を変えたわ。この曲のメッセージを聞いて、世界中のみんなが命の大切さを知ってくれたら、きっと素晴らしいことだと思うわ。

母親マヤ・トンプソンの名前が共同作詞作曲者として刻まれた同曲は、チャリティ・シングル曲として即日米iTunesでリリースされ、現在も「We Are Never Ever Getting Back Together」を上回る米iTunes総合第1位を記録する大反響を呼ぶ楽曲に。

Stand Up To Cancer 2012米公式サイト

またCMなしで60分間全米各局で放送されたテレソン『Stand Up To Cancer 2012』では、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)の他、アリシア・キーズ(Alicia Keys)、コールドプレイ(Coldplay)、ティム・マックグロウ(Tim McGraw)も登場し、そのパフォーマンスを披露しました。

電話及びオンラインで集められた『Stand Up To Cancer 2012』の募金は、これまでに8100万ドル(約64.8億円)を集計。

(記事)”More Than $81 Million Pledged So Far In Connection With September 7 Fundraising Special, Stand Up To Cancer Announces” on PR Newswire

1日1600人、およそ1分間に1人のアメリカ人がガンによって命を落とし、今年は既にアメリカで55万人以上が亡くなっているという現状の中、同番組で紹介された幼いながらガンと闘う3歳のジャスティン・ミラー(Justin Miller)くんは「自分が死んでしまうなんて全然考えてないよ。でももし死んでしまったら、僕のレゴブロックを一緒に持っていくよ」と言葉にします。

誰にでも身近に起こりうるガンの脅威。神経芽細胞腫を完全に治癒する新しい治療法発見のため非営利団体「The Ronan Thompson Foundation」を立ち上げ力を入れる母親マヤ・トンプソン、彼女は今もローナンくんへそのブログで近況を語りながら「I miss you, Ronan. I miss you, I love you and I hope you are safe. xoxo」と天国のローナンくんへメッセージを送り続けます。

(記事)”On the scene: Braving the waterworks at the Stand Up to Cancer telethon” on EW


※(2012.9.11追記)米FOXのニュースで特集された内容を本文中にて追記しています。
(参考)”Stand Up To Cancer” on ABC
(参考)”Celebrities Help Raise $81 Million for ‘Stand Up to Cancer’ 2012 Telethon” on EnStarz
(参考)The Ronan Thompson Foundation

関連記事

新着記事

洋楽最新情報をフォロー