マシュメロ&ホールジー、爽やかな初夏の心躍る新曲「Be Kind」リリース


2560 1440 VOICE Editor

DJマシュメロ(Marshmello)ホールジー(Halsey)がタッグを組んだ新曲「Be Kind」ダウンロード版 / ストリーミング)が5月1日にリリースされた。爽やかで高揚感溢れるサウンドのEDM「Be Kind」に、ホールジーは「可愛くって、明るく前向き。心温まって、踊りたくなる、80年代風の、夏らしい曲だわ」(SNS)。「ちょうど今の時期、みんなに感じてもらいたいってマシュメロと思ったわ」。開放感あるサウンドにエモーショナルな歌声が元気をくれる「Be Kind」。心を閉ざし一人で苦悩する大切な人の傷を埋めようと、歩み寄っていく。

Produced by Gian Stone & Marshmello / Written By Amy Allen, Freddy Wexler, Gian Stone, Marshmello & Halsey

(バース1)「信じたい、信じたい/あなたは本当はワルい人じゃないって/でも傷だらけの自尊心があなたを狂わせてる/信じたい、信じたい/冷たい時も後悔してるって/正気でなくなる理由を教えて」、「不安で苦しんでるのはわかってる/そばにいるわ、これまでも/これからも、あなたのそばにいる、どんな夜も」(コーラス)「どうして避けるの/目を背向け/ぐちゃぐちゃにして嘘を付く理由がわからない/泣きついて/信じ切って打ち明けていいんだって、わかってくれたら/あなたはきっとやさしくなれる、あなたの愛する人に」

「Be Kind」に「Happier」のマシュメロは声明で「この曲を完成させて、すぐさま夢中になったよ」。「ホールジーと僕は同じ気持ちで、最終的にどんな歌にしたいか同じ意見だったんだ!最高の曲になったよ」。「Be Kind」はマシュメロとってはSouthside、SAINt JHNらとコラボした先月リリースの「Been Thru This Before」以来となる新曲。

ホールジーにとっては今年1月リリースのサード・アルバム『Manic』、ケルシー・バレリーニ(Kelsea Ballerini)とのコラボ曲「the other girl」(2020.3)以来となる。『Manic』は全米ビルボード総合アルバムチャート「Billboard 200」で初登場第2位(記事、※2020年2月1日付)。その収録曲「Without Me」は2019年アメリカのラジオで最も再生された曲となり、またリード・アーティスト曲としては自身初の「Hot 100」首位(※2019年1月12日付、1月26日付)となり、29週にわたって「Hot 100」トップ10に入り記録的ヒットとなった。

ニュージャージー州出身のホールジーは先月22日、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)で影響を受けるニュージャージー州の人々の支援を目的としたApple Music配信のチャリティー・コンサート『JERSEY 4 JERSEY Benefit Show』に出演。『Manic』より「Finally // Beautiful Stranger」をアコースティックで披露した。「Be Kind」はSpotifyApple Music他、各ストリーミング・サービスで配信されている。

この投稿をInstagramで見る

another day another play 💗💗💗💗

halsey(@iamhalsey)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

🌼🌼🌼

marshmello(@marshmellomusic)がシェアした投稿 –

関連記事

新着記事

人気の記事

洋楽最新情報をフォロー